iPhoneのバージョンをダウングレードする方法

LINEで送る
Pocket

6bac08fa789714b72d45463a42ef68b0_s

今回、iPhoneのバージョンをダウングレードする方法について紹介していきます。基本的には、最新バージョンがあれば、バージョンアップしていくのが一般的です。

しかし、古いiPhoneなどを使っている場合や、新しいバージョンに問題がある場合などもあり、ダウングレードすることも選択肢に入る場合があります。そんな時のダウングレード方法を紹介していますので、興味がある方は、ご覧ください。

しかし、基本的にはどんどんバージョンアップをしていく流れですので、1つの方法として把握しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

なぜバージョンアップをするのか

iPhoneは定期的にiOSのバージョンアップをしなければなりません。これはiPhoneに関わらず、パソコンやiPhone、Androidなどのアプリなども同様です。

より使いやすいシステムにするため、セキュリティに対する強化をおこなうため、などの目的で定期的にバージョンがアップされますので、必ず最新バージョンが出たら、すぐにバージョンアップをしていくことが大切です。

iPhoneをバージョンアップする際は、設定アイコンを開き、一般を選択します。そして、ソフトウェアアップデートを選択すると、最新バージョンのアップデートがある場合は、アップデートの画面に進みます。

バージョンをダウングレードする方法(iOS9.3.2→iOS9.3.1へ)

まず、iPhoneのバージョンをダウングレードする前に、必ずiPhoneのデータのバックアップを取るようにしましょう。ダウングレードを試みた際にiPhone内のデータが消去される可能性もありますので、必ずバックアップは取るようにしてください。バックアップを取ったらiPhoneのバージョンのダウングレードを始めていきます。

まず普段使っているパソコンを起動させ、パソコン内にiOS9.3.1IPSWファームウェアをダウンロードをします。iOS9.3.1IPSWをダウンロードした後は、iPhone側の設定を変更していきます。iPhoneの「iPhoneを探す」設定をオフに変更しておきます。iPhoneを探すをオフ設定にする方法は、iPhoneの設定アイコンを開きます。次に、iCloudを選択します。すると、一覧表示の中に、「iPhoneを探す」という項目がありますので、選択します。

iPhoneを探すをOFFにする

すると、次の画面でiPhoneを探す設定のON・OFFを切り替えることができますので、ONになっている場合は、OFF設定に変更します。

iPhoneを探すをOFF設定に変更したら、iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続し、パソコンでiTunesを起動します。

iTunesからダウングレードの手続きを行う

iTunesを起動したら、iTunes画面の左上にあるiPhoneアイコンをクリックし設定を選択します。すると、iPhoneの情報が表示されますので、iPhoneのイラストの下にある概要をクリックします。そして、画面に表示される項目「iPhoneを復元」をMacパソコンであれば「Alt/Optionキー」、Windowsパソコンの場合は「Shiftキー」をそれぞれ押しながらクリックをします。

すると、パソコン画園にファームウェアを選択する画面が表れます。ここで、ダウンロードしていたファームウェアファイルを選択をし、開くをクリックします。画面に「iPhoneの内容は消去され、iOS9.3.1ソフトウェアで復元されます。復元はAppleにより検証されます。」と表示されますので、「復元」を選択します。

問題なければ、iOS9.3.1へのダウングレードが始まります。無事にiPhoneのバージョンのダウングレードが完了すると、iPhoneは再起動されます。

ダウングレードのバージョンへ復元する

また、iTunesにiPhoneが表示され、「新しいiPhoneへようこそ」の画面が表示されます。この画面で「このバックアップから復元」を選択し、「続ける」をクリックします。

これで、完全にiPhoneのダウングレードが完了となります。iTunesからiPhoneの概要を開いて確認してみるとiOS9.3.1と表示されています。また、バージョンはiPhoneでも確認することができます。設定アイコンを開き、一般を選択します。

そして、ソフトウェアアップデート、もしくは情報を選択すれば、iPhoneのiOS9.3.1にダウングレードした情報を確認することができます。

ダウングレードの前には必ずiPhoneのバックアップを取る

iPhoneをダウングレードする場合や初期化する場合など、iPhone内のデータが削除される可能性もありますので、必ず事前にバックアップを取る必要があります。iPhoneのデータのバックアップを取る方法は2つあります。

1つ目は、iPhone端末のみでバックアップを取る方法です。iPhone端末のみでのバックアップの取り方は、まず、Wi-Fiネットワークに接続します。Wi-Fiネットワークに接続する際は、Wi-Fiルーターなど安心できるネットワークに接続したうえでバックアップを取るようにしましょう。外部のセキュリティの弱いフリーWi-Fiネットワークだと、ウイルスなどに感染する恐れもありますので注意が必要です。Wi-Fiネットワークに接続したあとは、iCloudの設定へ移ります。設定アイコンを開き、iCloudを選択します。

次に、「バックアップ」を選択します。次の画面でiCloudバックアップをON設定にします。ON設定にすることで、iPhoneが充電されているときに、Wi-Fiネットワークに接続されていれば、自動でバックアップを取ることができます。すぐにバックアップを取りたい場合は、「iCloudバックアップ」の下にある「今スグバックアップを作成」を選択します。すると、すぐにiPhoneのバックアップを取ることができます。

尚、バックアップを取る際は、Wi-Fiネットワーク接続時でないとできませんので、Wi-Fiネットワーク環境下でおこなう必要があります。

iTunesからバックアップ

また、iPhone端末のみでおこなうバックアップだけでなく、iTunesを利用したバックアップ方法もあります。まず、パソコンでiTunesを起動します。Macのパソコンの場合は、画面の左上にある「iTunes」をクリックします。次に環境設定を選択し、デバイスをクリックします。

iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックを入れてOKを選択します。そして、パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続します。接続後、iTunes画面でiPhoneを選択し、「今すぐバックアップ」という項目を選択すると、iPhoneのバックアップが始まります。バックアップが完了すると、バックアップ時間が表示されますので、時間が表示されたことを確認して完了です。

まとめ

今回、iPhoneのバージョンをダウングレードする方法について紹介いたしました。基本的には、OSはバージョンアップしていくのが流れですが、ダウングレードという選択肢もあることを把握しておくと良いでしょう。興味がある方は、ぜひ、1度試してみてください!

また、必ずダウングレードをする場合はiPhoneのバックアップを取ったうえでおこなうことだけは気を付けましょう。また、バックアップ機能はONにしておき、定期的に自動でバックアップを取っておくと、とっさのときもあせらなくてすみます。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です