iPhoneで利用できるウェブブラウザの特徴

LINEで送る
Pocket

iOSにはウェブブラウザとして「Safari」が標準搭載されています。iOSは標準のウェブブラウザを変更できず、他のアプリケーションからURLをタップしたときなどは基本的にはSafariが起動するので、Safariをメインのウェブブラウザとして使っているひとも多いでしょう。

しかしながら、iOS用のウェブブラウザは他にも多数存在し、それぞれに異なった便利な特徴を備えています。本稿ではiPhoneで利用できる代表的なウェブブラウザの特徴を紹介します。

スポンサーリンク

Chrome

ChromeはGoogleが開発し、無料配布しているウェブブラウザです。

01-chrome-icon

Chromeの特徴のひとつは「データセーバー」です。データセーバーを有効にすると、ウェブページへのアクセスがGoogleのサーバーを経由するようになります。GoogleのサーバーからiPhoneへ通信する際にはデータが圧縮され、読み込み待ちの軽減やデータ通信量の削減が行われるので、携帯電話のモバイルデータ通信ネットワークを使用しているときに有用です。

02-chrome-data-saver

また、音声認識による検索にも対応しており、iPhoneの小さいキーボードで文字入力するよりもかんたんにすばやく検索を行えます。

03-chrome-voice

Opera Mini

Opera MiniはOpera Softwareが開発し、無料配布しているウェブブラウザです。

04-opera-mini-icon

Opera Miniの特徴のひとつが「Opera Turbo」です。Opera Turboはウェブページのデータを圧縮してダウンロードしてくる技術で、Chromeの「データセーバー」と同様の機能です。Chromeの「データセーバー」との違いは、画像の圧縮度合いを調整できたり、画像そのものの読み込みを無効にしたりできることです。さらに、動画の最適化を行う「ビデオブースト機能」も通信量削減に有効です。

05-opera-turbo

また、検索時やURL入力時に使用するキーボードが拡張されているという特徴もあります。検索エンジンを切り替えや、QRコードの読み取り、文字の入力位置をかんたんに動かせる機能が搭載されています。

06-opera-keyboard

Sleipnir Mobile

Sleipnir MobileはFenrirが開発し、無料配布している日本製のウェブブラウザです。

07-sleipnir-icon

Sleipnir Mobileの特徴は「TouchPaging」と呼ばれるジェスチャ機能です。たとえば上・右とスワイプして「戻る」、下・右とスワイプして「タブを閉じる」、円を描くようにスワイプして「ページを更新」を実行できます。他のブラウザであればツールバーを出してボタンをタップしたり、画面を切り替えて操作しなければならないところを、ページを閲覧しているそのままの画面でシームレスに実行できる機能です。

08-sleipnir-touchpaging

また、Sleipnir Mobileは画面下にタブのサムネイルが表示されており、複数のタブを切り替えながらのブラウジングが効率よく行えます。

09-sleipnir-tab

まとめ

いかがでしたか? 本稿ではiPhoneで利用できるウェブブラウザとしてChrome、Opera Mini、Sleipnir Mobileを紹介しました。

今回紹介したウェブブラウザは、すべてマルチプラットフォーム対応しています。それぞれ独自の同期機能が搭載されており、Mac/Windows/iOS/Androidなど、複数の端末で設定やブックマーク、閲覧履歴などを同期できます。

どのウェブブラウザを選ぶにしろ、自分が使用しているすべての環境で同じものを使うことで、より一層快適なブラウジングを行えるようになります。本稿を参考にして、自分にぴったりのウェブブラウザを探してみてください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です