Home / iPhone / iPhoneの電波の調子が悪い時に実施したい改善策

iPhoneの電波の調子が悪い時に実施したい改善策

Pocket

iPhone

今回、iPhoneの電波の調子が悪い時に実施したい改善策について紹介いたします。iPhoneを使っていると、たまに電波の調子が悪くインターネットが使えなくなったり、使えたとしてもとても遅かったりする場合があります。iPhoneの電波が悪くなると、検索や地図、メールなど全てが止まってしまいます。

そんなとき、どのような方法を取れば、電波状態は改善するのでしょうか。iPhoneを使っている人であれば誰もが体験する電波の調子が悪い時。既に行っているものもあると思いますが、初めて知るものもあると思います。ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

4G(LTE)の電波の調子が悪い時

ここでは、通常使うことが多いネットワーク4G(LTE)の電波の調子が悪い時に行う方法について紹介します。

機内モードをオン・オフ切り替える

iPhoneの機内モードをオン→オフにすることで電波の調子が改善される場合があります。機内モードとは、名前の通り飛行機に乗った際にデータ通信をシャットダウンする設定です。機内モードのオン→オフの設定方法は、ホーム画面の下から上にスワイプをし、コントロールセンターを表示します。

コントロールセンターの上部に5つの丸いマークがあります。その中の1番左の飛行機マークをタップすることで機内モードをオンにすることができます。オンになるとマークが白くなります。オンになったら2〜3分は時間を置くようにしましょう。すぐにオフに切り替えてしますと効果が出ない場合があります。

2〜3分時間を置いたら機内モードを元のオフにしてみましょう。これらの機内モードをオン→オフの切り替え設定をすることで、電波の調子が戻る可能性があります。

Wi-Fiモードをオン・オフ切り替える

Wi-Fiモードをオン・オフ切り替えることで電波の調子が改善される場合があります。Wi-Fiモードのオン・オフの切り替え方法は、ホーム画面の下から上にスワイプをし、コントロールセンターを表示します。コントロールセンターの上部に5つの丸いマークがあります。

その中の左から2番目のアンテナマークをタップすることでWi-Fiモードをオン・オフ切り替えることができます。オンになるとマークが白くなります。通常オンにしている場合はオフに。通常オフの場合はオンに切り替え、2〜3分は時間を置きます。

そしてもう1度Wi-Fiモードを切り替えてみましょう。Wi-Fiモードのオン→オフの切り替えを行うことで、電波の調子が戻る可能性があります。

4G(LTE)通信をオン・オフ切り替える

4G(LTE)の通信をオン・オフ切り替えることで電波の調子が改善される場合があります。4G(LTE)の切り替え方法は、ホーム画面で設定のアイコンを開きます。次に、モバイルデータ通信を開きます。モバイルデータ通信画面で、【4Gをオンにする】をオフにします。これで4G(LTE)のオン→オフの設定が完了します。

オフにした後は3G回線に接続するようになります。少し時間を置いた後に、もう1度、4G(LTE)設定をオンにします。そうすることにより、iPhoneの電波の調子が戻る可能性があります。

音声通話データローミングをオン・オフ切り替える

音声通話データローミングをオン・オフ切り替えることにより、電波の調子が改善される場合があります。ローミングとは、契約している携帯会社の電波がない場所でも提携会社の電波を使うことができるサービスです。音声通話データローミングの切り替え方法は、ホーム画面で設定アイコンを開きます。

次に、モバイルデータ通信を開きます。モバイルデータ通信の画面で、モバイルデータ通信をオンにし、ローミングを選択します。次の画面で、音声通話データローミングをオンにします。そして、データローミングもオンにします。そして、時間を置いて、同じ手順で設定を戻します。

音声通話データローミングをオン・オフ切り替えることで、電波の調子が改善される可能性があります。

起動中のアプリを終了する

電波の調子が悪い理由に、アプリが多くのデータ通信を使っている可能性もあるため、起動中のアプリを終了させます。起動中のアプリを終了する方法は、iPhoneのホームボタンを2回連続で押します。

すると、起動中のアプリ画面が表示されますので、上にスワイプするか、☓表示をタップして起動中のアプリを完全終了させていきます。起動中のアプリを終了させることで、iPhoneの電波の調子が戻る可能性があります。

再起動、リセットをする

iPhoneを再起動、またはリセットすることで、電波状態が改善される場合があります。再起動の方法は、iPhone上部または横にある電源ボタンを長押しすることで電源が落ちます。そして、再度電源ボタンを長押しすることで、Appleのロゴマークが表示され、電源がオンになります。 

リセットする方法は、iPhoneの電源ボタンとホームボタンを同時に長押しします。Appleのロゴマークが表示されたら指を離します。再度、同じ方法で電源を付けます。これら、再起動やリセットを行うことで、電波の調子が元に戻る可能性があります。

ただし、再起動、リセットをする場合は、念のため事前にデータのバックアップを取っておくことをおすすめしておきます。

Wi-Fiの電波の調子が悪い時

4G(LTE)や3G電波ではなく、Wi-Fiネットワークの電波の調子が悪い時もあります。その場合は、次の方法を行うことで電波状態が改善される場合があります。

1度Wi-FiをOFFにしてみる

Wi-Fiネットワークを切ることで電波状態が改善される場合が多いです。Wi-Fiネットワークの切り方は、ホーム画面で下から上へスワイプし、コントロールセンターを表示します。

コントロールセンターが表示されたら、Wi-Fiマークをタップすることで、Wi-Fiネットワークを切ることができます。1度切って、再度接続することで、スムーズにネットワークが使えるようになることがあります。

Wi-Fi機器の電源を入れ直す

自身のモバイルWi-Fiなどを使用している場合は、Wi-Fi機器の電源を1度落としてみましょう。Wi-Fi機器によっては、時間帯や環境によって、電波接続が悪い時があります。1度電源を落としてみて、再度電源を入れ直してみてください。そうすることで、スムーズにWi-Fiネットワークに接続できるようになります。

Wi-Fi機器の置く場所を変えてみる

Wi-Fi機器の置く場所を変えることにより、スムーズにWi-Fiネットワークが接続できるようになる場合があります。自宅で使う置くタイプのWi-Fi機器であれば、窓際でできる限り高い位置に置くようにしましょう。コンクリート近くは電波が届かない可能性があります。外に近い窓際に置くことでスムーズにネットワークに接続できるようになります。

また、電波は高いところから低いところへ円滑に届くようになっているため、できる限り高い場所に設置しましょう。また、電子レンジなど電子機器の近くには置かないようにも注意してください。 

持ち運びできるモバイルWi-Fi機器の場合も同じで、外出先でも壁に囲まれた場所だと上手くネットワークに接続できない場合がありますので、外に近い場所で使うようにしてください。カフェなどのお店の中でもお店の奥よりは手前に居た方がネットワークの接続がスムーズです。

まとめ

今回、iPhoneの電波の調子が悪い時に実施したい改善策について紹介いたしました。4G
(LTE)の際も、Wi-Fiを使っている際も、電波状態に悩まされる時があります。そんな時のために、電波の調子を改善する方法をいくつも知っておくことで迅速に対応することができるようになります。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

232e9a5d66102618889fba4af54a67ef_s

iPhoneでモバイルSuicaを使いこなして日常をスマートに!

iPhoneが近距離無線通信で …

Facebookでのご購読が便利です