Home / iPhone / iPhoneの電源が入らない時の原因と対処方法

iPhoneの電源が入らない時の原因と対処方法

Pocket

b517f7c8c00f972a842f06ddde36187b_s

iPhoneが突然電源が入らなくなった場合どうすればいいのでしょうか。検索やニュース、LINE、SNS、地図、時計、スケジュール、メモなど、すべての機能が使えなくなってしまいます。

電源が入らなくなった場合は何らかの原因が必ずあるはです。原因を突き止め、適切な対処を行うことで、状況が改善されます。現在電源が入らなくなって困っている方も、そういった経験がない方も、把握しておいて損はないことですので、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.考えられる原因

2b56af4cae58a76b18979a678f6a8a4b_s

iPhoneの電源が入らない場合はどのような原因が考えられるのでしょうか。iPhoneが水没してしまった、、強い衝撃を受けた、、長年使っていて調子が悪い、、など、さまざまな原因が考えられます。電源が入らない原因がわかれば、効果的な対処法を行うことが可能です。まずは、考えられる主な原因から確認していきましょう。

1.本体の故障

iPhoneの電源が入らない原因として考えられる1つがiPhone本体の故障です。水没や衝撃、寿命などによりダメージを受け、iPhoneが故障したことが理由かもしれません。毎日使うiPhoneだからこそ、これらの原因には気をつけなければなりません。

防水・耐衝撃ケースなどもリーズナブルな価格で販売してあり、ケースを付けるだけでもこれらの原因を防ぐことができます。また、バッテリー寿命に関しては、Appleでのバッテリー交換なども検討してみましょう。

1.水没

最新の防水加工が施してあるiPhoneであればまだ安心できますが、それ以前のiPhoneは防水加工ではないため、水の溜まっている場所に落としたり、水に濡れると故障する可能性があります。

iPhoneもパソコンと同じく電子機器なので防水加工でないものは、水に弱いですし故障の原因になりやすいです。水没したり水に濡れたことが原因でiPhoneが故障し電源が入らないのかもしれません。

2.衝撃

iPhoneは衝撃に弱く、強い衝撃を受けると故障する可能性があります。地面に落としたり、何らかの強い衝撃を受けたことで故障し、電源が入らないのかもしれません。耐衝撃ケースなどを付けておけば衝撃による故障を防げることもありますが、ケースなどを付けていない場合に衝撃を受けた時は危険です。

3.寿命

電源が入らないのはiPhoneもしくはバッテリーの寿命が原因かもしれません。iPhoneも電子機器であり、長年使うことで経年劣化により故障しやすくなります。また、バッテリーが寿命の可能性もあります。

バッテリーは2年近く使うと新品時に比べ大きく性能が落ちてしまい、充電しても購入当初のように長時間バッテリーが長持ちすることはありません。寿命に近付くほどバッテリーの調子は悪くなりますので、バッテリー交換も検討するといいでしょう。

2.システム上のエラー

電源が入らない原因はiPhone本体の故障だけではありません。iOSなどシステム上のエラーが原因で電源が入らない可能性もあります。iPhoneが地面に落ちたり、水に濡れたりしていない場合や使用期間も短い場合はシステム上のエラーも疑ってみましょう。

1.iOS

iOS上のエラーが原因で電源が入らない可能性もあります。iOSのアップデートをほとんどしていないため何らかのエラーが生じたり、アップデートしたことでエラーが生じる場合もあります。

2.対処法

電源が入らない場合は、下記の方法を試してみましょう。原因にもよりますが、状況が改善される可能性があります。

1.充電

電源が入らないのはバッテリー切れの可能性もありますので、充電をしてみましょう。また、充電をすることで状況が改善され電源が入る可能性もありますので、充電が100%でない場合は試してみる価値があります。

2.再起動

電源が入らない場合は再起動を試みてみましょう。

場合によっては状況が改善され電源が入る可能性があります。再起動をしてもアプリやコンテンツが削除されることはありませんし、再起動の操作も非常に簡単ですぐに行なえます。再起動したい場合は電源ボタンを長押ししましょう。画面が反応すれば再起動が可能です。再起動できない可能性がありますが、まずは電源ボタンを長押しして反応のあり・なしを確認することが大事です。

3.iOSのアップデート

iOSの何らかのエラーが原因で電源が入らない場合は、新しいバージョンのiOSにアップデートするようにしましょう。稀に新しいiOSにアップデートすることで、何らかの不具合が出ることもあります。

その場合は、すぐに不具合を改善した新バージョンのiOSがリリースされるため、すぐにアップデートを行えて状況を改善できます。アップデートについて、設定アイコンを開き「一般」から「ソフトウェアアップデート」を選択すれば、最新バージョンかどうかを確認できます。

4.Appleサポートへ連絡

電源が入らない原因がシステム上のエラーではなく、水没や衝撃による可能性が高い場合はAppleサポートへ連絡するのも1つの方法です。

水に濡れたことや衝撃によって壊れている可能性があるためです。Appleサポートへ連絡してiPhoneの状態を伝えると修理手順を説明してくれます(AppleStoreへ持参or郵送など)。

また、AppleCare+iPhoneに加入しているかどうかで修理料金も変わってきますので、加入しているかどうか、保証期間かどうかを確認した上で修理しましょう。

AppleCare+iPhoneの確認は、Appleの「保証状況とサービス期間を確認する」のページにて、iPhoneのシリアル番号を入力すればすぐにわかります。シリアル番号は、設定アイコンを開き「一般」から「情報」を選択すれば確認できます。

5.修理店へ持ち込む

近くにAppleStoreがない場合やAppleCare+iPhoneに加入していない場合などは、近くにあるiPhone修理店に持っていくことも1つの方法です。場合によってはAppleよりも安い料金で修理が行えます。ただし、原因がわからないと修理を受付てくれない可能性もあるため、水没や落下など、故障の原因がハッキリしている時に利用を検討してみましょう。

3.念のためバックアップを確認してみる

iPhoneの電源は入りませんので、万が一のことも考えて、どこまでのデータがバックアップされているかを確認しましょう。

1.パソコンのiTunesで確認する

パソコンからバックアップを確認するにはiTunesを使用すればすぐに確認ができます。

  1. パソコンでiTunesを起動し、iPhoneを接続します
  2. iTunes画面に表示されるiPhoneのアイコンをクリックします
  3. iPhoneの概要画面が表示されるため「最新のバックアップ欄」を確認します

念のため、いつまでのバックアップデータがあるか確認しておきましょう。

まとめ

iPhoneの電源が入らなくなった場合は、衝撃や水没、寿命などによりiPhone本体の故障が原因かiOSに何らかの不具合がありシステム上のエラーが原因か、どちらかが考えられます。

可能性の高い原因に合わせて適切な対処を行うことで、状況が改善され電源が入るようになります。万が一のために対処法を覚えておくことに加え、故障しないように防水・耐衝撃ケースを付けたり、細めにアップデートしたり、データのバックアップを取るようにすることも大事です。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

232e9a5d66102618889fba4af54a67ef_s

iPhoneでモバイルSuicaを使いこなして日常をスマートに!

iPhoneが近距離無線通信で …

Facebookでのご購読が便利です