iPhoneでyoutubeの動画をダウンロードする方法

LINEで送る
Pocket

YouTubeにはいろんな動画がUPされていて、ついつい見入ってしまいますね。Wi-Fi環境下であれば何も気にしなくていいのですが、モバイルデータ通信下だとデータ消費が気になりますし、お目当ての動画を毎回探すのも面倒です。予めダウンロードしておけば、外出先でも気にせず動画鑑賞ができます。

ここでは、YouTubeの動画をiPhone内にダウンロードする方法について説明します。YouTubeなどの動画をダウンロードするアプリはいろいろありますが、ここではとっかかりとして使いやすい”Clipbox”というアプリを使っています。

スポンサーリンク

YouTube動画のダウンロードは専用アプリを使う

YouTube動画は、専用アプリをインストールすることで可能です!
ここでは、”Clipbox”というアプリをご紹介します。動画編集はできませんが、音楽ファイル(mp3)の再生も可能です。
操作がわかりやすい割には色々と使えますのでおすすめです。

Clipbox

appstore

なお、ここでの画面例はモバイルデータ通信下で行っていますが、できるだけWi-Fi環境下で行いましょう。その方がサクサク進みますし、データ消費を気にしなくて済みます。

YouTube動画のダウンロード方法

あらかじめ、AppStoreからClipboxをインストールしておいてください。
1.Clipboxを起動します。
2.「クリップ」をタップします。

00

3.「ブラウザ」をタップします。

4.Clipbox内でブラウザが起動しますので、YouTubeのトップページへ移動します。Clipbox内部とはいえ、操作は通常のGoogleと全く同じです。

02

5.YouTubeのトップページが表示されたら、ダウンロードしたい動画を選びます。ここは普通にYouTubeを使う時と同じです。

03

6.普通にYouTubeを見るときと同じようにタップして、一旦再生を始めます。少しでも再生させないとエラーになることがあるようです。
7.再生中に、下のメニューから「+」をタップします。

04

8.”Are you ok?”→”Really?”と続けてタップします。なんでここだけ英語なんでしょうね。知らないとびっくりします。

05

9.最後に”OK”をタップします。なかなかダウンロードさせてくれないですね。
動画の名称や保存先の変更もできますが、ここではデフォルトのままにしています。

06

9.インジケータが表示され、ようやく動画のダウンロードが始まりました。右側の赤いアイコン(禁止マーク)をタップするとダウンロードを中止できます。

10.「完了」が表示され、ダウンロードが完了しました。ゴミ箱アイコンをタップすると削除できます。

08

11.一旦アプリのトップへ戻り、「マイコレクション」を選択すると、さきほどダウンロードした動画が表示されています。

09

11.試しにモバイルデータ通信をOFFにして再生してみました。ちゃんと再生されていますね。

10

動画ファイルの管理

Clipboxは、ダウンロードした動画の整理や削除ができます。
「マイコレクション」の右側に”Actions”という項目があります。
ここをタップすると、画面下部にメニューが表示され、様々な設定ができます。
動画やフォルダの左横にチェックを付けて変更を反映させます。

a01

①フォルダ作成

マイコレクション内に階層(フォルダ)を作ります。カテゴリ分けするときに便利です。
試しに、「テスト」というフォルダを作ってみました。Windowsのエクスプローラのように、フォルダの中にさらにフォルダを作成することも可能です。

a02

②リネーム

動画やフォルダの名称を変更します。先ほどの「テスト」フォルダの名前を変えました。

a03

③移動

動画やフォルダを移動させます。先ほどダウンロードした動画をフォルダ内に移動しました。

a04

④コピー

動画やフォルダのコピーができます。

a05

⑤・⑥パスロック・パスロック解除

パスロックを設定した動画やフォルダは、パスワードを入力しない限り見えなくなります。人に見られたくない動画に設定しておけば安心です。
パスロックを有効にするにはまず、パスワードの設定が必要です。画面下の錠のアイコンをタップし、パスワードの設定をしておきます。

a06

動画にパスロックを設定してみます。ロックを掛けた動画の表示が消えました。

a07

ロックを掛けた動画を表示させるには、錠アイコンをタップしてパスワードを入力します。
パスロックを掛けた動画は名前が赤くなっています。

a08

パスロック済の動画を選択して「パスロック解除」をタップすれば解除できます。

なお、ここの動画やフォルダに異なるパスワードの設定はできず、全て同じとなります。

パスワードのリセットは、設定(歯車のアイコン)の「パスワードリセット」で行えます。リセットすると、動画やフォルダへのパスロックが全て外れます。また、パスワードが全くない状態となりますので必要であれば設定画面の「パスワード設定」で再度設定の上、対象動画に再度パスロックを掛け直してください。

⑦・⑧全て選択・全て非選択

左のチェックを全て一気に付ける・外す操作ができます。一括削除など、変更を一気に反映させたい時便利です。

a09

⑨削除

チェックを付けた動画やフォルダを削除できます。

⑩・⑪保護・保護解除

動画を保護すると、右側に盾アイコンが表示され、削除できなくなります。誤って消してしまうことを防止できます。

a10

保護解除をすると、削除できるようになります。

⑫解凍

zipファイルの解凍ができます。

動画をiPhoneの写真アプリにコピーする

Clipboxに保存した動画を、iPhoneの写真アプリにコピーさせることができます。

方法

1.Clipboxを起動します。「マイコレクション」をタップして、”Actons”をタップします。
2.”Actions”のメニューをスワイプします。

apps01

3.コピーしたい動画にチェックを入れ、「カメラロール」をタップします。

apps02

4.写真アプリのカメラロールに動画が移動します。下記画像はカメラロールで再生中のものです。
動画の日付は、YouTubeでのアップ日となっています。コピーした日ではありませんのでご注意ください。
私は勝手に今日の日付になるものとばかり思っていて、気づくまで探すのに苦労しました。

apps03

まとめ

YouTubeの動画をiPhoneへダウンロードする方法についてご紹介しました。
動画がiPhone内に保存できるようになると、再生の度にデータ消費されることがなくなり、データ通信量を気にせず動画が見られるので助かります。iPhoneのストレージ容量と相談しながら、ガンガンダウンロードしてください!
モバイルデータ通信でもダウンロードはできますが、できればWi-Fi環境下で見たい動画を予めダウンロードしておきましょう。
通信状況に関係なく時間のある時に視聴できますので、通勤・通学時やお昼休みなど重宝します。
アプリはたくさんありますが、Clipboxをおすすめします。動画内容の編集こそできないものの、操作の分かりやすさではピカイチです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です