Home / Apple / iPhone / 生産効率up!iPhoneの「ファイル」アプリ3選と使い方のコツ

生産効率up!iPhoneの「ファイル」アプリ3選と使い方のコツ

Pocket

iPhoneの「ファイル」アプリは使っていますか?iOS11から登場したファイルアプリを使えば、作業効率や生産性を高めることも可能です。

ここでは、iPhoneファイルアプリの基本的な使い方やメリット、おすすめのファイルアプリについて紹介しています。

正直、あまり目立たないアプリではありますが、使い方によっては非常に便利で、ビジネスマンにおすすめです。ファイルアプリをまだ使ったことがない方は、ぜひ参考にご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneの「ファイル」アプリを使う2つのメリット

iPhoneのファイルアプリを使うことで、さまざまなサービス上にあるファイルを管理できるようになり、作業効率や生産性を高めることが可能です。ファイルアプリの主なメリットについて見ていきましょう。

①各種クラウドサービス上のファイルにアクセス可能

iPhoneのファイルアプリを使えば簡単に各種クラウドサービス上のファイルにアクセスができます。iCloudだけでなく、GoogleドライブやOneDrive、Dropbox、Amazon Driveなど、利用しているクラウドサービスに保存しているファイルを、ファイルアプリ上で管理可能です。

各種クラウドサービスへのサインインもファイルアプリからおこなうことができます。

※ファイルアプリで各種クラウドサービスを利用したい場合はデバイス上に専用アプリが必要です。

②どこでもファイルの編集や移動などができる

iPhoneのファイルアプリを使えば、どこでもファイルの編集や移動が可能です。パソコンのデスクトップファイルもiCloudDriveに保存していれば、外出先からファイルの確認や編集が容易にできます。

同様に、さまざまなクラウドサービスに保存したファイルをiPhone上で管理できるため、通勤中や休憩中、待ち時間を使ってファイルを扱えるため、仕事を止めなくてすみますし、大事なファイルの確認漏れも防げます。

iPhoneの「ファイル」アプリの便利な使い方

ここでは、ファイルアプリの主な使い方について見ていきましょう。さまざまな使い方ができるため、フル活すれば作業効率の向上が期待できます。

ファイルの編集

ファイルアプリ内のファイルを編集することも可能です。iCloudDrive、Googleドライブ、Dropboxなど、編集したいファイルが保存されているクラウドサービスのアプリがiPhone上にあれば、ファイルアプリから編集できます。通常どおりファイルを開けば編集が可能です。

ファイルの並べ替え

iPhoneのファイルアプリでは、よく利用するファイルを素早く探せるようにファイルの移動・並べ替えができます。ファイルの並べ替え方法は下記のとおりです。

  1. ファイルの並べ替えをしたいクラウドサービスを開きます
  2. 画面上部に「表示順序」がありますのでタップします
  3. 「名前」「日時」「サイズ」「タグ」の表示順序が出現するため希望の順序を選択します

これにより、ファイルの並べ替えが完了します。

ファイルの移動

ファイルアプリ内で各ファイルを移動させることもできます。移動させたいファイルを長押しすれば、あとはドラッグ&ドロップで移動可能です。また、「選択」をタップして移動させたいファイルを選び、「移動」をタップすれば既存フォルダの指定ができ、移動できます。

フォルダの新規作成

フォルダアプリを使用すれば、DropboxやGoogleドライブ、iCloudDriveなどでフォルダを新規作成することも可能です。フォルダの新規作成をしたいクラウドサービスを開き、画面左上にあるフォルダ作成のアイコンをタップします。

フォルダが表示されフォルダ名を入力して「完了」をタップすれば、新規作成が完了です。

タグで整理する

ファイルアプリ内のファイルをタグで整理することもできます。「重要」「仕事」「ホーム」など、タグを付けておけば、あちこちにあるファイルを同じタグでまとめることができ、作業効率を高めることが可能です。

タグを付けたい場合は、希望のファイルを長押ししてメニューを表示し、「タグ」を選択するだけです。あとは希望のタグを選べば、タグで整理ができます。

ファイルを共有

ファイルアプリでは、管理しているファイルを他のユーザーと共有することも可能です。共有方法は下記のとおりです。

  1. 共有したいファイルを長押しします
  2. 表示されるメニューから「共有」を選択します
  3. 共有メニューが表示されるため希望の方法を選択します

これによりファイルの共有が可能です。また、共同編集や閲覧者としてユーザーを招待することもできます。方法は、「共有」を選択して表示されるメニューから「人を追加」を選び、共同編集や閲覧者にしたいユーザーを選択するだけです。これで相手を招待し、相手が承認すれば完了です。

次ページ:おすすめファイルアプリ3選

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

キャリア別に教えます!SMSを拒否する設定方法と注意点2つ

迷惑なSMSや苦手な人からのS …

Facebookでのご購読が便利です