iPhoneの充電コード・充電ケーブルを無料で交換してもらえる方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneを使用する上で一番大切と言っても過言ではない充電ケーブル、パソコンに繋いで同期するときにも必要ですし、iPhoneのバッテリーを充電するのにも必要です。この充電ケーブルですが、何かの拍子に充電器が壊れてしまったり、充電ケーブルが断線して壊れてしまった人も少なくないと思います。壊れてしまった場合、iPhoneを充電できなくなりますのですぐにでも充電器・充電ケーブルの交換が必要になってきます。

買うとしてもそれなりの値段がしてしまう機器ですが、この充電器・充電ケーブルが無償で交換する方法があるのです。今回は、充電器・充電ケーブルを無償で交換する方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

iPhoneの充電器・充電ケーブルの無料交換方法

[1]

充電器・充電ケーブルの無償交換方法ですが、誰でもできるというわけではなく条件があります。一つは、iPhoneを購入してから1年以内の保証期間中であること。二つめは、人為的な破損ではないことが条件となっています。人為的な破損ではないのはどの程度なのか?例えば、充電器を水没させて壊してしまったり、力を込めてケーブルが断線してしまった場合は保証対象外になります。つまり、普通に使っていて経年劣化によるものであれば、交換することが可能ということです。

そして、iPhoneの保証期間を確認する方法ですが、iPhoneのシリアル番号を調べれば確認できます。

iPhoneのシリアル番号を調べる方法

iPhoneの電源が入る場合、IMEIの番号は設定から確認することができます。設定を開き、一般をタップし、情報をタップします。下の方にスクロールし、IMEIと書いてある欄の番号がシリアル番号です。この番号を長押しすれば、コピーすることも可能です。

iPhoneの電源が入らない場合

iPhoneの電池が切れており、充電もできなく設定から確認することができない場合でも確認することはできます。それは、本体に書かれているシリアル番号を確認すれば大丈夫です。iPhone本体に書かれているシリアル番号は文字が小さく分かりづらいかもしれませんが、後ろのAppleのロゴの下の「iPhone」と書かれている下に、小さい文字でIMEIと書いてあるのがシリアル番号です。

そこに記載されている番号をメモしておきましょう。

シリアル番号を確認したら

シリアル番号の確認ができたら、こちらのAppleのホームページに行きiPhoneの保証状況とサービス期間を確認しましょう。真ん中のところにシリアル番号を入力し、続けるを押します。次のページで、保証状況とサポート期間の詳細を確認することができます。項目は上から「保証を受けるのが有効な購入日」か、「電話のサポート」を受けることはできるか、「修理および修理サービスの保証範囲」かです。

このなかの、「修理および修理サービスの保証範囲」が有効(緑のチェックマーク)であれば、充電器と充電ケーブルの無償交換も対象となっているので、無償で交換することが可能です。

ホームページで交換を申し込む

壊れた充電器と充電ケーブルが保証対象であることを確認したら、次は交換を申し込みましょう。交換方法は自分から「Apple Storeに持ち込む」か、「配送」してもらうかの2種類から選びます。「配送修理」で申し込みをする場合、Appleのサポートページにアクセスをし、下の段の一番右にある「修理と物理的な損傷」を選択します。次に、左の列の上から二番目の「イヤフォン、ケーブル、またはアダプタの交換」を選択しましょう。

次のページで「配送修理」を選択し、iPhoneのシリアル番号を入力します。交換が必要な部品の種類を聞かれるので、「ケーブル」を選びましょう。ケーブル類の機器が出てきますが、最初から付属しているケーブルは「ケーブル、Lightning – USB、1M、世界共通」ですので、間違えて「2m ightning – USB ケーブル、WW」を選択しないようにしましょう。最後に、配送に必要な住所などの情報を入力して完了です。

このときに、クレジットカードの情報を入力する必要がありますが、新しいケーブルが届いてから古いケーブルを返送すれば料金は発生しないのでご安心ください。ただし、壊れた正規のLightningケーブルを返送しないでいると、料金が発生してしまうので注意をしてください。

Apple StoreやApple正規サービスプロバイダに持ち込む

先ほどの受けたいサービスを選択する画面で、「持ち込み修理」を選択した場合。Apple Store(直営店)やApple正規サービスプロバイダに直接持ち込んで交換を依頼することができます。「持ち込み修理」を選択した場合、最寄りのApple正規サービスプロバイダを検索する画面が出てきます。その画面から検索したい場所を選び、近くに該当する店舗があるか確認しましょう。こちらは郵送よりも早く対応してもらえ、直接スタッフに故障状態も確認してもらえたりするので便利です。

Genius Barなどは休日は非常に混みますので、事前に予約をしてから行くことをオススメします。

Appleのサポートセンターに電話

電話で申し込みをする場合、まず申し込むためにAppleのサポートセンターに電話をしましょう。その時に、あらかじめこちらの以下の情報を用意しておくとスムーズに進みます。「iPhoneのIMEI(シリアル)番号」「名前」「郵便番号含む住所」「連絡先電話番号」「連絡用メールアドレス」。準備ができたらApple Careに電話をかけましょう、Apple Careの営業時間は早い時間で終了してしまうので注意が必要です。

Apple Careサービスサポートラインの営業時間は平日は「午前9から午後7時」まで、土日は「午前9時から午後5時」までとなっています。電話をかけたらガイダンスが流れますので、オペレーターに繋がる番号を押します。オペレーターの方が出たら充電器・充電ケーブルが破損してしまったことを伝え、無償交換の手続きをします。手続きが完了し、手元に届くまでに早くて約2日から3日ほど、最長1週間で届くと思います。

手続きが完了したら届くのを待つのみ

[2]

以上の手続きでLightningケーブルの交換手続きは完了です。後日Lightningケーブルが届いたら、壊れたLightningケーブルを配送業者に渡して返送すれば大丈夫です。しかし、届くまで待てない場合や万が一のために、予備の機器を用意しておくのが無難かと思います。iPhoneの純正充電器やケーブルは、iPhoneの保証期間であれば無償で交換することができますが、もし仮に保証期間を過ぎていた場合、Apple公式サイトでも買うことはできますが、やはり値段はそこそこ高く決して安い買い物ではありません。

確かに、Appleの純正の充電器でないとiPhoneが故障する心配もあります。それがどうしても心配な方は、保証期間が過ぎており有償になってしまったとしても純正機器を使うのがいいと思います。純正が届くまでの間に合わせで使うだけな場合、他のメーカーが出しているLightningケーブルでもいいかと思います。有名なメーカーといえば「ELECOM」やApple MFi認証取得のケーブルなどが、純正よりは比較的安値で売っていますので、こちらもオススメします。

まとめ

iPhoneが故障してしまった場合、修理に出すときにシリアル番号が必要になる場面は少なくありません。今は困っていなくても、いざというときのためにiPhoneのシリアル番号を記録しておくのがいいかと思います。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です