Home / Apple / iPhone / 使いこなそう!iPhoneの電卓の知られざる機能4選

使いこなそう!iPhoneの電卓の知られざる機能4選

Pocket

ショートカットからでも使える便利な「電卓機能」。ちょっとした計算や買い物をするときに消費税を計算したりととても役に立つ機能ですよね。

ですがiPhoneの電卓機能を使っていて「もう少し機能的であれば便利なのに…」「誤入力がある度に最初からやり直さないといけない…」などと困ったり不満を感じたことはありませんか。

実はiPhoneの電卓はさまざまな機能が搭載されており、非常に便利に使うことができます。そこで本記事ではiPhoneの知られざる4つの便利機能についてご紹介していきます。

普段からiPhoneの電卓を使用する機会が多い方や不満があって使うのをやめた方は、また使いたくなること間違い無しです。ぜひ参考にご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneの電卓の知られざる機能4選

ここではiPhoneの電卓で使える便利機能について見ていきましょう。紹介する4機能は「こんな機能あったんだ!」と驚くような便利機能ばかりで長年iPhoneの電卓を利用している人でも知らないようなものです。一つひとつ確認していきましょう。

1.コピー機能

iPhoneの電卓にはコピー機能が搭載されているのを知っていましたか?コピー機能を利用することで連続した計算をしたい場合や計算結果を別のものに入力したい場合に非常に便利です。

コピーの仕方は簡単!ただコピーしたい計算結果を長押しするだけです。長押しすると数字の上部に「コピー」と表示され、該当数字のコピーが完了します。

コピーした数字を電卓に貼り付けたい場合はコピー時同様、長押しをして上部に「ペースト」と表示されますのでタップをすれば貼り付け完了です。

またiOS11〜はコントロールセンターを表示して電卓アイコンを長押しすると最新の計算結果をコピーすることも可能です。

何気に便利な機能ですので使い方も簡単ですので覚えておいて損はないでしょう。

2.1文字消す

計算している途中で誤った数字を入力して困ったことはありませんか?通常の電卓であれば1文字消す(戻る)ボタンがあるので修正が可能ですがiPhoneの電卓には1文字消すボタンがないため1つの誤入力により最初からやり直さなければならなくなってしまいます。

でも実はiPhoneの電卓でも1文字消すことは可能なのです。方法は非常に簡単で「1文字消したい」と思ったら数字部分を右か左のどちらかへスワイプするだけで1文字消すことができます。

1文字消したい場合は1回スワイプ、2文字消したい場合は2回スワイプというふうに簡単に消すことが可能です。

この方法を知っていれば最初からやり直す手間も省けます。

3.iPhoneを横にする

スマホ スマートフォン スマートホン 休憩 珈琲 ティータイム 手 ナチュラル 携帯 めがね 眼鏡 携帯電話 ケータイ メガネ 通信 カフェ 茶色 指 木目 横 コーヒーカップ スマフォ モバイル 横持ち

 

iPhoneの電卓機能は縦画面と横画面のどちらで使っていますか?縦画面だと数字と「+」「×」「%」「C」など基本的なボタンしか表示されませんが横画面にするだけで機能が拡張し、より電卓できることが多くなります。

特別なアプリや難しい操作は必要ないのでiPhoneを横にして電卓を使用するだけで次のような便利機能が使えます。

入力可能な桁数が増える

iPhoneを横にして電卓を使用するだけで入力可能な桁数が増えます。縦画面で使用する際の入力可能桁数は9桁ですが横画面にするだけで倍近くの16桁まで入力ができるようになります。

9桁だと1億の単位まで入力ができますが、それ以上(100兆まで)の数字などを入力・求めたい場合にも対応可能です。縦画面で計算をしていて数字が収まりきれない場合は横画面にして使ってみてください。

次ページ:「「( )」を使った数式が計算可能」

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

1GBってどのくらい?1ヵ月間を1GBで過ごすコツ7つ

「すぐに速度制限がかかってしま …

Facebookでのご購読が便利です