iPhoneでyoutubeの動画をダウンロードする方法

LINEで送る
Pocket

YouTubeは、いろんな動画があって、ついつい夢中になってしまいますね。YouTubeをダウンロードするときには、Wi-Fi環境下であれば何も気にしなくていいのですが、モバイルデータ通信下だとデータ消費量が気になりますし、お目当ての動画を見たい時に毎回探すのも面倒ですね。見たい動画を予めダウンロードしておけば、外出先でもデータ量を気にせずに動画が鑑賞できます。

ここでは、YouTubeの動画をご自分のiPhoneにダウンロードする方法について説明します。YouTubeなどの動画をダウンロードするアプリはいろいろありますが、ここでは”Clipbox”という使い勝手のよいアプリを使用します。

スポンサーリンク

YouTube動画のダウンロードは専用アプリを使う

iPhone

いちいちダウンロードせずに、YouTube動画鑑賞を鑑賞するのは、専用アプリをインストールすることで可能になります。

ここでは、”Clipbox”というアプリをご紹介します。残念ながら動画の編集はできませんが、音楽ファイル(mp3)としての再生は可能です。
このアプリは、とても操作がわかりやすく、色々と使えますのでおすすめです。

なお、このアプリの操作はできるだけWi-Fi環境下で行いましょう。その方がデータ量を気にせず、サクサクと動くためです。

アプリ内に、YouTube動画をダウンロードする

 

操作前にまずAppStoreからClipboxをインストールします。このアプリは、無料でDLできます。次に動画をアプリ内にダウンロードして取り込む方法をご紹介します。

1.Clipboxを起動します。

2.「クリップ」をタップします。

3.「ブラウザ」をタップします。

4.Clipbox内でブラウザが起動します。次にYouTubeのトップページへ移動します。Clipbox内部ですが、操作は通常のGoogleのページを開いているのと全く同じです。

5.YouTubeのトップページが表示されたら、ダウンロードしたい動画を検索して選びます。ここは通常、YouTubeの画面を開く時と同じ要領です。
03

6.YouTubeを見るときと同じように、動画の中にある矢印のボタンをタップして、一旦再生を始めます。少しでも再生させないとエラーになることが時々あります。

7.再生中に、下に表示されているメニューから「+」をタップします。

8.”Are you ok?”→”Really?”とタップします。

9.最後に”OK”をタップします。ダウンロードするまでは少し時間がかかります。
動画の名称や保存先の変更もできるのですが、、ここではデフォルトのままにしています。

9.インジケーターが表示されて、ようやく動画のダウンロードが始まります。右側の赤いアイコン(禁止マーク)をタップすれば、ダウンロードを中止することもできます。

10.「完了」が表示されると、ダウンロードが完了したサインです。もし不要になったときは、ゴミ箱アイコンをタップすると削除することができます。

11.一旦アプリのトップへ戻り、「マイコレクション」を選択すると、さきほどダウンロードした動画が表示されています。

12.試しに通信環境をOFFにして再生してみました。ちゃんと再生されていますね。

動画ファイルの管理

Clipboxは、ダウンロードした動画の整理や削除ができる機能もあります。
「マイコレクション」の右側に”Actions”という項目があります。
ここをタップすると、画面下部にメニューアイコンが表示され、フォルダ作成やリネーム、ファイルの保護など、様々な設定ができます。
動画やフォルダの左横にチェックを付けることで、変更します。

①フォルダ作成

このアプリには、マイコレクション内に階層(フォルダ)を作る機能もあります。カテゴリ分けなどをするときに便利です。
試しに、「テスト」というフォルダを作ってみました。Windowsのエクスプローラのように、フォルダの中にさらにフォルダを作成し、ファイルを整理することも可能になります。

②リネーム

動画やフォルダの名称を変更することができます。あとからフォルダ名が変えられるので便利です。

③移動
a04

動画やフォルダを、違う場所に移動させます。ダウンロードしたファイルをカテゴリ分けしたフォルダに入れる時に便利です。

④コピー

動画やフォルダのコピーも可能です。違うフォルダにもDLした動画を入れたい時に便利です。

⑤・⑥パスロック・パスロック解除
a06

パスロックを設定した動画やフォルダは、パスワードを入力することで保護することができます。人に見られたくない動画などに設定します。
パスロックを使うには、パスワードの設定が必要です。画面下のキーマークのアイコンをタップし、パスワードの設定を済ませておきます。

ロックを掛けた動画を表示させるには、キーマークのアイコンをタップしてパスワードを入力します。
パスロックを掛けた動画は名前が赤く変化しています。

パスロックを解除するときは、パスロック済の動画を選択して「パスロック解除」をタップすれば解除できます。

なお、ここの動画やフォルダに異なるパスワードの設定はできず、全て同じパスワードとなりますので注意が必要です。

パスワードのリセットは、設定(歯車のアイコン)の「パスワードリセット」で設定することができます。リセットすると、動画やフォルダへのパスロックが全て外れます。また、パスワードが全くない状態となりますので、必要であれば設定画面の「パスワード設定」で再度設定の上、対象動画に再度パスロックを掛け直してくださいますようお願いします。

