Home / Apple / iPhone / iPhoneでできる動画編集方法とおすすめアプリ

iPhoneでできる動画編集方法とおすすめアプリ

Pocket

63798739c856fdd419339cbbee6a1eb0_s

iPhoneの動画編集はどのようにしていますか。InstagramやFacebookなどのSNSへアップしたり、LINEで友人に送ったりと、画像だけでなく動画を活用する機会は格段に増えました。

撮影したままシェアや送信をしてもいいですが、編集をすることでよりクオリティの高い動画ができあがります。ここではiPhoneの写真アプリでできる動画編集やiMovieによる動画編集やおすすめアプリなどについて紹介します。

「動画編集って難しそう」と考えている方も、自動で編集してくれるアプリもあるため参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.「写真」アプリから動画編集できること

f0dbb866bc0b2dae29dd51196c35b878_s

特別な動画編集アプリを使わなくても、iPhoneの「写真」アプリでも簡単に動画編集ができます。特に、メモリー機能は自動で編集してくれてBGMも付くため非常に便利です。パソコンやTV(AppleTVなど使い)にミラーリングすれば、家族や友人と楽しい思い出を振り返れます。

1.動画のトリミング

写真アプリで簡単にトリミングすることも可能です。不要な部分を削除し、必要な部分のみを残して保存できるため便利です。

  1. ①写真アプリを開いてトリミングしたい動画を選択します
  2. ②画面右上の「編集」をタップします
  3. ③画面下部に表示されるフレームビューアの片側を長押しします
  4. ④フレームの色が変わるため、そのまま開始・終了箇所を指定します
  5. ⑤範囲指定が終われば「完了」をタップして既存の動画にトリミングを反映したい場合は「オリジナルをトリミング」、既存の動画とは別にトリミングした動画を保存したい場合は「新規クリップとして保存」を選択します

2.メモリーで動画作成

iOS10より写真アプリに「メモリー」機能が搭載されました。メモリー機能とは、iPhoneで撮影した複数の写真や動画を自動で集め1本のムービーを作成してくれる機能です。特に自身で編集する必要もなく、BGM付きのスライドショーが完成されます。

不要な写真などがあれば簡単に入れ替えもできるため、思い出を振り返る際やみんなで鑑賞する際に便利な機能です。メモリーの写真や動画を編集するには次の方法で行います。

  1. ①メモリーのムービーを表示します
  2. ②編集したいムービーを再生します
  3. ③ムービーの再生が終わると編集画面が表示されます
  4. ④ムービーのテーマが「ハッピー」「アップリフティング」「エピック」「クラブ」「エクストリーム」「チル」「センチメンタル」「ジェントル」などありますので該当するテーマを選びます。選択したテーマによってタイトルのフォントとBGMが変化します
  5. ⑤写真・動画を変更するために画面右下の編集アイコンを選択します
  6. ⑥次の画面で「タイトル」や「写真とビデオ」からタイトル編集やムービーに反映する写真とビデオの編集が可能です

2.iMovieを使った動画編集

0e79d2f735c75500b69e7c29d8ec5f70_s

Macを使っている人はiMovieに馴染みのある人も少なくありません。iPhoneでもiMovieアプリを使って、簡単に動画編集することが可能です。iPhoneとの親和性も高く、使い勝手の良いアプリです。

1.新規プロジェクト作成

iMovieのアプリを起動し「+」マークをタップします。「ムービー」と「予告編」と選べるため「ムービー」を選択しましょう。画像一覧が表示されますので画面下部の「ムービーを作成」を選択すれば新規プロジェクトが完成します。

2.動画のトリミング

iMovieであれば動画のトリミングも簡単です。カットしたい部分を白い線に合わせて、動画ロールをタップすれば画面下部にメニューが表示されます。「分割」を選択すれば白い線に合わせてカットできます。

また、白い線に合わせた後に画面上から下に動画をカットするようにスワイプしても、分割されます。動画の冒頭や末尾だけでなく、途中部分も自由に好きな部分でカットできるため、思い通りの動画に仕上がります。

3.複数の動画をつないで編集

複数の動画をつなぎ合わせて1つの動画に編集することも可能です。

  1. ①新規プロジェクトを立ち上げフレーム選択まで行います
  2. ②画面左にある音符マークを選択して動画取り込みをします
  3. ③1番下にあるビデオを選択して、iPhoneにあるすべての動画から選択したい場合は「すべて」を選びます
  4. ④iPhone内の動画が表示されるため取り込みたい動画を選びます
  5. ⑤音符マーク、動画選択を繰り返すことで、選択した動画がつながっていきます

これにより複数の動画をつないで編集することができます。また、動画の順番はドラッグ&ドロップで好きなように入れ替えることもできます。

4.テロップの挿入

iMovieは簡単にテロップ・テキストの挿入もできます。

  1. テロップ・テキストを表示したい長さに動画のクリップを分割
  2. 画面右下の「T」を選択し。種類を選びます
  3. 動画内に表示される「タイトルを入力」という箇所をタップしてテキスト入力します

これにより、動画にテロップ・テキストを挿入することができます。

5.BGMの編集

お気に入りの音楽を作成した動画のBGMにしましょう。

  1. ①編集画面で「+」マークをタップして「オーディオ」を選択します
  2. ②次の画面で「テーマ曲」や「プレイリスト」など表示されるため希望のものを選択します
  3. ③BGMは緑色のバーで表示されるためフェードや速度の調整・設定を行います
  4. ④編集が終わったら保存し完了です

3.おすすめ動画編集アプリ

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s

iPhoneで動画編集できるアプリは写真アプリやiMovieだけではありません。他にも多くの動画編集アプリがあります。ここでは、数ある動画編集アプリの中から、おすすめアプリを紹介します。

①Adobe PremiereClip

Adobe PremiereClipはAdobeが提供する動画編集アプリであり、無料で使えます。自動編集機能が搭載されており、ビデオクリップを読み込むだけでムービーが完成します。

使い勝手もシンプルで初心者の方でも操作しやすく、完成したらすぐにSNSへシェアできます。他のAdobeアプリとも連携でき、本格的な動画編集が可能です。

②Magisto

Magistoはシンプルながら本格的な動画編集ができるアプリで、全世界に多くのユーザーがいます。撮影した動画とテーマ・BGMを選択するだけで、後はMagistoアプリが自動で編集加工をして、プロのような作品ができあがります。

「自分での編集には自信がない。。」という方でも安心して使えるアプリです。

⓷Quik

QuikはGoProが提供している動画編集アプリです。撮影画像や動画を使って自動でムービーを作成してくれます。

80種類以上のBGMも用意されており、iCloudDriveやDropbox、GoogleDriveなどからも音楽をインポートでき、完成した動画はinstagramなどのSNSへすぐにシェアできます。

まとめ

動画編集をすることでクオリティの高い動画ができあがり、SNSへの共有や鑑賞が今まで以上に楽しくなります。既存の写真アプリでもトリミングやメモリー機能による自動編集が可能ですし、iMovieを使えばさまざまなプロ並みの編集ができます。

他にも初心者でも扱えるような簡単な操作でクオリティの高い動画が作れるアプリがたくさんあります。インストール無料なアプリも多いため、気になる編集アプリがあればさっそく使ってみましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

キャリア別に教えます!SMSを拒否する設定方法と注意点2つ

迷惑なSMSや苦手な人からのS …

Facebookでのご購読が便利です