iPhoneの電池交換をした方が良い場合と電池交換の方法

LINEで送る
Pocket

困った

今回は、iPhoneの電池交換をした方が良い場合と電池交換の方法について紹介いたします。iPhoneの電池交換をいつ頃した方が良いのでしょうか?

ここでは、iPhoneの電池交換をした方が良い可能性があるサインについてと、電池交換する方法について解説しています。特に、同じiPhoneを長く使っている方は、ぜひ、参考にしてみてください!

電池交換が必要な場合は、交換するか、新しいiPhoneに機種変更するか検討してみましょう!

スポンサーリンク

iPhoneの電池交換をした方が良い場合

iPhoneの電池交換をした方が良い可能性があるサインについて紹介します。

電池の減りが異常に早い

iPhoneを使っていて電池の減りが異常に早い場合は、電池を交換した方が良いでしょう。フル充電していても夕方頃には充電がなくなってしまうくらい早い場合は電池の寿命の可能性が高いです。iPhoneの寿命はAppleの発表によると約3年です。そのため、大切に使っていたとしても3年程経てば、電池が寿命になってしまい、どんなに充電してもすぐに消費してしまいます。

また、400回程度、フル充電と放電を繰り返したら、フル充電してもとう当初の80%程度までしか充電ができなくなることも発表されており、場合によっては2年程度で電池の減りが極端に早くなります。アプリのバックグラウンド停止や視差効果を減らしたり、iCloudのオフ、通知機能の選定など、電池の減りを長持ちさせるような対策をしても電池の減りが早い場合は、交換のサインと考えましょう。

充電の%表示がおかしい

iPhoneの画面右上にある電池の%表示がおかしくなったら電池の交換をした方が良いでしょう。電池が寿命になると、%表示がおかしくなる場合があります。ずっと100%表示だったのに、いきなり20%に変わったり、20%表示になったと思ったらすぐに1%表示になったりと、一気に%表示が減ってしまうことが多くなります。iPhoneをある程度長くつかっていて、このような現象が現れた場合は、寿命の可能性が高いですので電池交換を考えましょう。

電池が膨張する

電池が寿命になると、電池が膨張することがあります。電池が膨張してiPhoneの裏ブタが開いたりする場合があります。このような現象が現れたら電池の交換を考えましょう。放っておくとiPhoneの故障の原因になります。

iPhoneの電池交換の方法

iPhoneの電池交換をおこなう場合の方法について紹介します。

AppleStoreで交換する

AppleStoreで電池交換をすることができます。Appleサポートへ連絡をして、電池交換の旨を伝えましょう。近くにAppleStoreがある場合は、予約したうえでAppleStoreへ持って行きます。近くにAppleStoreがない場合は、配送修理となります。

AppleStoreでの交換の場合、AppleCare+foriPhoneに加入している期間で、蓄電容量が本体の80%未満に劣化している場合は無償交換してもらえます。iPhoneの扱いが悪く劣化以外の故障の場合は有償となります。AppleCare+foriPhoneの保証対象外の場合は、7800円(税別)費用がかかります。

iPhone修理専門店で交換する

AppleStore以外の修理専門店で電池交換することもできます。修理専門店の場合は、AppleStoreで有償交換してもらうよりも安く、2/3程度の価格での交換が可能です。修理時間も短い場合がほとんどで、1〜2時間で渡してくれる店舗も少なくありません。AppleCare+foriPhoneの保証期間内であれば、AppleStoreでの交換。AppleCare+foriPhone保証期間外であれば、AppleStoreか修理専門店のどちらかで交換してもらうと良いでしょう。

保証期間の確認方法

該当するiPhoneの保証内容を確認する方法は次の通りです。Appleの公式ホームページの「保証状況とサービス期間を確認する」を開き、iPhoneのシリアル番号を入力します。シリアル番号は、設定アイコンを開き、一般の情報を選択すると、一覧の中に表示されています。

電池交換する場合はバックアップを作成しておく

iPhoneの電池交換をする場合は、必ずバックアップを作成しておきましょう。バックアップはiCloudかiTunesを使って簡単に作成することができます。iCloudの場合は、設定でiCloudを開き、「バックアップ」から「iCloudバックアップ」をオンに変更します。そのうえで「今すぐバックアップを作成」を選択すれば、バックアップを取ることができます。wi-fiネットワーク環境下でおこなう必要があります。

iTunesでバックアップを作成する場合は、iTunesを開き、メニューの設定から、「デバイス」を開きます。開いたら「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックを入れ進めます。パソコンとiPhoneを接続し、「概要」から「今すぐバックアップ」を選択します。バックアップ作成が始まり、作成が完了したら、画面上部がAppleマークに変わります。

iPhoneの電池を長持ちさせる方法と耐用年数を最大化させる方法

ここでは、iPhoneの電池の耐用年数を少しでも長くする方法と、日々の電池の持ちを長くするための方法を紹介します。

50%程度の充電状態で保管する

iPhoneは常に100%の充電にするのではなく、余り使用しないときなどは50%程度の充電で保管することにより、電池の持ちが良くなります。充電を使い切った状態で保管すると、重放電という状態になり、充電された状態を長く保てなくなる場合があります。逆に、フル充電の状態で長く保管すると、電池の駆動時間の短縮の原因になる場合があります。特に長い時間使用しない場合は、フル充電も使い切りもせずに、50%程度の状態で維持するようにしてみましょう。

低電力モードを使用する

電池がなくなってきた際は、低電力モードを使用しましょう。低電力モードを使用することで、画面の明るさが調節され、アニメーションやバックグラウンド更新も最小化され、iPhoneのパフォーマンスを最適化してくれます。電池がなくなってきた場合は、低電力モードを多用するようにしましょう。

使わない設定をオフにする

画面の明るさの調節機能や、wi-fi機能、バックグラウンド更新、iCloud、位置情報サービス、視差効果など、不要な設定がある場合はオフにしておきましょう。オン設定にしていることで、電池の減りが早くなってしまいます。不要な設定をオフ設定にし、電池を長持ちさせるようにしましょう。

まとめ

今回は、iPhoneの電池交換をした方が良い場合と電池交換の方法について紹介いたしました。iPhoneを長く使っていて電池交換のサインが出ている方は、交換を考えてみましょう。電池交換せずに使い続けるとiPhone本体の故障の原因にもなり兼ねません。ただし、iPhoneの電池の寿命は2〜3年程度ですので、電池交換して同じiPhoneを使い続けるか、新しいiPhoneに機種変更するか迷うところでもありますので、慎重に検討してみましょう!ぜひ、参考にしてみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です