iPhoneで再生できる動画の動画形式とファイル形式の変更方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneはさまざまな形式の動画に対応していて、再生に困ることはほとんどありません。YouTubeなどの動画サイトの動画は、Clipboxなどのアプリを使ってiPhone内にダウンロードして視聴することができますが、中には特殊な形式のファイルがあり、そのままでは見れないこともあります。ニコニコ動画はその代表例です。

ここでは、iPhoneで再生できる動画の形式と、見れない場合のファイル形式変換方法についてご紹介します。形式の変換とはいっても、iPhoneではWindowsのような拡張子が表示されませんので、ニコニコ動画のファイルをiPhone写真アプリ内の「カメラロール」に保存し、そこから再生できるようにすることを目的とします。

スポンサーリンク

iPhoneで再生できる動画形式

動画には様々な形式があり、拡張子(Wordファイルの.docやdocx、Excelの.xlsや.xlsxといった、関連アプリを決めるもの)で種類を判別できます。
iPhone上ではファイルの拡張子が表示されないため、あまり馴染みがないかもしれませんが、実は動画毎に決まった形式で保存されています。主なものをご紹介します。

.mp4および.m4v

両者は厳密には異なりますがとてもよく似ていて、同じと考えてもほとんど問題となりません。
mp4形式の動画には、おもに下記のものがあります。

  • iPhone
  • Android
  • YouTube(mp4以外もあり)
  • WALKMAN
  • PlayStation3やWii、NintendoDSiといった一部のゲーム機
  • Windows Media Player 12以降

他でも多数採用されていて適用範囲はかなり広く、実質的なスタンダードといってよい形式です。
m4vはmp4を元にAppleが独自に作った拡張子です。コーデックと呼ばれる、再生方式が異なるのみで、実質はmp4と同じです。Appleが他に策定しているものとしてはmp4a、mp4s、m4rなどがあります。それぞれ用途に応じて使い分けられているようですが、ユーザーが意識することはほとんどないと言えます。

.3gp

3gpは3GPPとよばれる方式で記録されたファイル形式です。もともと、携帯電話用に開発されたものであり、ガラケーによく使われています。
内容的にはmp4とよく似ており、一定の条件を満たしていれば、mp4が再生できる機器での再生が可能となっています。つまり、iPhoneでの再生化は可能です。
なお、パソコン上ではApple社の”Quick Time”を使えば再生できます。

.mov

movとは、Apple社の動画アプリである”Quick Time”で使われているファイル形式です。Apple社のものだけあって、iPhoneでも再生可能です。

iPhoneで再生できるのは

上述の通りで、iPhoneは主な動画形式をサポートしているため、一部の例外を除けばたいていの動画を再生することができます。

ファイル形式の変更方法

ニコニコ動画のファイルをカメラロールに保存するにはひと手間必要

「ニコニコ動画」のファイル形式は.FLVと呼ばれるもので、ニコニコ動画のサイトやアプリからは再生できますが、ダウンロードしても即再生とはいきません。
YouTube動画をダウンロード・再生できる”Clipbox”というアプリでダウンロードした結果ですが、ご覧の通りです。
実を言うと、出てきたメニューから「動画プレイヤー」を選択すればClipbox上で再生可能なのですが、毎回タップするのも面倒です。

nikoniko1

また、YouTube動画であればカメラロール(iPhoneの写真アプリ内)にコピーできるのですが、ニコニコ動画のファイルはご覧の通りで、「カメラロール」が選べません。
つまり、このままのファイル形式ではiPhoneそのものでは認識できないということです。

nikoniko2

アプリ「データクリップ」を使えば可能

「データクリップ」というアプリを使用すると、ニコニコ動画からダウンロードした動画をiPhoneのカメラロールに保存可能できます。

icon
appstore

広告が多くて若干煩わしいですが便利なアプリです(料金を払って広告を非表示にすることも可能です)。
では、このアプリを使ってニコニコ動画の動画をカメラロールに保存してみましょう。
予め、AppStoreからインストールしておいてください。

