Home / Apple / iPhone / iPhoneの電池交換をした方が良い場合と電池交換の方法

iPhoneの電池交換をした方が良い場合と電池交換の方法

Pocket

困った

今回は、iPhoneの電池交換をした方が良い場合と電池交換の方法について紹介いたします。iPhoneの電池交換をいつ頃した方が良いのでしょうか?

ここでは、iPhoneの電池交換をした方が良い可能性があるサインについてと、電池交換する方法について解説しています。特に、同じiPhoneを長く使っている方は、ぜひ、参考にしてみてください!

電池交換が必要な場合は、交換するか、新しいiPhoneに機種変更するか検討してみましょう!

スポンサーリンク

iPhoneの電池交換をした方が良い場合

iPhoneの電池交換をした方が良い可能性があるサインについて紹介します。

電池の減りが異常に早い

iPhoneを使っていて電池の減りが異常に早い場合は、電池を交換した方が良いでしょう。フル充電していても夕方頃には充電がなくなってしまうくらい早い場合は電池の寿命の可能性が高いです。iPhoneの寿命はAppleの発表によると約3年です。そのため、大切に使っていたとしても3年程経てば、電池が寿命になってしまい、どんなに充電してもすぐに消費してしまいます。

また、400回程度、フル充電と放電を繰り返したら、フル充電してもとう当初の80%程度までしか充電ができなくなることも発表されており、場合によっては2年程度で電池の減りが極端に早くなります。アプリのバックグラウンド停止や視差効果を減らしたり、iCloudのオフ、通知機能の選定など、電池の減りを長持ちさせるような対策をしても電池の減りが早い場合は、交換のサインと考えましょう。

充電の%表示がおかしい

iPhoneの画面右上にある電池の%表示がおかしくなったら電池の交換をした方が良いでしょう。電池が寿命になると、%表示がおかしくなる場合があります。ずっと100%表示だったのに、いきなり20%に変わったり、20%表示になったと思ったらすぐに1%表示になったりと、一気に%表示が減ってしまうことが多くなります。iPhoneをある程度長くつかっていて、このような現象が現れた場合は、寿命の可能性が高いですので電池交換を考えましょう。

電池が膨張する

電池が寿命になると、電池が膨張することがあります。電池が膨張してiPhoneの裏ブタが開いたりする場合があります。このような現象が現れたら電池の交換を考えましょう。放っておくとiPhoneの故障の原因になります。

iPhoneの電池交換の方法

iPhoneの電池交換をおこなう場合の方法について紹介します。

AppleStoreで交換する

AppleStoreで電池交換をすることができます。Appleサポートへ連絡をして、電池交換の旨を伝えましょう。近くにAppleStoreがある場合は、予約したうえでAppleStoreへ持って行きます。近くにAppleStoreがない場合は、配送修理となります。

AppleStoreでの交換の場合、AppleCare+foriPhoneに加入している期間で、蓄電容量が本体の80%未満に劣化している場合は無償交換してもらえます。iPhoneの扱いが悪く劣化以外の故障の場合は有償となります。AppleCare+foriPhoneの保証対象外の場合は、7800円(税別)費用がかかります。

iPhone修理専門店で交換する

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

キャリア別に教えます!SMSを拒否する設定方法と注意点2つ

迷惑なSMSや苦手な人からのS …

Facebookでのご購読が便利です