意外と簡単?自分でiPhoneを分解・修理するには

LINEで送る
Pocket

653a11825b09240a0504a431f26dc061_s

iPhoneのフロントパネルが割れたり、バッテリーの具合が悪くなったり、バックカメラが壊れたり、、、など、iPhoneが故障して困ったことはありませんか。AppleCare+に加入していて安く修理できるのであればAppleStoreへ持っていけば安く修理が可能です。しかし、AppleCare+対象外の故障の場合は、加入していない場合は多額の修理料金が発生します。街にあるiPhone修理店でも同様です。

自分で分解・修理ができればAppleStoreやiPhone修理店で修理するよりも半額程度のコストで直せます。「自分での分解や修理は何だか難しそう。。」というイメージがあるかもしれませんが、意外に簡単だったりします。ここでは、iPhoneの分解・修理方法について紹介します。

スポンサーリンク

1.自分でiPhoneを分解するために

b98ebe9a853df9fb6e96fa761eb968d7_s

iPhoneの分解・修理ができるのは専門家だけではありません。私達でも方法さえ知れば分解や修理が可能です。ここでは、自分で分解する人が多い理由や必要な道具、気をつけることなどについて確認していきましょう。

1.なぜ自分で分解する人が多いのか

iPhoneの修理をAppleStoreやiPhone修理店を利用せず、自分で行う人が増えています。これは、AppleStoreや修理店に分解・修理をしてもらうと多額の修理料金がかかり、自分でやった方が安いためです。

例えばAppleStoreでの画面の損傷修理の場合、AppleCare+に加入していないと16800円(iPhone7Plusの場合)もかかります。iPhone修理店でも1万円前後かかる店舗が少なくありません。しかし、修理を自分で行えば、材料費しかコストがかかりませんので安く済ませることが可能です。

2.分解に必要な道具

iPhoneの分解・修理をする上で必要となる基本の道具は下記の通りです。

  1. 星形ドライバー
  2. 00番のプラスドライバー
  3. スパジャー
  4. ヘラ
  5. ピンセット
  6. オープナー(吸盤)

まず、iPhoneのネジは特殊な星形ですので、ネジを開けるために星形のドライバーが必要です。そして、iPhone内部には+のネジが多いため00番プラスドライバーも要ります。また、ヘラやスパジャー、ピンセットがあることで分解箇所を傷付けず分解効率を上げれます。オープナー(吸盤)については、iPhoneのディスプレイを開ける際に使えます。

3.分解する上での注意点

iPhoneを分解・修理する際は、必ず事前にバックアップを取りましょう。これは、自分で修理をする時に限らず、AppleStoreやiPhone修理店に持ち込む場合も同様です。修理内容によってはデータが消える可能性もあるため、バックアップを取っておかないと後で自分が困ってしまいます。バックアップはiCloud、もしくはiTunes経由で記録できますので、必ず忘れないようにしましょう。

iCloudでバックアップ

  1. iPhoneの「設定」アイコンから「バックアップ」を選択します
  2. 「バックアップ」の画面から「iCloudバックアップ」を「オン」へ設定します
  3. 「iCloudバックアップを開始」の確認画面が表示されるので「OK」を選択します
  4. 「今すぐバックアップを作成」が表示されるので選択します
  5. iCloudによるバックアップが開始されるのでしばらく待つとバックアップが完了します

iTunesでバックアップ方法

  1. iTunesを開き「編集」を選択、「設定」をクリックします
  2. 設定画面の中から「デバイス」を選択して、「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない」にチェックを入れて進めます
  3. LightningケーブルなどでiPhoneとパソコンを直接接続して画面上に表示されているiPhoneのアイコンをクリックします
  4. 「概要」の中から「今すぐバックアップ」を選択します
  5. バックアップが開始されますので画面上部にAppleのマークが表示されるとバックアップ完了です

2.iPhoneを分解する手順とコツ

iPhoneを分解する際の大事な手順や注意点について、しっかりと把握しておきましょう。

1.iPhoneの星形ネジを外すことから始まる

iPhoneを分解する際に、必ず最初に行う作業です。iPhoneの底面には星形のネジが付いており、星形用のドライバーを使って外します。このネジを外すことで、フロントパネルを本体から外せるようになり、本体内部の修理・交換ができるようになります。

2.それぞれのケーブル・コネクタなどは傷付けないようにする

iPhoneは電子機器であり、内部は慎重に扱わなければより大きな故障の原因になります。ケーブルやコネクタ、テープなどもピンセットやヘラ、スパジャーなどを使い、断線させたり傷付けないように触りましょう。

3.パーツ別の交換方法

ここでは、フロントパネル、バッテリー、バックカメラの基本的な交換方法について確認していきましょう。これらの3つのパーツが故障が多く修理をしたい部分でもあるのではないでしょうか。

1.フロントパネル

iPhoneのフロントパネル、所謂ディスプレイを交換する場合は下記方法で行います。

  1. まず星形ドライバーでiPhoneの底面にあるネジを外します
  2. オープナーを使ってフロントパネルを持ち上げ剥がします
  3. フロントパネルと本体を繋いでいるケーブルを外します
  4. 次に近接センサーとフロントカメラのケーブルを外します
  5. ホームボタンの固定版とケーブルのコネクタを外し表からホームボタンを押しフロントパネルから剥がします
  6. ネジを外しバックプレートを外します
  7. そして新しいフロントパネルに、今まで外したフロントカメラや近接センサー、バックプレートなどを移植して組み立てるだけです

2.バッテリー

バッテリーを交換する場合の方法は下記の通りです(iPhone7の場合)。

  1. SIMカードを外します
  2. 上記のフロントパネルの修理時と同じようにしてフロントパネルを本体から外します
  3. 開封したらバッテリーのコネクタをロジックボードから外します
  4. ロジックボードを外すために先に鉄のプレートをY字ドライバーを使って外します
  5. 鉄のプレート・ロジックボードを外した後はバッテリーの取り外しを行います
  6. バッテリーは本体にテープで固定されていますが補助テープをピンセットなどで外しバッテリーを取り外します
  7. 後は新しいバッテリーを取り付け元に戻せば完了です

3.バックカメラ

iPhoneのバックカメラを交換する方法は下記の通りです(iPhone6の場合)

  1. フロントパネルを開けて電流が流れないようにバッテリーのコネクタまで外します
  2. フロントパネル側と本体側の2つに分けます
  3. バックカメラに付いてるネジを2本外し、シルバーのプレートを外します
  4. そしてすぐ下にあるコネクタで繋がれている部分も外します
  5. これでバックカメラの取り外しができますので、新しいバックカメラへと交換をします

まとめ

iPhoneの修理は、必ずしもAppleStoreやiPhone修理店で行わなければならないわけではありません。自分で分解して修理することも可能です。そうすることで、低コストで修理することができます。

ただし、必ず事前にバックアップを取りましょう。また、自分で分解・修理する場合は、失敗するとiPhoneが余計に故障する可能性がありますので、その点を理解した上で慎重に行ってください。できれば、もう使わなくなったiPhoneで分解・修理の練習をすることです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です