iPhoneとiTunesを同期する方法と同期できない場合の対処方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneの音楽やムービー等のデータ管理で、iTunesを使用されている方は多いと思います。iTuneの操作にすっかり慣れているつもりでも、iPhone内のデータが知らぬ間に変わっていたり、iTunesから思うように転送されなかったり、あるのではないでしょうか。

ここでは、iPhoneとiTunesを同期する方法と、同期できない時の対処方法について説明いたします。取扱説明書もなく、比較的直感で使いやすいiTunesですが、同期に関する設定は意外と細かく、わかりにくいところもあります。上手に設定しておくと、思わぬトラブルを防ぐことができます。

スポンサーリンク

iPhoneとiTunesの同期について

iTunesとiPhoneの同期設定は、大きく分けて次の3項目があります。

  • 1.自動同期させるか、させないか
  • 2.同期の通信経路(Lightningケーブルか、Wi-Fi併用か)
  • 3.データ種類別の設定

1.は、iTunesとiPhoneが同期できる条件を満たした時、自動で同期するのか、手動操作で同期させるのかを決めます。
2.は、USB接続だけでなく、同期にWi-Fiも使うかどうかを設定します。
3.は、ミュージック、ムービー、ブック等、データ種別毎の同期設定をします。
では、1.から順番に見ていきます。

1.自動同期・手動同期の設定

自動で同期させるか、手動にするかをiPhone毎に設定できます。
1.iTuensの「編集」メニューから、「設定」を選択します。
2.「デバイス環境設定」ウインドウが開きますので、上部の「デバイス」アイコンをクリックします。
3.目的のiPhoneをクリックします。
4.「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない(P)」のチェックの有無で自動・手動が設定できます。

douki02
  • チェックを入れる:手動同期
  • チェックを外す:自動同期

ここは最も上位の設定といってよく、全ての同期動作はここが基準となります。
手動同期にしておくと、画面再下段の「同期(適用)」ボタンを押さない限り同期しません。

2.同期の経路(USBのみか、Wi-Fi併用か)

同期手段として、Wi-Fiを併用するかどうかを設定できます。

  • A.USB接続のみ同期
  • B.USB接続時またはWi-Fi接続時に同期

A.は、Lightningケーブルでの接続時のみ同期します。意図的にケーブル接続しなければなりませんが、今は同期させたなくないという時は繋がなければいいだけなので便利です。
【設定方法】
特に何もする必要はありません。上記の自動/手動設定に従います。

B.は、iTunesとiPhoneが、Wi-Fiに接続された時に同期します。パソコン側は有線LANでも構いませんが、iTunesとiPhoneが同じネットワーク上にいなければなりません。同じWi-Fi圏内に入ればケーブル不要なので手間はかかりません。
【設定方法】
iPhoneを接続した状態で、iTunesの上部にあるiPhoneのアイコンをクリックし、サイドメニューから「概要」を選択します。
一番下の「オプション」枠内の、「Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期」にチェックを入れます。

wifi1

A.は
B.は
状況に応じて使い分けるのがよいかと思います。

3.データ種類別の設定

こちらは、同期の下位設定となります。ここでは、「ミュージック」を例に説明します。
iPhoneを接続した状態で、iTunesの上部にあるiPhoneのアイコンをクリックし、サイドメニューから「ミュージック」を選択します。
一番上に、「音楽を同期」という項目がありますので、同期させる場合はここにチェックを入れます。

最下段の「同期(適用)」ボタンを押せばすぐに同期を始めます。

また、ムービーを選ぶと「ムービーを同期」、ブックを選べば「ブックを同期」…といった具合に、データ種別ごとに同期するかどうかを設定できます。

ミュージックは同期の詳細設定をしておきましょう

「音楽を同期」欄にある「選択したプレイリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンル」を選択しておくと、下部にある項目にチェックを付け、最下段の「適用」を押すことで、選択した音楽だけiPhoneへ転送できます。

music2

同期前にiPhone内にあり、かつ、iTunes内にあるデータでも、ここで選択していないものはiPhone内から削除されてしまいますので注意してください。

「ミュージックライブラリ全体」で同期すると、iTunes内の不要な曲も全てiPhoneへ転送してしまい、iPhoneのストレージを圧迫することにもなりますので気をつけましょう。

