iPhone用FMトランスミッターを使って車内で音楽を聴く方法

LINEで送る
Pocket

ドライブの際にお手持ちのiPhoneのお気に入りのプレイリストの音楽を、車のスピーカーから流して聴きたい。そんな時に、FMトランスミッターを使って、iPhoneとBluetooth接続をして聴くのが便利でお勧めです。もちろん、Bluetoothが搭載されているiPadやiPodでも活用できます。以下で、FMトランスミッターを使って、車で音楽を流す方法をご紹介します。大好きな曲をかけながら、楽しいドライブ際の参考にして下さい。

minto:

車載用FMトランスミッターについて

mercedes-1229224_640

FMトランスミッターとはFM放送の周波数帯の電波を送信することができ、カーオディオなどでFM放送が受信出来る環境があれば、FMトランスミッターに接続された音源を、車のスピーカーから流すことのできるオーディオ用アクセサリーです。車載用の場合、FMトランスミッターの給電はアクセサリーソケット(シガーソケット)から行います。また、iPhoneの給電も行えるようにUSBソケットが搭載された製品が多いです。

FMトランスミッターとiPhone間の音源の接続は、ほとんどの最近の製品ではBluetoothによって行います。Bluetoothとは、2.4GHz帯の無線LANは周波数帯を共用するデジタル機器用の無線規格です。iPhone・iPadの全モデル、第二世代以降のiPod touch、第七世代以降のiPod nanoにBluetoothが搭載されています。

iPhoneで使えるFMトランスミッターのお勧めは?

現在、様々なFMトランスミッターが発売されていますが、iPhoneでの接続が可能な人気の機種をいくつかご紹介いたします。ご購入の際の参考にしてみて下さい。

JF-BTFM2K_01

出典:J-Forceプレス関係の方へ
J-Force JF-BTFM2K
特徴:アクセサリーソケットから給電するタイプのオーソドックスなFMトランスミッターです。USBソケットが1つ付いていますので、iPhoneの充電に便利です。

BESTEK BTBC06
特徴:アクセサリーソケットから給電するタイプでUSBソケットが2つ付いています。USBは5V、2.1Aまでの給電が可能ですので、iPadの充電も可能です。ハンズフリー通話にも対応している製品です。

カシムラ KD-179
特徴:アクセサリーソケットから給電するタイプでグラフィックイコライザーを表示するパネルタイプとなります。USBソケットは1つ搭載。microSDカードの音楽を直接再生する機能が付いています。こちらもハンズフリー通話対応です。

以下で紹介する製品はBluetooth接続しないタイプのものを参考にご紹介します。最近はLightningコネクタに直接接続できる製品が登場してきていますが、種類も少なく、将来的にiPhoneのコネクタが変更になると使えなくなりますので、注意が必要です。

Logitec LAT-FMIB03
特徴:アクセサリーソケット給電するタイプで、Appleの正規ライセンス取得済Lighteningケーブルを搭載しています。Lightningコネクタを持つiPhone、iPad、iPodにBluetooth接続無しで直接接続して使用することができます。

・TaoTronics TT-BA01
特徴:この製品は3.5mmステレオミニプラグ接続された音源をBluetooth接続するものです。また、アクセサリーソケット直結タイプではありません。Bluetooth接続に対応していない古いiPodをFMトランスミッターで聞くことができます。その場合、別途FMトランスミッターが必要です。

FMトランスミッターとiPhoneの接続

apple-1125136_640

それでは、実際にFMトランスミッターでiPhoneの音楽を聴いてみましょう。最初にiPhoneとFMトランスミッター間でペアリングを行うことが必要ですが、一度ペアリングをしてしまえば、以後は不要です。以下は、一般的な接続例をご紹介しますが、お持ちのFMトランスミッターの説明書をよく参照されて操作をしてください。なお、FMトランスミッターの操作や、iPhoneの操作は車の運転中には決して行わないようにしてください。

FMトランスミッターとiPhoneをペアリングする

まず、お持ちのFMトランスミッターとiPhoneを初めて組み合わせて使う場合、最初に一度だけペアリングを行います。ペアリングの仕方は製品によって多少操作などが違いますが、おおよその手順は同じです。詳細は製品の説明書をご覧下さい。ここでは先ほどご紹介したJF-BTFM2Kを例に説明します。

まずはFMトランスミッターをアクセサリーソケットに差し込み、エンジンをかけてFMトランスミッターに通電して起動させます。FMトランスミッターを電源ボタンで起動させる製品の場合は電源ボタンを押して起動させます。

次に、iPhoneの設定→BluetoothメニューからBluetoothをオンにします。そして、FMトランスミッターのペアリングボタンを3秒間押し、自動接続待機モードにします(リンクLEDが青と赤に交互に点滅します)。そして、iPhoneのBluetoothのデバイス欄に「JF-BTFM2K」が表示されるのを待ち、表示されたらそこをタップします。「JF-BTFM2K」が「接続されました」と表示されたらペアリング完了です。

FMチューナーの周波数を合わせる

FMトランスミッターはFM放送の周波数帯の電波を使って音源を送信します。ちょうどFMラジオを聴くのと同じです。そこで、FMトランスミッターで送信する周波数を設定します。JF-BTFM2Kの場合、87.9/88.1/88.3/88.5/88.7/88.9MHzから選べます。ドライブする区間でFMラジオで使用されていない周波数を選びます。周波数切り替えボタンを押して、希望の周波数のLEDを点灯させて選びます。

FMトランスミッター側で周波数を設定したら、カーラジオの周波数を同じに合わせます。周波数を合わせたら、カーラジオに記憶させておくと便利なので、記憶させておきましょう。以上の操作が終われば、設定は完了です。

iPhoneで音楽を再生する

iPhoneとFMトランスミッターの接続が接続できれば、後はiPhoneでお気に入りの音楽を流すだけです。ちゃんと車のスピーカーから音が出るか確認してみて下さい。うまく音が出ない場合は、カーラジオの周波数が合っているかなど、確認してみて下さい。説明書にもトラブルシューティングが書いてあると思いますので、参考にして音が出ない原因を解消して下さい。

音楽を聴き終わったらBluetooth接続を切る

車での音楽鑑賞が終わったら、iPhoneのBluetoothをオフにしておくと良いでしょう。BluetoothをオンにしたままだとiPhoneの電池の減りも早くなります(影響がないという話もあるようですが)ので、こちらの点からもお勧めです。

操作はSiriを使って快適なドライブを

car-939908_640

iPhoneを音声で操作する機能「Siri」がiOS8移行搭載されました。ちなみに以前は電源ケーブルの接続が必要でしたが、iOS9以降のバージョンからは、電源ケーブルの接続なしで使用可能となっています。事前に、iPhone側でSiriを有効にしておけば、「Hey Siri」と呼びかけるだけで、Siriが起動します。運転中にスマホを操作するのは違反となりますので、是非便利なSiriを使ってみてはどうでしょうか?

中々「Hey Siri」と呼びかけるのは恥ずかしいかもしれませんが、一人で運転しているときだったら、気兼ねなくできると思います。SiriではBluetoothのオンオフができたり、音楽では、再生・停止・選曲など多彩な操作が可能です。Siriは車内でハンズフリーで使用するのにはとても相性がいいのではないでしょうか。

また。iPhoneは車内に固定できるホルダーを使うのがお勧めです。現在再生されている音楽が見えるように固定すると大変便利ですし、操作もし易いです。

この記事を参考に、FMトランスミッターとiPhoneで好きな曲をかけて、楽しいドライブをして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です