Home / Apple / iPhone / お得にiPhoneをdocomoで購入する方法と気をつけるべき点

お得にiPhoneをdocomoで購入する方法と気をつけるべき点

Pocket

Apple社が販売する人気スマホと言えばiPhone。現在はdocomo・au・ソフトバンクなど各キャリアから購入可能で、定期的に新作が出るため持っている方がたくさんいます。

そこで今回は、docomoでiPhoneを契約することを想定してお得な購入方法・注意点をご紹介。iPhoneを契約する場合は毎月の支払費用をできるだけ安く抑えるのがコツです。

まずはiPhoneの使用用途がインターネット中心なのか、電話も頻繁に使いたいのかを考えつつプランを組むのが重要。また、本体を2年間の契約で購入するなら毎月数千円安くなるシステムもあるので、上手く使うのがポイントです。

ということで、iPhoneのお得な購入方法など紹介していきます。

スポンサーリンク

docomoのiPhone契約でお得なプランは?

w_iphone

お得なプランと言えども、利用者によってある程度の違いが出てきます。そこで、電話やネット通信に分けてお得なプランをご紹介。iPhoneの使い方に応じて組み合わせてください。

電話をよく使うならカケホーダイプラン

docomoでiPhone契約する際の電話に関する基本プランは、「カケホーダイ」「カケホーダイライト」「シンプル」の3種類。中でもよく電話をするという方は、時間無制限かつ毎月2700円で定額利用できる「カケホーダイ」プランがおすすめです。

ただし1回の通話が短い場合は、5分以内の通話が無料扱いになる「カケホーダイライト」プラン(1700円)のほうがお得。まったく通話しないまたは受ける側が多い方は、980円の「シンプル」プランをおすすめします。

なお、参考にした料金は2年契約の場合です。最近はLINEやDiscordなどインターネット経由で通話する機会が多いので「シンプル」プランが使いやすいですが、ビジネスでキャリアの通話を利用するという方は「カケホーダイ」を選んでください。

パケットパックの選び方

iPhone契約で選べるパケットパックは、通信量に応じて支払い料金がアップする「ベーシック」、大容量を定額で使える「ウルトラ」の2種類が存在

まったく通信を使わないまたはWi-Fiを利用機会が多い方は、「ベーシック」がおすすめです。ベーシックを利用して1GB未満に抑えれば通信量は最安の2900円。1から3GBまでは4000円、3から5GBは5000円、5から20GBは7000円と掲載されています。

一方、毎月5GB以上キャリアの回線を使うのであれば、20GBを6000円で契約できる「ウルトラデータL」がおすすめ。30GBなら8000円で契約可能です。

まとめると、「5GBに限定するならベーシック」、「5GB以上はウルトラデータL」がお得になります。

注意点として、「ベーシック」は各上限を超えた時点で料金がアップします。お得に契約するならiPhoneにある通信上限や警告通知などを設定することで、料金が上がらないよう自分で制限を課す工夫をしてください。

また、別としてインターネット接続サービス(SPモード、300円)の契約も必須なことをお忘れなく。

最も安いのは「シングル」&「ベーシック1GB未満」

上記を踏まえて最も安く契約する場合は、電話が「シングル」プラン、パケットは通信量を1GB未満に抑えた「ベーシック」パックの組み合わせです。

電話はほとんど使わず基本的に受ける側に回るまたはLINEを利用、通信はなるべくWi-Fi接続で使い、キャリア回線はほとんど使わないなど工夫できる方は、ぜひ最も安い契約をしてください。

docomoオンラインショップを活用しましょう

e2bab8c7a4953e1f22240ad3a2ed66a3_s

docomoでiPhoneを新規購入、機種変更を行う場合はオンラインショップの利用が大変便利でおすすめです。

自宅にいながらiPhoneの手続きができ、混んでいるキャリアショップに出向く必要がありません、2500円以上の購入で送料無料で自宅まで送ってもらえます

また、各種キャンペーンが行われている場合もありますので、活用しましょう。docomoオンラインショップはこちらからアクセスできます。その他のメリットは下記をご覧ください。