同期で注意すること

同期の「方向」

同期に方向というのも変な言い方ですが、大事ですので説明いたします。
大原則として、iTunes⇔iPhoneの同期作業はiTunes側のデータが基準となります。
言い換えると、「iPhone側のデータを、iTunesのものに書き換える」ことに他なりません。

ここを理解しておくとその時の状況に応じて、同期すべきかどうか判断しやすいと思います。
なお、逆(iPhoneからiTunesへの同期)はできません。(サードパーティ製のアプリを使えばできますが、音楽などの違法配布に繋がりますのでここでは取り上げません)

できれば手動同期が無難

USBやWi-Fiに繋ぐだけで自動的に同期させたいのであれば、上記1.で自動同期に設定し、3.で「○○○を同期する」にチェックを入れておけば適用されます。
ただし、こうしておくとiPhone側のデータは問答無用でiTunesのものに書き換えられてしまい、iPhone内に意図しないデータが入ってきたり、必要なものが消えてしまったりします。
手動同期にしておき、必要に応じてiTunes側で「同期(適用)」ボタンを押す方が良いかと思います。

普段iPhoneを繋がないパソコンへの接続時は注意する

iTunesは同一AppleIDで、5台までのインストールが認められています。
iPhoneを接続していないパソコンに接続した時、下記メッセージがでてくることがあります。
(Warning01.png)
うっかり「同期して削除」を選んで同期させてしまうと、iPhoneに現在入っているデータが削除され、このパソコンに入っているデータと置き換えられてしまいます。

「連絡先」「写真」も注意

例えば下記のような場合は気を着けましょう。
同期させる前に必ず、iTunesでiPhoneのバックアップを取るようにします。

  • iPhone側で連絡先を追加した後、初めてiTunesに繋ぐとき
  • iPhoneで写真を撮った後、初めてiTunesに繋ぐとき

上記データはまだiTunes上にはない状態ですから、バックアップを取らずに同期してしまうと、iPhone内の上記データは消えてなくなってしまいます。

同期できない場合の対処方法

同期できない場合の対処方法について説明します。
原因を探ることが重要ですが、下記順序がよいかと思います。

1.同期設定は正しく(自分の意図通り)できているか
2.iTunesとiPhoneが物理的に繋がっているか
3.iTunesのバージョン、iPhoneのiOSバージョンは適切か

1.は、自動同期のつもりがそうならないという場合にまず確認します。手動同期設定になっているかもしれません。
2.は、iTunes上でiPhoneが見えていない(上部にiPhoneのアイコンがない)時にに疑います。ケーブルの断線、コネクタの緩み等が考えられます。
3.は、上記1.2.を確認してどちらも間違いない場合の手段です。iTunesやiOSのアップデートという対処になりますが、特にiOSのアップデートは失敗することもあるので、バックアップを取るなどして慎重に行ってください。

まとめ

iPhoneとiTuensを同期する方法と、同期できない場合の対処方法についてご紹介しました。
同期設定には上位と下位あることを押さえておきましょう。ややこしいので、表にします。

「デバイス環境設定」の
「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」
のチェック
各データ種別毎の
「〇〇〇を同期」
のチェック
同期
なし あり 接続と同時に同期
あり あり 「同期」ボタンを押すと同期
なし なし 同期できない
あり なし 同期できない

一番上が自動同期、二番目が手動同期となります。「○○○を同期」は、チェックを入れない限り自動/手動とも同期できません。自動同期は便利とは言え問答無用で同期しますので、iPhone側のデータが意図しない方向に書き換えられたり、データそのものが消されてしまうこともあります。

できるだけ手動設定にしておくことをお勧めします。どうしても自動で同期したい場合は、データ種別やアイテムを厳選しておきましょう。同期しない場合は、上表の設定が自分の思惑と一致していないことがほとんどですので、まずは設定 をチェックしましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です