iPhoneでAppleIDにクレジットカードを登録する方法とApplePayの使い方を紹介

LINEで送る
Pocket

90044e1efb77693418bcca20a8ecd6e9_s

iPhoneのAppleIDやApplePayにクレジットカードを登録すれば、買い物やサービスの利用が今まで以上にラクになります。

現金やクレジットカードの現物を持たなくてもiPhoneだけ持っていれば、コンビニやスーパー、雑貨屋、商業ビル、飲食店などの利用ができますし、iTunesやAppStoreでアプリや音楽、映画を購入することができます。

ここでは、AppleIDやApplePayにクレジットカードを登録する方法や使い方について紹介します。

特に、これからiPhoneを使い始める方は参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.iPhoneでAppleIDにクレジットカード情報を登録する方法

5d764b80341beb168a9552b0fb2205b6_s

AppleIDにクレジットカード情報を登録すれば、iTunesやAppStore、AppleStoreなどでの買い物がより便利にできるようになります。

登録は下記ステップで行うことができ、非常に簡単です。クレジットカードを手元に用意してさっそく登録してみましょう。

1.設定からiTunes Store/App Storeにサインインする

クレジットカードを登録するには、AppleIDの支払情報の変更が必要です。

そのため、まずは設定アイコンを開き「iTunes&AppStore」を選択します。iTunes&AppStore画面が開くとAppleIDが表示されていますのでタップします。

すると、「AppleIDを表示」「サインアウト」「iForgot」「キャンセル」と表示されますので「AppleIDを表示」を選択します。

「iTunesStoreにサインイン」の画面が表示されますので、AppleIDのパスワードを入力して「OK」をタップします。

2.アカウント管理画面で「お支払情報」を選択

パスワードが正しく入力された場合は、アカウントのページへ移行します。

アカウントページのメニューの中にある「お支払情報」を選択します。

3.アカウントのお支払情報を登録する

「アカウント設定」画面が表示されますので、「お支払方法の種類」でカード情報を入力し、請求先氏名・請求先住所などを入力して「完了」をタップすれば登録完了です。

2.iPhoneでのクレジットカード情報入力の危険性

iPhoneでクレジットカード情報入力をすることは、場合によっては非常に危険性の高い行為です。

万が一のことを考えて、しっかりとセキュリティ対策や記録を残さないようにしておきましょう。

クレジットカード情報が盗まれてしまうと、非常に大きな被害を被る可能性が高いです。

1.どうして危険なのか

AppleIDにクレジットカードの情報を入力したり、さまざまなサイトを利用する際にクレジットカード登録したりしますが、何も対策を行っていないと危険な場合があります。

なぜなら、iPhoneの紛失や盗難にあった場合にクレジットカード情報を盗まれる可能性があるためです。

また、万が一、ハッキングされても危険ですし、カード履歴だけでなくどんな商品を購入したか?という購入履歴まで蓄積されていき情報が漏れた場合は大変です。

特に、iPhoneをよく忘れる方や海外に行くことが多い方は注意が必要です。

2.危険回避のためにTouchIDやパスコード

iPhoneには必ずTouchIDやパスコード設定をしておきましょう。

ロック解除が面倒だからとTouchIDもパスコードも設定していないのは危険です。

万が一、紛失や盗難にあった場合は簡単に情報を盗まれてしまいます。TouchIDもパスコードも設定は簡単ですので、セキュリティのためにも徹底しましょう。

■パスコード設定方法

  1. ①設定アイコンを開きます
  2. ②メニュー一覧から「TouchIDとパスコード」を選択します
  3. ③「パスコードをオンにする」を選択します
  4. ④パスコードに設定したい任意の6桁の数字を入力します(英数字を使って複雑なパスコードにしたい場合は「パスコードオプション」を選択します)
  5. ⑤確認のため再度パスコードを入力すれば設定完了です

■TouchID設定方法

  1. ①設定アイコンを開きます
  2. ②メニュー一覧から「TouchIDとパスコード」を選択しパスコードを入力します
  3. ③「指紋を追加」を選択します
  4. ④画面の指示に従いホームボタンをタッチして指紋を登録します
  5. ⑤指紋の読み取りが完了すると「グリップ調整」を行い完了です

3.クレジットカード情報の自動入力をオフ

クレジットカード情報の自動入力がオンになっていると、手動で入力しなくてもすべて自動入力されます。

非常に便利な機能ではありますが、もし他人に使われた場合は非常に危険です。念のため、オフにしておくことをおすすめします。

自動入力をオフにする場合は、設定アイコンを開き「Safari」を選択します。次の画面で「パスワードと自動入力」を選択し「ユーザー名とパスワード」と「クレジットカード」をオフに設定します。

これにより、自動入力を防ぐことが可能です。

3.Apple PayでiPhoneにクレジットカードを登録する方法

iPhone7から搭載されたApplePayは非常に便利です。クレジットカードや交通系ICカード、電子マネーなどを登録でき、財布やカードの現物がなくてもiPhoneさえあれば買い物や電車に乗ることができます。

クレジットカードも簡単に登録ができるため、普段、街中でクレジットカード払いが多い方は、ApplePayに登録して、よりスムーズに買い物をしていきましょう。

1.アプリのWalletを起動する

ApplePayへの登録はwalletから行いますので、walletアプリを起動します。

2.カードを追加し情報入力を行う

walletが起動したら「カードを追加」をタップし、表示される枠に登録したいクレジットカードを合わせて読み込みします。

読み込みが完了したら、名義やカード番号などのカード情報が表示されますので間違いがないか確認をして、有効期限とセキュリティコードを入力します。

3.利用条件を確認する

セキュリティコードまで入力が終わると、利用条件の確認画面へと移行します。利用条件を確認し、問題がなければ「同意する」を選択します。

登録が完了するまで約20秒待ち、利用できるサービスを確認します。確認し問題がなければ「次へ」を選択します。

4.認証の方法を選ぶ

クレジットカードの認証方法を選びます。

仮に「SMS」を選択するとSMS宛に認証コードが送信されますので確認しましょう。

5.認証コードを入力する

認証コードを確認したら、入力して「次へ」を選択します。

「アクティベート完了」という画面が表示されればクレジットカードの登録が完了です。
これにより、ApplePayでクレジットカードの利用ができるようになります。
ApplePay対応店舗での買い物が今まで以上にラクになります。

まとめ

AppleIDにもApplePayにも簡単にクレジットカードの登録ができ、買い物やサービスの利用がより一層便利になります。

特に、ApplePayに関しては、iPhoneさえあれば多くのお店で支払いができ、現金やカードを持っていなくても何の不自由さもありません。

ApplePayは、クレジットカードだけでなく、電子マネーなども対応していますし、AppleWatchにも対応していますので、とても便利に使えます。

ただし、AppleIDにしてもApplePayにしても、iPhoneのセキュリティをしっかりと高めた上で使うようにしましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です