iPhoneを衝撃から守るバンパーの選び方

LINEで送る
Pocket

iPhoneを購入したら、本体と同じくらい慎重に選びたいのがiPhoneカバーです。優れたデザインで個性を打ち出すのに一役買ってくれるiPhoneカバーですが、手元の操作を誤って本体を地面に落としてしまったとき、iPhoneを衝撃から守ってくれることが大きなメリットといえます

今回はiPhoneカバーのなかでも『バンパー』に着目して、バンパーの役割やおすすめの材質を詳しくご紹介します。これまで、ブランドや外観のデザインでiPhoneカバーを選んでいた方は、バンパーの機能性にぜひ注目してみてください。

スポンサーリンク

バンパーは傷つきがちな側面を衝撃から守る

01

iPhoneケースでいうところのバンパーとは、iPhoneの側面を覆って、本体を落としてしまったときの衝撃を緩和してくれるアクセサリーです。iPhoneの側面は傷つきやすいアルミ製で製造されており、普通に使っているだけでもコーティングが少しずつはがれていってしまいます。バンパーを取り付けることによって衝撃だけでなく、コーティングの剥離からもiPhoneを守ることが可能です。

バンパーは側面を覆うアクセサリーのため、iPhone本体のデザインを壊さないのも魅力の1つです。手帳タイプに代表されるiPhoneケースは本体を丸ごと隠してしまうため、意匠を凝らしたiPhone本来のデザインを楽しみたい方にとっては不向きといえます。その点、バンパーは本体を覆うことなく、側面に取り付けるだけなのでiPhone本来の個性を失うことがありません。

操作に関しても、手帳タイプではベルトの取り外しが必要ですが、バンパーは画面を覆うことがないため、iPhoneをポケットから取り出したらすぐにタッチができます。バンパーはiPhone本来のデザインを邪魔することなく、実用性や操作性に優れたアイテムです。
それでは次項から材質ごとにおすすめのiPhoneバンパーをご紹介します。

【TPU素材】安価で弾力性に優れたバンパー

02
出典:http://www.amazon.co.jp/

iPhoneなどのスマホ用ケースとしてよく使われる素材にTPU素材があります。TPUとは熱可塑性ポリウレタンのことで、ゴムのような弾力性で衝撃を吸収してくれる材質です。ハードなプラスチック系素材とソフトなビニール系素材の良い部分を集合させたハイブリッドさが持ち味となっています。ベタつくことなく、ホコリなどのゴミが付着しづらいため、長期間使用しても不快感を感じません。

JETech iPhone SE/5/5sはTPU素材を使用している代表的なバンパーであり、大手通販サイトamazonのiPhoneケースランキングでも常に上位をキープする人気商品です。

TPU素材ならではのフィット感やホールド感に定評があり、しっかりと手になじむグリップ感も実現しています。イヤホンや充電コネクタの装着もさまたげることのない作りとなっており、ストレスを感じさせない一体感です。落下時のダメージから本体を守るクッション性にも優れています。

カラーバリエーションはクリアやグレー、ゴールドなど、iPhone本体のカラーリングに準じたラインアップで展開されています。特にクリアはその名のとおり透明度が非常に高く、シンプルイズベストを地で行くようなたたずまいが魅力です。

このクオリティの商品が\1,500以下という低価格で手に入るのも人気の理由です。iPhoneケースのことは気になるけれど、どのケースを選んだらいいか迷っている方は、入門編としてシンプルなJETech社のバンパーから始めてみてはいかがでしょうか。

【アルミフレーム】iPhoneにフィットするスタイリッシュなバンパー

03

出典:http://www.amazon.co.jp/

ESR社のバンパーは内側には先ほどご紹介したTPU素材が使用されていますが、外側には強化アルミ合金が採用されています。

外側にアルミ合金によるフレームを採用したことにより、エッジの際立つスタイリッシュなデザインに仕上がっています。iPhoneの美しいカーブを正確に再現し、バンパーを装着した際のフィット感も抜群にマッチングします。側面の音量スイッチはメタル素材のボタンでカバーしており、傷つきやすい側面をしっかりガードしているのもうれしい仕様です。このボタンは本体との接触部分にスエード生地が挟まれているため、バンパーと本体が直接触れることのない操作設計となっています。

8.7mmという薄さ、9.5gという軽さで、装着時の重さもほとんど気になりません。バンパー装着後の厚みは装着前と比べて、わずか1mmです。カラーリングもゴールド、ブラック、グレーとiPhone本体のカラーに合わせて展開しているため、本当に装着されているのか見紛うほどの一体感となっています。

さらに、こちらはスマートオープンループのメタルフレームを材質として使用したことにより、電波のキャッチを阻害することがありません。着脱も簡単のため、iPhone本体のデザインをそのまま残したい方はこちらのバンパーがおすすめです。

【ジュラルミン】航空機にも採用される高強度なバンパー

04
出典:http://www.amazon.co.jp/

落下時の衝撃からiPhoneを必ずガードしたいという方におすすめなのが、SQUAIR社のThe Edgeです。The Edgeのバンパーは素材にジュラルミン合金を使用しています。ジュラルミン合金は航空機などにも使われる強度に優れた材質であり、加えてプラスチックほどの軽さを誇ります。The Edgeのバンパーはわずか15gですが、他のどんな素材でも実現できない耐久性が兼ね備えられています。

高級仕様ということもあり、装着も難しいのかと思いきや、ドライバーやネジを一切使用しない親切設計が施されています。上部と下部のバンパーをスライドさせてかみ合わせれば装着完了というシンプルさ。「煩わしいものはなくしてしまおう」というThe Edge社のポリシーをもとに考案された設計のようです。

ジュラルミンを素材とするバンパーはハイエンドクラスで\150,000以上ですが、The Edgeは\17,000とお値頃価格で販売されています。iPhoneに起こりうるアクシデントを防ぐためにも、ぜひ検討してみてください。

ケース嫌いなジョブズ氏もバンパーは認めていた?

初めての方でも安心なお値打ち価格のモデルから、高級素材を使用したハイエンドクラスのモデルまでiPhoneのバンパーをご紹介しました。iPhoneの生みの親でもあるスティーブ・ジョブズ氏はiPodやiPhoneに付けるカバーはセンスがないとして、こんな名言を残しています。

「僕は、擦り傷のついたステンレスを美しいと思うけどね。僕たちだって似たようなもんだろう?僕は来年には五十歳だ。傷だらけの iPod と同じだよ」

出典:スティーブン・レヴィ『iPod は何を変えたのか』(142ページ)

Appleの製品にケースを付けることを極端に嫌っていたジョブズ氏ですが、その言葉どおりAppleから公式なiPhoneケースは長らく販売されませんでした。
現在ではバンパーだけでなく、ケースもApple公式製品が販売されていますが、初めてのApple公式ケースはiPhone4用のバンパーでした。

このバンパーはiPhone4発売直後の電波問題を解消するためのアクセサリーとして無償配布されましたが、iPhone本来のデザインを損なわず、機能性と実用性を兼ね備えたバンパーならジョブズ氏も認めていたのかもしれません。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です