ドコモオンラインショップ

品揃えが豊富で、欠品の心配がない

店頭で端末を購入する場合は、在庫を確認しなければならないところが難点。特にiPhoneは人気機種なので、新作が出た際は各ショップで在庫切れが頻発します。

対してオンラインショップであれば、発売中の端末を機種はもちろん容量・サイズまで自由に選択可能。各キャリアや家電量販店で購入する際の並びや在庫切れに惑わされず、予約しておけば自宅に発送されてくるのが魅力です。

購入時の頭金、機種変更事務手数料が無料

各キャリアでiPhoneを購入する際は、購入時の頭金として手数料が数千円かかります。オンラインショップの場合、この料金がかかりません。

また、docomoのXiからXiへの機種変更も通常手数料が取られるのに対し、オンラインショップなら無料になるのが魅力。契約する際の手数料だけで1ヵ月分のスマホ料金を取られるくらいなら、間違いなくオンラインショップのほうがお得です。

24時間手続きできて、契約時の待ち時間がない

スマホを実店舗で契約する場合は、手続きの待ち時間や回線が繋がるまでの待ち時間など、結構な時間を待たされます。特に新作のiPhone発売直後や、スマホ販売の繁忙期でもある3月、4月あたりは待機時間だけで数時間かかるほど。

オンラインショップならこのような待ち時間はゼロで、すぐにでも契約を進めることが可能。サイトが混んでいる可能性もありますが、それでも実店舗で並ぶよりストレートに手続きを完了できます。

オンラインショップ利用の注意点

オンラインショップで購入する際の注意点は、初期設定を自分で行わなければならないこと。

新しい端末が自宅に届いてから「SIMの取り換え・切り換え手続き」「アクティベーション処理」などを自分で行う必要があり、機械に弱い方は苦戦する可能性があります。

とはいえ「スタートアップガイド」などもあるので、説明書を読めばスムーズな初期設定が可能。不明点はサポートで確認することもできるため、大抵の場合は問題ありません。

店頭で機種変更する場合に気をつけること

yuka150701598457_tp_v

店頭でiPhoneを購入する際のメリットは、何と言ってもその場で新機種が手に入ることです。オンラインショップだと手続きはすぐできますが、やはり商品の到着まで数日かかります。いち早く新機種を手にしたい場合には行列を覚悟でショップに行ってみましょう

それにやはり触ってみなければという人も、実際に店頭で機種を触って、動作確認することができるのもメリットの一つです。iPhoneは色々な大きさや色がありますので、実際に触ってみて使いやすそうなサイズや、キータッチの具合などを確認することもできます。

また、端末の色も、ネットで見るのと実際に見る場合と違って見える場合がありますので、実際に見て確認しましょう。店舗で実際に見てからその後はオンラインショップを利用するのもひとつの方法です。

また、店頭でiPhone端末を持ち帰る際に、ほとんどの店舗で頭金が5,000円程度かかります。この料金は端末代金の一部に充当されるかと思われがちですが、実際には端末代金ではなく、いわゆる頭金ですので注意が必要です。

購入する側からすると、5000円を払うメリットは全くありませんので、頭金がかからないオンラインショップを活用しましょう。

店舗によっては(代理店の場合が多いです)、キャッシュバックなどのキャンペーンをしょっちゅう行っているところもあります。時には販売店がメールで情報を贈ってくれることもありますが、購入費用を抑えたい場合はそういった店舗のキャンペーン情報を、検索するなりして、少しでもお得な方法を探しましょう。

また、その場合キャッシュバックの代わりに不要なオプションサービスの加入が強制される場合があります。デフォルトでサービスがついてくるのもよくあるパターンです。最初はお試し期間で無料なのですが、サービスが要らなければ、次の月からは解約すればいいのですが、ついつい忘れてしまう場合も多いため、注意が必要です。

この場合は、ある程度オプションサービスの内容を知っている必要がありますので、iPhone初心者の場合は、不要サービスの加入強制などがない、オンラインショップで購入することをおすすめします。

iPhoneの機種変更で気をつけること

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneに通知!キャリア設定アップデートをした方がいい理由

iPhoneやiPadを使用し …

Facebookでのご購読が便利です