Home / iPhone / iPhoneを買い換えた時のデータ移行の方法

iPhoneを買い換えた時のデータ移行の方法

Pocket

Appleは約1年から2年ほどの周期でiPhoneの新作を発表します。新機種を心待ちにしているiPhoneユーザーの方も多いのではないでしょうか。

iPhoneを機種変更した際に必ず行わなければならないのは、古いiPhoneから新しいiPhoneへのデータ移行です。もう十分に慣れているというヘビーユーザーの方でも、新作発表時は情報収集に余念がないためデータ移行に必要なバックアップ操作をうっかり忘れがちです。新機種をいつもの状態ですぐに使えるようにするために、iPhoneを買い換えた時のデータ移行方法をおさらいしておきましょう。2通りの方法がありますので、それぞれの方法をメリット・デメリットとともにご紹介します。

スポンサーリンク

iTunesを使用する

01
1つ目はiTunesを使用したデータ移行です。PCユーザーの方は音楽ライブラリとしても使用する機会が多いと思います。iTunesのバックアップ・復元機能を利用して、古い機種から新しい機種にデータを引き継ぐことができます。

iTunesを使用したデータ移行方法のメリット

iTunesを使用したデータ移行には次のようなメリットが挙げられます。

・音楽や映像、写真、アプリなど、iPhoneのデータを丸ごと移動できる
・日常的にiTunesを使っている方にとって操作がわかりやすい

古い機種のデータを新機種へ全て移動できることが最大の利点であるといえます。また、自宅のPCでiTunesを使用している方であればバックアップの作成操作も容易に行うことができるでしょう。

iTunesを使用したデータ移行方法のデメリット

メリットとは反対に次のようなデメリットもあります。

・バックアップに時間が掛かる
・PC環境が必須である

新機種にデータ移行するためのバックアップ作成には、iPhoneの容量が大きいほど時間が掛かります。また、iTunesを使用するためにはPC環境が必要であるため、PCをお持ちでない方はこの方法を実施できません。

iCloudを使用する

02
2つ目のデータ移行方法はiCloudを使用したやり方です。iCloudサービスのバックアップ機能を利用してデータ移行を行うことができます。

iCloudを使用したデータ移行方法のメリット

iCloudを使用したデータ移行のメリットには次のような内容が挙げられます。

・PC環境がなくても利用できる
・iTunesでのバックアップ方法に比べて短い時間でデータ移行が可能である

iCloudはiPhoneからアクセスできるため、PCがなくても操作できるのがこの方法のメリットです。また、iCloudによるデータ移行は音楽や映像データを一部移行できませんが、そのぶんiTunesを使用する方法よりも比較的短い時間でデータ移行を完了させることができるといわれています。

iCloudを使用したデータ移行のデメリット

iCloudでのデータ移行には次のようなデメリットがあります。

・データ通信量が大きく、Wi-Fi回線が必須
・音楽データと映像データは移行できない

iCloudを使用してデータをバックアップする際にはデータ通信を大きく消費します。加えて、新しいiPhoneでバックアップデータを復元する際にはWi-Fi回線が必須となっています。また、iTunesで購入した音楽や映像データは新機種に再ダウンロードできますが、それ以外の音楽・映像データの移行にはiTunesを使用する必要があります。

iTunesのデータ移行手順

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iphone_earphone

iPhoneを安く使う!購入の際の3つのポイントと3つの注意点

「iPhoneを買いたいけれど …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です