Home / iPhone / iPhoneのバージョンをダウングレードする方法

iPhoneのバージョンをダウングレードする方法

Pocket

6bac08fa789714b72d45463a42ef68b0_s

今回、iPhoneのバージョンをダウングレードする方法について紹介していきます。基本的には、最新バージョンがあれば、バージョンアップしていくのが一般的です。

しかし、古いiPhoneなどを使っている場合や、新しいバージョンに問題がある場合などもあり、ダウングレードすることも選択肢に入る場合があります。そんな時のダウングレード方法を紹介していますので、興味がある方は、ご覧ください。

しかし、基本的にはどんどんバージョンアップをしていく流れですので、1つの方法として把握しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

なぜバージョンアップをするのか

iPhoneは定期的にiOSのバージョンアップをしなければなりません。これはiPhoneに関わらず、パソコンやiPhone、Androidなどのアプリなども同様です。

より使いやすいシステムにするため、セキュリティに対する強化をおこなうため、などの目的で定期的にバージョンがアップされますので、必ず最新バージョンが出たら、すぐにバージョンアップをしていくことが大切です。

iPhoneをバージョンアップする際は、設定アイコンを開き、一般を選択します。そして、ソフトウェアアップデートを選択すると、最新バージョンのアップデートがある場合は、アップデートの画面に進みます。

バージョンをダウングレードする方法(iOS9.3.2→iOS9.3.1へ)

まず、iPhoneのバージョンをダウングレードする前に、必ずiPhoneのデータのバックアップを取るようにしましょう。ダウングレードを試みた際にiPhone内のデータが消去される可能性もありますので、必ずバックアップは取るようにしてください。バックアップを取ったらiPhoneのバージョンのダウングレードを始めていきます。

まず普段使っているパソコンを起動させ、パソコン内にiOS9.3.1IPSWファームウェアをダウンロードをします。iOS9.3.1IPSWをダウンロードした後は、iPhone側の設定を変更していきます。iPhoneの「iPhoneを探す」設定をオフに変更しておきます。iPhoneを探すをオフ設定にする方法は、iPhoneの設定アイコンを開きます。次に、iCloudを選択します。すると、一覧表示の中に、「iPhoneを探す」という項目がありますので、選択します。

iPhoneを探すをOFFにする

すると、次の画面でiPhoneを探す設定のON・OFFを切り替えることができますので、ONになっている場合は、OFF設定に変更します。

iPhoneを探すをOFF設定に変更したら、iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続し、パソコンでiTunesを起動します。

iTunesからダウングレードの手続きを行う

iTunesを起動したら、iTunes画面の左上にあるiPhoneアイコンをクリックし設定を選択します。すると、iPhoneの情報が表示されますので、iPhoneのイラストの下にある概要をクリックします。そして、画面に表示される項目「iPhoneを復元」をMacパソコンであれば「Alt/Optionキー」、Windowsパソコンの場合は「Shiftキー」をそれぞれ押しながらクリックをします。

すると、パソコン画園にファームウェアを選択する画面が表れます。ここで、ダウンロードしていたファームウェアファイルを選択をし、開くをクリックします。画面に「iPhoneの内容は消去され、iOS9.3.1ソフトウェアで復元されます。復元はAppleにより検証されます。」と表示されますので、「復元」を選択します。

問題なければ、iOS9.3.1へのダウングレードが始まります。無事にiPhoneのバージョンのダウングレードが完了すると、iPhoneは再起動されます。

ダウングレードのバージョンへ復元する

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPadも電話できる!アプリを入れない方法からおすすめアプリまで

「iPhoneは電話できるけど …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です