バックアップからiPhoneのデータを復元する方法

LINEで送る
Pocket

バックアップからの復元を行うことで、iPhoneを買い替えた時などに、それまでとまったく同じ環境で新しい端末をすぐに使い始められます。

本稿ではバックアップからiPhoneを復元する方法について説明します。

スポンサーリンク

iTunesから復元する

iTunesでiPhoneのバックアップを取っていた場合、Mac/Windows PCにiPhoneを接続して復元を実行できます。この方法はネットワークの状態に関係なく、安定した復元を実行できるというメリットがあります。

iCloudの「iPhoneを探す」機能を有効にしている場合、iTunesからの復元が実行できません。iTunesからの復元を行う前に「iPhoneを探す」を無効にしてください。

「iPhoneを探す」を無効にするには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. 「設定」アプリケーションを起動してください。
2. 「iCloud」をタップしてください。

01-tap-icloud

3. 「iPhoneを探す」をタップしてください。

02-tap-find-iphone

4. 「iPhoneを探す」のスイッチをオフにしてください。

03-turn-off-find-iphone

5. Apple IDのパスワードを入力してください。

iTunesから復元するには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. iPhoneをMac/Windows PCに接続してください。
2. Mac/Windows PCでiTunesを起動してください。
3. ウィンドウ上部のアイコンメニューから「iPhone」をクリックしてください。
4. サイドバーから「概要」を選択してください。
5. 「バックアップを復元…」ボタンをクリックしてください。

04-itunes-restore

6. ダイアログから復元したいバックアップを選択してください。

iPhoneのバックアップを暗号化していた場合、暗号化を解除するパスワードの入力を求められるので、パスワードを入力してください。

iCloudバックアップから復元する

iCloudバックアップを有効にしていた場合、iPhone単体で復元を行えます。別途Mac/Windows PCや接続ケーブルを必要としないのがこの手法のメリットです。

iCloudバックアップから復元するには、以下の手順にしたがって操作してください。

1. 「設定」アプリケーションを起動してください。
2. 「一般」をタップしてください。

05-tap-general

3. 「リセット」をタップしてください。

06-tap-reset

4. 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップしてください。

07-tap-remove-all-settings

5. パスコードを入力してください。
6. ダイアログが表示されるので「iPhoneを消去」をタップしてください。確認のためにもう一度出るので再度「iPhoneを消去」をタップしてください。

08-tap-remove-iphone

7. Apple IDのパスワードを入力してください。
8. iPhoneが初期化されます。
9. 初期セットアップのための設定アシスタントが起動します。
10. 設定アシスタントを進めていくと、バックアップを選択する画面が表示されます。ここで「iCloudバックアップから復元」を選択してください。

アプリケーションや購入したコンテンツのダウンロード

App StoreでダウンロードしたアプリケーションやiTunes Store、iBooks Storeで購入したコンテンツは、それら自体はバックアップには含まれていません。しかし、それらを購入した履歴は残っており、復元後に自動的にダウンロードされます。復元後にすぐにそれらが使用可能になるわけではないので注意してください。

まとめ

いかがでしたか? 本稿ではバックアップからiPhoneを復元する方法について説明しました。

iPhoneを買い替えた時など、バックアップからの復元を実行することで、それまでとまったく同じ環境で新しい端末をすぐに使い始められます。不慮の紛失や故障などの場合も同様ですので、ふだんからiPhoneのバックアップを作成しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です