Home / iPhone / iPhone用FMトランスミッターを使って車内で音楽を聴く方法

iPhone用FMトランスミッターを使って車内で音楽を聴く方法

Pocket

ドライブの際にお手持ちのiPhoneのお気に入りのプレイリストの音楽を、車のスピーカーから流して聴きたい。そんな時に、FMトランスミッターを使って、iPhoneとBluetooth接続をして聴くのが便利でお勧めです。

もちろん、Bluetoothが搭載されているiPadやiPodでも活用できます。以下で、FMトランスミッターを使って、車で音楽を流す方法をご紹介します。大好きな曲をかけながら、楽しいドライブ際の参考にして下さい。

minto:

車載用FMトランスミッターについて

mercedes-1229224_640

FMトランスミッターとはFM放送の周波数帯の電波を送信することができ、カーオディオなどでFM放送が受信出来る環境があれば、FMトランスミッターに接続された音源を、車のスピーカーから流すことのできるオーディオ用アクセサリーです。車載用の場合、FMトランスミッターの給電はアクセサリーソケット(シガーソケット)から行います。また、iPhoneの給電も行えるようにUSBソケットが搭載された製品が多いです。

FMトランスミッターとiPhone間の音源の接続は、ほとんどの最近の製品ではBluetoothによって行います。Bluetoothとは、2.4GHz帯の無線LANは周波数帯を共用するデジタル機器用の無線規格です。iPhone・iPadの全モデル、第二世代以降のiPod touch、第七世代以降のiPod nanoにBluetoothが搭載されています。

iPhoneで使えるFMトランスミッターのお勧めは?

現在、様々なFMトランスミッターが発売されていますが、iPhoneでの接続が可能な人気の機種をいくつかご紹介いたします。ご購入の際の参考にしてみて下さい。

J-Force JF-BTFM2K
特徴:アクセサリーソケットから給電するタイプのオーソドックスなFMトランスミッターです。USBソケットが1つ付いていますので、iPhoneの充電に便利です。

BESTEK BTBC06
特徴:アクセサリーソケットから給電するタイプでUSBソケットが2つ付いています。USBは5V、2.1Aまでの給電が可能ですので、iPadの充電も可能です。ハンズフリー通話にも対応している製品です。

カシムラ KD-179
特徴:アクセサリーソケットから給電するタイプでグラフィックイコライザーを表示するパネルタイプとなります。USBソケットは1つ搭載。microSDカードの音楽を直接再生する機能が付いています。こちらもハンズフリー通話対応です。

以下で紹介する製品はBluetooth接続しないタイプのものを参考にご紹介します。最近はLightningコネクタに直接接続できる製品が登場してきていますが、種類も少なく、将来的にiPhoneのコネクタが変更になると使えなくなりますので、注意が必要です。

Logitec LAT-FMIB03
特徴:アクセサリーソケット給電するタイプで、Appleの正規ライセンス取得済Lighteningケーブルを搭載しています。Lightningコネクタを持つiPhone、iPad、iPodにBluetooth接続無しで直接接続して使用することができます。

・TaoTronics TT-BA01
特徴:この製品は3.5mmステレオミニプラグ接続された音源をBluetooth接続するものです。また、アクセサリーソケット直結タイプではありません。Bluetooth接続に対応していない古いiPodをFMトランスミッターで聞くことができます。その場合、別途FMトランスミッターが必要です。

FMトランスミッターとiPhoneの接続方法

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

これで1日安心!iPhone用ワイヤレス充電器おすすめ6選

iPhoneのモバイルバッテリ …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です