Home / iPhone / Safariだけじゃない?iPhone向けおすすめウェブブラウザ9選

Safariだけじゃない?iPhone向けおすすめウェブブラウザ9選

Pocket

ca7883669da7f106567a9cb9cca6b38b_s

iOSにはウェブブラウザとして「Safari」が標準搭載されています。

iOSは標準のウェブブラウザを変更できず、他のアプリケーションからURLをタップしたときなどは基本的にはSafariが起動するので、Safariをメインのウェブブラウザとして使っているひとも多いでしょう。

しかしながら、iOS用のウェブブラウザは他にも多数存在し、それぞれに異なった便利な特徴を備えています。本稿ではiPhoneで利用できる代表的なウェブブラウザの特徴を紹介します。

スポンサーリンク

目次

  1. Chrome
  2. Opera Mini
  3. Sleipnir Mobile
  4. Smooz
  5. ドルフィンブラウザ
  6. Firefox
  7. Puffin Web Browser
  8. 忍者ブラウザ〜プライベートを高速で隠す〜
  9. iLunascape
  10. まとめ

Chrome

ChromeはGoogleが開発し、無料配布しているウェブブラウザです。

Chromeの特徴のひとつは「データセーバー」です。データセーバーを有効にすると、ウェブページへのアクセスがGoogleのサーバーを経由するようになります。

GoogleのサーバーからiPhoneへ通信する際にはデータが圧縮され、読み込み待ちの軽減やデータ通信量の削減が行われるので、携帯電話のモバイルデータ通信ネットワークを使用しているときに有用です。

02-chrome-data-saver

また、音声認識による検索にも対応しており、iPhoneの小さいキーボードで文字入力するよりもかんたんにすばやく検索を行えます。

03-chrome-voice

Opera Mini

Opera MiniはOpera Softwareが開発し、無料配布しているウェブブラウザです。

Opera Miniの特徴のひとつが「Opera Turbo」です。Opera Turboはウェブページのデータを圧縮してダウンロードしてくる技術で、Chromeの「データセーバー」と同様の機能です。

Chromeの「データセーバー」との違いは、画像の圧縮度合いを調整できたり、画像そのものの読み込みを無効にしたりできることです。さらに、動画の最適化を行う「ビデオブースト機能」も通信量削減に有効です。

05-opera-turbo

また、検索時やURL入力時に使用するキーボードが拡張されているという特徴もあります。検索エンジンを切り替えや、QRコードの読み取り、文字の入力位置をかんたんに動かせる機能が搭載されています。

06-opera-keyboard

Sleipnir Mobile

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iphone_earphone

iPhoneを安く使う!購入の際の3つのポイントと3つの注意点

「iPhoneを買いたいけれど …

スポンサーリンク

Facebookでのご購読が便利です