iPhoneとGoogleカレンダーを同期するための設定方法と確認項目

LINEで送る
Pocket

いろいろな種類のカレンダーアプリが出ていますが、Googleアカウントやアプリの利用度が高い方はカレンダーもGoogleをメインに使っている方も多いのでないでしょうか?カレンダーアプリの他にも「Gmail」や「Google maps」といった様々な便利なアプリを出しているGoogleですが、項目がたくさんあるせいでiPhoneの純正カレンダーとGoogleカレンダーの連携がなかなかうまくできない方もいると思います。

今回はiPhoneの純正カレンダーとGoogleカレンダーを同期するために必要な設定と、確認項目についてご説明したいと思います。

スポンサーリンク

iPhoneカレンダーとGoogleカレンダーの同期方法

[1]

まず、簡単にGoogleカレンダーの特徴から紹介したいと思います。Googleカレンダーの大きな特徴として、画面にイメージイラストが表示されるので直感的にスケジュール確認がしやすいところにあります。他のカレンダーアプリと違い、Googleカレンダーのスケジュール項目では月表示のラベルや予定にイメージイラストが表示されます。

また、予定のタイトルにイベントとなるキーワードを入れることにより、予定に適しているイラストが自動で表示されたり、待ち合わせ場所を入力した場合は写真や地図が自動的にサムネイルとして表示されます。カレンダーアプリの場合、文字だらけになってしまいゴチャゴチャして見辛くなってしまうことがよくありますが、イメージイラストや現地の写真が追加されることにより、直感的にそのときの予定が把握しやすくなります。

しかし、デメリットとして予定が多い場合は表示される予定件数が少なくなるので、逆に表示される予定数が少なくなってしまう場合もあるので注意が必要です。仕事もプライベートも、モバイル版のカレンダーだけを使いたいiPhoneユーザーの方にはオススメのカレンダーアプリだと思います。iPhoneユーザーにはまさにオススメのアプリなのですが、ここで大きな壁が立ちふさがります。それは”同期がうまくできない”という問題です。実際にネット上でも同じような問題を抱えている方はたくさんいます。

そういった方達のために、今日はiPhoneカレンダーとGoogleカレンダーの同期がうまくいかないときに確認するポイントをご紹介したいと思います。

iPhoneにGoogleアカウントを同期する

まず大前提として、iPhoneにGoogleアカウントを同期させていなければいけません。同期といってもiPhoneの設定アプリからできますので、初心者の方でも悩むことはないと思います。まずはiPhoneの設定アプリを開きます、設定アプリから「メール/連絡先/カレンダー」をタップします。次に「アカウント」の項目にある「アカウントを追加」をタップし、「Google」をタップします。

ログイン画面が表示されるので、同期させたいGmailアドレスを入力し「次へ」をタップ、次にパスワードを入力しログインをします。ログインが完了したら「保存」をタップしましょう。このとき「カレンダー」がちゃんとオンになっているかチェックし、オンになっていればそのまま「保存」をタップし完了です。「メール/連絡先/カレンダー」のところに「Gmail」のアカウントが表示されていれば、iPhone側の設定はこれで終わりです。

次にGoogle側のカレンダー機能を設定する

上でしたのはあくまで「iPhone側の設定」だけですので、次にしなくてはいけないのが「Google側のカレンダー共有設定」を確認することです。Google側のカレンダー共有機能がオフになっていると、iPhoneにGoogleアカウントを登録しただけではまだGoogleカレンダーと同期することはできません。まずは、safariで以下のGoogleカレンダーの設定ページを開きログインしましょう。

共有したいカレンダーにチェックを入れて、「保存」をタップします。これでGoogleカレンダーがiPhoneのカレンダーでも表示できるようになりました。iPhoneのカレンダーアプリを開き、画面下にある「カレンダー」の項目をタップして確認をしてみましょう。カレンダーの一覧に、先ほど追加したGmailアドレスが表示されていれば設定完了です。チェックマークが付いていない場合は、タップしてチェックマークを付ければiPhoneのカレンダーに予定が表示されるようになります。

もし表示されていない場合、一度リストを下に引っ張りカレンダーの情報を更新すれば表示されるはずです。

iPhoneのカレンダーから予定を登録する

ここまでの設定で問題なくできていれば同期されているはずですので、iPhoneのカレンダーでGoogleカレンダーに登録された予定などが見れるようになっています。次はiPhoneのカレンダーからGoogleカレンダーへの予定を追加する方法を説明します。まずはカレンダーを開いて右上にある「+」をタップしましょう。新規イベントの追加項目が出ますので、「カレンダー」の項目をタップします。

カレンダーの項目を開くと先ほど登録したGmailのカレンダーがあるのでそれをタップします。この状態で新規イベントを追加すれば、Googleカレンダーにも新規イベントが反映されます。同期設定をする前に登録していたiPhoneカレンダーのイベントも、編集画面を開き同じように「カレンダー」をGoogleカレンダーに変更すれば反映することができます。

Googleカレンダーを有効活用する

[2]

自分専用のカレンダーとして使えるのはもちろん、一番のメリットとしてネット上でスケジュール管理をするのに役に立つところだと思います。例えば、会社の同じプロジェクトメンバー同士で会議を開きたいときなど、スケジュールを共有すれば空いている時間をすぐに確認できるのでいちいち確認する手間がかかりません。

それだけではなく、プライベートでも飲み会やイベントの予定を決めるときなどの日程の調節にも使えて非常に便利です。Googleカレンダーを他の人と共有する方法は簡単ですので、ぜひ皆さんも設定してみてください。

Googleカレンダーを共有する方法

まずはGoogleにログインをし、カレンダーのページを表示します。そして新たに共有用のカレンダーを作成しましょう。マイカレンダーのところにある「▼」をタップし「新しいカレンダーを作成」を選択します。次に表示される画面で、目的にあったカレンダーの名前を入力し、「特定のユーザーと共有」の項目で共有したい人のGmailアドレスを入力し、閲覧権限レベルを選択します。閲覧権限レベルの設定は以下の4つの「変更および共有の管理権限」「予定の変更権限」「閲覧権限」「予定の時間枠のみを表示」です。

この権限の中でも重要なのが、「変更および共有の管理権限」と「予定の変更権限」です。「変更および共有の管理権限」は、共有相手もカレンダーの予定と共有設定を自由に変更することができます。この権限はプロジェクトリーダーや幹事の方だけにしておくのが無難かと思います。「予定の変更権限」は、共有相手がカレンダーの予定を変更することができます。自分以外の他の方はこの設定にすることをオススメします。

閲覧権限レベルを選んだら「ユーザー追加」をタップし、追加したいユーザーがちゃんと追加されたのを確認してから「保存」をタップしましょう。これだけで共有は完了です、共有した相手にはカレンダーの共有についての通知メールが届きますので、通知メールがちゃんと届いてるかも確認をして間違えていないか確認もしましょう。

同期をするだけでこんなに便利に

[3]

実際にiPhoneカレンダーとGoogleカレンダーの同期で困っている場合、iPhoneかGoogleどちらかの共有設定ができていないという場合がほとんどです。複雑に考えずに、まずは基本の設定を確認してみれば解決できると思います。便利な機能ですので、ぜひ皆さんもカレンダーの同期をしてみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です