iPhoneの防水ケースの選び方とおすすめ商品

LINEで送る
Pocket

5f190b2e0242bdbe35fa84af037c7fc7_s

今回は、iPhoneの防水ケースの選び方とおすすめ商品について紹介いたします。防水ケースを付けることにより、雨の日や、海やプールに遊びに行ったときにも安心してiPhoneを使うことができます。新しいiPhoneでは防水機能も備わっていますが、それ以前のiPhoneを使用している方や、より防水機能を高めたい方は、おすすめの防水ケースも紹介していますので、ぜひ参考にご覧ください!

スポンサーリンク

防水ケースの選び方

防水ケースを選ぶにあたっての選び方を紹介します。防水ケースを検討している方は、特に防水機能の見方を把握して製品を選ぶようにしましょう。

防水機能の高いものを選ぶ

防水ケースを選ぶ際は、防水機能をチェックしたうえで選ぶようにしましょう。すべての防水ケースに「IPX」という防水機能表示があります。これは、国際基準で定められたおので0〜8段階で防水機能を示しています。

数字が高い方が機能が高いことになり、「8」継続的に水没しても内部に浸水しない 「7」一時的に一定水深の条件に水没しても内部に浸水しない 「6」あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない 「5」あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない 

「4」あらゆる方向からの飛末による有害な影響がない 「3」鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない 「2」鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない 「1」鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない となっています。「IP◯◯」と2つ数字が記載されている場合は右の数字が防水機能の表示です。左の数字は防塵機能の表示になります。

目安としては、雨などに濡れても大丈夫なレベルは「4」以上と言われます。また、海やプールなどの水中に入れても大丈夫なレベルは「8」以上になりますので、間違ったレベルで使用してしまい、iPhoneを壊さないように注意しましょう。必ず防水ケースには表示されていますので、確認するようにしましょう。

ハードケースかソフトケースで選ぶ

防水ケースには、ハードケースタイプとソフトケースタイプがあります。ハードケースの場合は、耐衝撃機能もあり、防塵機能も備わっていることが多いです。耐久性に優れてもいるため、アウトドアなどでも活躍します。長く使っていきたい場合はハードケースタイプの方が長く持つため良いでしょう。

ソフトケースの方が耐衝撃機能や防塵機能は備わっていない場合も多いですが、安価なことが多く、あまり長い期間使用する予定がない場合は、ソフトケースの方で十分でしょう。iPhoneの厚さもそこまで変わらないため、持ち運びもしやすいです。

デザインで選ぶ

ケースそのものにデザインがあり主張が強いものもあれば、iPhoneのデザインを活かすように完全透明ものまで、防水ケースもさまざまなデザインがあります。防水機能が高いうえで、好きなデザインのものを使うようにしましょう。デザインによっては、長く使えるものもありますし、すぐにブームなどが去って使いづらくなってしまうものもありますので、慎重に選ぶようにしましょう。

おすすめの防水ケース

ここでは、おすすめのiPhone防水ケースを紹介いたしますので、スポーツやアウトドアが多い方は、特にご確認ください!

Ghostek Nauticalケース

Ghostek Nauticalケースは、防水/防雪/防塵/耐衝撃のすべてを兼ね備えたiPhoneケースです。TouchIDにも対応しているため、ロック解除も普段通りスムーズにおこなうことができます。全方位からの衝撃を吸収することができますので、落としたりしても安心です。アウトドアやスポーツ時でも安心な防水ケースを探している方におすすめのケースです。

カタリスト CT-WPIP154-BKORケース

カタリストCT-WPIP154-BKORケースは、アメリカ国防省が定める軍事規格を準拠している製品で、防水機能も耐衝撃機能も備わっているケースです。水中5メートルで使用しても問題ない防水機能は、海などでも安心して使用することができます。

耐衝撃機能も備わっていながら、薄型設計でiPhoneの持ち運びにもストレスを感じません。ケースに入れいてもTouchIDは問題なく使用することができ普段通り使いこなすことができます。アウトドアやスポーツなどでの使用にもおすすめです。

ライフプルーフ 77-52563

ライフプルーフの防水ケースは、防水と防塵機能だけでなく、防雪機能も備わっているため、気候に関係なく使用することができます。耐衝撃機能もあり2メートルの高さから落としても大丈夫です。水深2メートルでも使用することができ、ケースをつけてもiPhoneの薄さを保つことができるスリムな設計となっています。ケースを付けていてもTouchIDを使うこともでき、アウトドアなどでも安心して使用することができます。

Griffin SURVIVORケース

Griffin SURVIVORケースは、米軍の規格ミルスペックもクリアしており、1.8メートルの高さから落としても大丈夫な耐衝撃機能も備えています。防塵機能もあるため、砂やホコリからもiPhoneを守ります。ミリタリー系のデザインも格好良く、見た目から頑丈なのが伝わってきます。防水だけでなく全方位からの衝撃からiPhoneを守ることができますので、スポーツ時にも安心です。

SEIDIO OBEXケース

鮮やかな色のデザインが特徴的なSEIDIO OBEXケースは、TouchIDにも対応しており、耐衝撃機能も備わっているため2メートルの高さから落としても大丈夫です。薄型デザインのため、iPhoneも普段通りスリムに扱うことができます。イエロー、ピンク、クリアなど、カラーバリエーションが豊富なため、女性におすすめの防水ケースで、アウトドアやスポーツの環境や海やプールでも使用できます。

Easylifeケース

Easylifeケースは、水深2メートルでの使用ができ、2メートルの高さから落としても安心な防水機能と耐衝撃機能が備わっています。ケースを付けたままTouchIDも使用でき、軽量です。防雪機能も備わっているため、雨や雪の時でも通常通りiPhoneを操作していくことができます。iPhoneのスリムさも損なわないため、持ち運びにも変わりません。リーズナブルな価格も嬉しい特徴です。

Toughstyケース

Toughstyケースは、防水、防塵、耐衝撃機能が備わったiPhoneケースです。ピンク、ブルー、ブラック、ホワイトとカラーバリエーションも豊富で、価格もリーズナブルです。iPhoneの厚さも大きく損なわないため、普段通りの使い勝手で操作することができます。水深2メートルでも使用することができるため、海やプールでの使用も安心です。

まとめ

今回、iPhoneの防水ケースの選び方とおすすめ商品とおすすめの防水ケースについて紹介しました。防水ケースを購入することを検討している方は、防水機能表示などをしっかりと確認をし、使用用途に合わせた機能を備えたケースを選ぶようにしましょう。

多くのiPhone用防水ケースが発売されていますので、デザインや機能などを比べながら、使いやすいものを選ぶようにしましょう。iPhoneの防水ケースを探している方は、ぜひ、参考にしてみてください!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です