⑦・⑧全て選択・全て非選択

左のチェックを全て一気に付けたり、外す操作ができます。一括削除など、変更を一気に反映させたい時便利な機能です。

⑨削除

チェックを付けた動画やフォルダを削除できます。

⑩・⑪保護・保護解除

動画を保護すると、右側に盾アイコンが表示されて、削除が不可となります。誤って削除してしうことの防止策です。

保護解除をすると、削除できるようになります。

⑫解凍

zipファイルの解凍ができます。

動画をiPhoneの写真アプリにコピーする

Clipboxに保存した動画を、iPhoneの写真アプリにコピーすることができます。
方法

1.まずClipboxを起動します。「マイコレクション」をタップした後、”Actons”をタップします。
2.”Actions”のメニューをスワイプします。

3.コピーしたい動画にチェックを入れてから、「カメラロール」をタップします。

4.iPhone内の写真アプリのカメラロールに動画が移動します。
動画の日付は、YouTubeでのアップ日となっています。コピーした日ではありませんのでご注意ください。

追加情報

iphone-6-458159_640

それではiPhoneの動画アプリに関する追加情報をお知らせします。

①どの動画サイトに対応しているのか
この”Clipbox”という動画アプリは、どの動画サイトに対応しているのでしょうか?アプリの公式サイトには載っていませんが、下の動画サイトには対応しているようです。

・YouTube
・ニコニコ動画(ログイン必須)
・ひまわり動画
・Dailymotion
・FC2動画
・Anitube
・PandraTV
・Twitter
・Facebook
・Instagram
・Veoh
・Tube8
・Vine
・Pornhub
・XVideos
・ThisAV

②他のダウンロードアプリとその特徴
・Mediatap
動画や写真をダウンロードして、オフラインでも見ることができるアプリ。インターフェイスは日本語対応されていますが、アプリを起動すると表示される使い方説明は、すべて英語です。
直感的でアイコンが大きくて見やすい。使い方は基本的にClipboxと同じです。

・Cloud Player Pro – Play Videos from Cloud
こちらは有料で480円のアプリです。
ほとんどのファイル形式に対応していて便利。インターフェイスにこだわっており、使いやすい。ダウンロードしたファイルはプレイリストで管理することができるので、プレイヤーとしても優秀です。さすがに有料なだけのことはあります。

③動画をダウンロードできない理由4パターン

アプリにダウンロードする動画は、一番ポピュラーなYouTubeであってもうまくダウンロードできないことがあります。その理由としては、
・音楽ビデオなどの場合、著作権の問題でアーチストの事務所側がダウンロードを禁止している。(ダウンロード禁止のビデオ)
・Clipboxなどの動画ダウンロードアプリが、動画の検出に失敗した
・動画ダウンロードアプリが正常に作動していない

また、これらの現象は動画ダウンロードアプリを停止し、再起動することや、デバイスを再起動する、または、Clipbox内蔵ブラウザのクッキーを削除、Clipboxを最新バージョンにアップデートすることで解決できる場合があります。

④上手なダウンロードの仕方

とにかくひとつひとつ、手順を追ってダウンロード作業をしていくに越したことはないのですが、まずはじめにダウンロードしようとしている動画がダウンロード可能な動画なのかどうかを見極める必要があります。中には違法にアップロードされているものもあるのです。

しかし、公式チャンネルならほぼ合法的だと思えますが、個人のサイトなどの動画ダウンロードは著作権などがグレーゾーンです。映画、音楽などの動画で明らかに違法と思われるものはダウンロードしないほうがいいでしょう。ただし、中にはニコニコ動画のように、投稿動画から音声をダウンロードする「NicoSound」という公式サービスもありますので、これを利用するのも手だと言えます。

⑤保存した動画をPCに送る方法
Clipboxでダウンロードし、保存してある動画をPCにダウンロードするにはどうすればいいのでしょうか?それには、i-FunBox(アイファンボックス)というiPhone用のPCアプリを使います。これにより、iTunesを介さないでも動画をはじめ、写真メッセージ、連絡先などもドラッグ&ドロップでコピーし、保存できます。このようにiPhoneのバックアップとしても使えるアプリです。

使い方は簡単!i-FunBox(アイファンボックス)を起動して、iPhoneとPCをケーブルで接続します。画面右上に接続したデバイスの名前が表示されているなら、接続が完了しています。

「Managing App Data」から、デバイス内のアプリをPCに保存、消去するなどの管理が、また、「Quick Toolbox」からは音楽・動画・写真のインポートやエクスポートが可能です。

⑥保存した動画をiphone内で編集する方法
それでは、保存した動画をiPhone内で編集するにはどうしたらいいでしょうか?動画編集で人気の高いアプリは、Magisto 動画エディター&ムービーメーカー、VivaVideo – 無料ビデオエディタ、カメラ&メーカー、Filmmaker Pro などがあります。どれもハイクオリティーで、プロも使用するくらいなのに、無料というのが嬉しいです。とくに、Magisto 動画エディター&ムービーメーカーは、スタイリッシュなインターフェイスで、タップするだけで直感的に操作が可能です。シーンに合わせてテーマが選べ、アプリ内にBGMまで用意されているので、手軽にプロ並みのビデオが作れます。

まとめ

YouTubeの動画をiPhoneへダウンロードする方法についてご紹介しました。
動画がiPhone内に保存できるようになると、再生の度にデータ消費されることがなくなり、データ通信量を気にせず動画が見られるので助かります。iPhoneのストレージ容量と相談しながら、ガンガンダウンロードしてください!
モバイルデータ通信環境でもダウンロードはできますが、できればwi-fii環境下で見たい動画を予めダウンロードしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です