Home / Apple / iPhone / iPhoneのカメラロールって何?カメラロールの設定方法とカスタマイズ

iPhoneのカメラロールって何?カメラロールの設定方法とカスタマイズ

今回は、「iPhoneのカメラロールって何?カメラロールの設定方法とカスタマイズ」について紹介していきます。

普段使っているiPhoneには、見慣れていますが、実はあまり理解できていない設定や言葉がたくさんあります。カメラロールもその中の1つです。

今回は、カメラロールに関して、また便利なカメラロールの設定方法や写真アルバムのカスタマイズについて紹介しています。

多くのiPhoneユーザーがカメラを使いますので、より便利に管理していくためにも、ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

iPhoneのカメラロールって何?カメラロールの設定方法とカスタマイズ

iPhoneのカメラロールって何?

iPhone_flowers

iPhoneで撮影した画像はすべてカメラロールに保存されるようになっています。

カメラロールにはiPhone端末内にある写真がすべて保存されています。

そのため、たとえば同じアカウントでiPadも使っていたとしてiPadで撮影した画像などは、iPhoneのカメラロールに保存されることもありません。

あくまでその端末内の写真のみがカメラロールには保存されるようになっています。

カメラロールとフォトストリームとの違い

カメラロールとは違い、フォトストリームはAppleのiCloudを使用したものになり、端末内な写真だけでなくiCloudサーバーに保存されている写真がすべて保存されます。

そのため、iPhone以外にもiPadなどを使っている場合は、iPadで撮影した画像もiCloud設定をしているようであれば、フォトストリームに保存されます。

カメラロールより画像数が多いのが一般的です。

フォトストリーム設定は自身でコントロールすることができます。

iCloud設定・フォトストリーム設定をオフにすれば保存・表示もされません。

フォトストリームとの同期はWi-fi接続をした時

また、Wi-Fiネットワークに接続しているときに同期されるようになっていますので、Wi-Fiネットワークに接続しない限りは、画像がフォトストリームに同期されることはありません。

そして、フォトストリームにアップされた写真は30日間表示されます。

30日を超えると自動で削除されていきます。

もちろん各端末内の同じ写真は残ったままです。また、フォトストリームには画像のみの反映で動画は反映されません。

表示される画像数は上限が1000枚と決まっていますので、1000枚を超えるようだと古いものから自動で削除されていきます。

時期がくるか、上限に達すると自動で削除されていってしまいますので、各端末で撮影した画像のあくまでバックアップ的な役割となります。

Wi-Fiネットワーク化であれば、iPhone以外にiPadやMacパソコン、AppleTVなどと簡単に写真の共有をおこなうことができる便利なサービスでもあります。

iPhone1台しか使っていない場合は、カメラロールの画像とフォトストリームの画像はほとんど同じになります。

iCloudフォトライブラリの同期設定

iPhone端末で撮影した画像をWi-Fiネットワーク接続時に自動で、自身のiCloudへアップロードしてくれる設定です。

iCloudにアップロードすることにより、iPadやMacパソコンなど、自分が使っているすべてのデバイスから画像にアクセスできるようになります。

iCloudフォトライブラリの同期設定方法は、設定アイコンを開き、写真とカメラを選択します。

そして、1番上に表示されている「iCloudフォトライブラリ」をオンに設定します。

これにより、Wi-Fiネットワーク接続時に自動でiCloudフォトライブラリへ同期されるようになり、他の端末からも画像にアクセスできるようになります。

 

画像や動画の容量を抑える設定方法

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneにファイルをダウンロードする方法

iPhoneでPDFなどのファイルをダウンロードする方法

今回、iPhoneでPDFなど …

Facebookでのご購読が便利です。