「データクリップ」でニコニコ動画をダウンロードする

まずは、データクリップを使ってニコニコ動画のファイルをダウンロードしましょう。
1.データクリップを起動します。アイコン上のアプリ名は「クリップ」となっていますので注意してください。

00home

 

2.起動直後から広告だらけで一瞬面喰いますが、左上の”三”(メニュー)をタップするとメニューが現れますので「Webブラウザ」をタップします。
すると、一瞬検索バーが現れますがすぐにスクロールしてしまいますので、画面を下へスライドさせて検索バーを表示させます。

dc01

 

3.(画面左)現れたバーの右端、「検索」と書かれたところをタップします。左側はアドレスバーです。
URLを直打ちするならこちらを使いますが、頻度は低いと思います。
(画面中央)検索バーが左に移動し、「キャンセル」ボタンが現れました。
(画面右)左側の検索バーに「ニコニコ動画」と入力し、キーボード内の「検索」をタップします。

dc02

 

4.(画面左)Googleの検索結果が出てきますので、ニコニコ動画へ移動します。
(画面中央)ニコニコ動画へ移動後は、まずログインしておきしょう。右上のメニューをタップし、ログインを選択します。
(画面右)ログインします。登録が未だの方は先に登録しておいてください(ニコニコ動画はアカウント必須です)。

dc03

 

5.(画面左)ニコニコ動画サイト内で目的の動画を検索します。今回はなんとなくバッハの楽曲をダウンロードすることにしました。特に意味はありません…
(画面中央)「このページで再生」をタップします。
(画面右)データクリップがメニューを表示してきますので「保存」をタップします。

dc04

 

6.これで保存が始まりましたが、実際の進行を確認してみましょう。これはしてもしなくてもいいです。
(画面左)プレイヤーが画面いっぱいになっていると思いますので「完了」をタップします。
(画面中央)データクリップのメニューを触れるようになるのでメニューをタップします。
(画面右)出てきたメニューから「処理中のファイル」をタップするとダウンロード状況が確認できます。

dc05

 

7.(画面左)「処理中のファイル」画面が開きます。インジケータなどで進捗状況が確認できます。
(画面中央)無料会員だと、ニコニコ動画のダウンロードは非常に時間がかかります。途中、広告がやたら出てきますが気にしません…
(画面右)ダウンロードが完了したら、メニューから「マイフォルダ」をタップすると先ほどの動画が確認できます。これでiPhone内へダウンロードできました。

dc06

単にローカルで再生したいだけであれば、この状態でもデータクリップ上から再生可能です。
とはいえ、毎回アプリを立ち上げるのも面倒なので、カメラロールへ移動してみましょう。

動画をカメラロールへ保存する

データクリップでは、ニコニコ動画ファイルをカメラロールへコピーできます。
1.データクリップを起動し、メニュー(“三”のアイコン)から「マイフォルダ」をタップしてダウンロード済動画一覧を表示させます。
(起動直後、いきなり「マイフォルダ」が表示されることもあります)

2.右上の鉛筆のアイコンをタップすると、各動画の左に〇が現れます。コピーしたい動画にチェックを入れ、「移動する」をタップします。

use01

 

3.すると、「フォルダを選択」画面が立ち上がります。上のメニューから「カメラロール」をタップ→「OK」をタップすればすれば保存完了です。

use02

 

先ほどの動画がカメラロールに保存されていますね(余計なのが一つありますが…)
これで、iPhoneの写真アプリからニコニコ動画のファイルが見えるようになりました。
ニコ動ならではの字幕はなくなってしまいますが、まあ、そこはいいですよね…

use04

まとめ

iPhoneで再生できる動画の形式と、対応していない動画の処理方法についてご紹介しました。
ここでご紹介した「データクリップ」というアプリは、広告が頻繁に現れたり、勝手にスクロールしたりして、Clipboxに比べると使い勝手は悪いものの、多数のファイル形式に対応しています。ユーザーは動画の形式を意識することなく、iPhone内で再生できる動画への変換およびカメラロールへの保存ができます。
ぜひ使用してみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です