iPhoneのカメラロールって何?カメラロールの設定方法とカスタマイズ

LINEで送る
Pocket

25eaf572509b5f7ed9d12df82ae94631_s

今回は、「iPhoneのカメラロールって何?カメラロールの設定方法とカスタマイズ」について紹介していきます。普段使っているiPhoneには、見慣れていますが、実はあまり理解できていない設定や言葉がたくさんあります。カメラロールもその中の1つです。

今回は、カメラロールに関して、また便利なカメラロールの設定方法や写真アルバムのカスタマイズについて紹介しています。多くのiPhoneユーザーがカメラを使いますので、より便利に管理していくためにも、ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneのカメラロールって何?カメラロールの設定方法とカスタマイズ

iPhoneのカメラロールって何?

iPhoneで撮影した画像はすべてカメラロールに保存されるようになっています。カメラロールにはiPhone端末内にある写真がすべて保存されています。

そのため、たとえば同じアカウントでiPadも使っていたとしてiPadで撮影した画像などは、iPhoneのカメラロールに保存されることもありません。あくまでその端末内の写真のみがカメラロールには保存されるようになっています。

カメラロールとフォトストリームとの違い

カメラロールとは違い、フォトストリームはAppleのiCloudを使用したものになり、端末内な写真だけでなくiCloudサーバーに保存されている写真がすべて保存されます。

そのため、iPhone以外にもiPadなどを使っている場合は、iPadで撮影した画像もiCloud設定をしているようであれば、フォトストリームに保存されます。カメラロールより画像数が多いのが一般的です。フォトストリーム設定は自身でコントロールすることができます。iCloud設定・フォトストリーム設定をオフにすれば保存・表示もされません。

また、Wi-Fiネットワークに接続しているときに同期されるようになっていますので、Wi-Fiネットワークに接続しない限りは、画像がフォトストリームに同期されることはありません。そして、フォトストリームにアップされた写真は30日間表示されます。30日を超えると自動で削除されていきます。もちろん各端末内の同じ写真は残ったままです。また、フォトストリームには画像のみの反映で動画は反映されません。

表示される画像数は上限が1000枚と決まっていますので、1000枚を超えるようだと古いものから自動で削除されていきます。時期がくるか、上限に達すると自動で削除されていってしまいますので、各端末で撮影した画像のあくまでバックアップ的な役割となります。

Wi-Fiネットワーク化であれば、iPhone以外にiPadやMacパソコン、AppleTVなどと簡単に写真の共有をおこなうことができる便利なサービスでもあります。iPhone1台しか使っていない場合は、カメラロールの画像とフォトストリームの画像はほとんど同じになります。

iCloudフォトライブラリの同期設定

iPhone端末で撮影した画像をWi-Fiネットワーク接続時に自動で、自身のiCloudへアップロードしてくれる設定です。iCloudにアップロードすることにより、iPadやMacパソコンなど、自分が使っているすべてのデバイスから画像にアクセスできるようになります。

iCloudフォトライブラリの同期設定方法は、設定アイコンを開き、写真とカメラを選択します。そして、1番上に表示されている「iCloudフォトライブラリ」をオンに設定します。これにより、Wi-Fiネットワーク接続時に自動でiCloudフォトライブラリへ同期されるようになり、他の端末からも画像にアクセスできるようになります。

画像や動画の容量を抑える設定

iPhoneの空き容量が少なくなった場合に、画像や動画の容量を自動で抑え容量の消費を最低限にしてくれる設定ができます。フル解像度の画像や動画を容量と画質などをふまえ自動で最適化をしてくれる、というものです。これによりiPhone端末の容量を極力減らさなくて済みます。

最適化された画像や動画はiPhone内に保存され、最適化される前のフルバージョンの画像や動画はiCloud内に保存されるようになりますので、フルバージョンのものも最適化されたものも両方残すことができます。設定方法は、設定アイコンから写真とカメラを選択します。

そして、「iPhoneのストレージを最適化」と「オリジナルをダウンロード」とありますので、「iPhoneのストレージを最適化」にチェックを入れたら設定完了です。

iCloudで簡単に写真共有する設定

iCloud写真共有を使えば、簡単に家族や友人、恋人と画像や動画を共有することができます。設定方法は、設定アイコンを開き、iCloudを選択します。そして、写真を選択し、iCloud写真共有をオン設定にします。これで、最大100人と画像や動画を簡単に共有することができます。

共有した画像や動画にはコメントを付けたりすることもできます。使い方は簡単で、iCloud写真共有から新しい共有アルバムを作成し、招待したい人の名前を入力していきます。問題なく招待された人達とアルバムに追加されていった画像や動画を共有したり、コメントやいいね!ができ、さらに気に入った画像や動画があれば、すぐに自身のiPhone内に保存することもできます。

様々なファイル形式に対応しており、スローモーション、タイムプラス、4Kビデオなどにも対応しています。最大5000枚の画像や動画を保存することができますので、様々なシーンで利用することができます。もちろん、アップした画像や動画は、すぐに削除することもできます。

写真アプリ内を整理したい場合

簡単に自分の好きな画像のみを保存したアルバムを作成することができます。写真アプリを開き、画面左上の+マークをタップします。これで新規アルバム作成画面となり、アルバムの名前の入力画面になります。

好きなアルバムの名前を入力し、保存します。すると、そのアルバムに保存する写真の選択画面に移ります。好きな写真を選択し、完了を選択します。すると、写真アプリのトップ画面のアルバム一覧の中に先ほど作成したアルバムが追加されます。これにより、シチュエーション別などのアルバムを簡単に作成でき、整理することができます。

特定のアルバムを削除したい場合は、アルバム一覧の画面で画面右上の編集をタップします。すると、作成したアルバムの左側に「—」マークが表示されますのでタップすると、削除ボタンが表示されますのでタップすると削除完了となります。新規で作成したアルバムを削除したからといって、カメラロールの写真は削除されません。写真が多く、様々なシーン別に管理していきたい人におすすめの方法です。

まとめ

今回は、「iPhoneのカメラロールって何?カメラロールの設定方法とカスタマイズ」について紹介いたしました。

カメラロールとフォトストリームと共に、しっかりと使い方を把握することで、より便利にiPhoneやその他デバイスとの連携を図ることができるようになります。また、写真の保存方法や共有方法など、便利な設定方法がたくさんありますので、より、iPhoneを便利に使っていくためにも、各使い方や設定方法をしっかりと把握しておきましょう!

簡単に大人数やグループで画像や動画を共有することができるiCloud写真共有などは、非常に便利でもありますので、興味がある方は、ぜひ、1度、試してみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です