iPhoneを防水仕様にする方法

LINEで送る
Pocket

b26d6b6a13880f74746b57bbcf9e78c1_s

今回は、iPhoneを防水仕様にする方法について紹介いたしました。iPhone7であれば、防水機能が備わっていますが、iPhone6シリーズまでのモデルは防水機能が備わっていませんので、水没などしてしまうと故障してしまいます。ここでは、iPhoneが雨に濡れたり、水没したとしても故障しないで安心することができるような、iPhoneを防水仕様にする方法を紹介していきます。iPhoneを防水仕様にすることに興味がある方は、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

iPhoneに防水コーティングを施す

iPhoneに防水コーティングをすることによって、防水仕様にすることができます。しかし、完全な防水仕様にすることはできませんので、取扱には注意しましょう。

Nanostate iPhone防水コーティング フラッシュフィールド

Nanostateのフラッシュフィールドは、ナノテクノロジーを駆使して開発され、人の髪の毛の40,000倍細かい粒子によって、iPhoneを防水仕様にすることができます。スプレーとなっており、iPhoneにスプレーするだけで、数秒間の水没には耐えることができるようになります。

フラッシュフィールドを使用する場合は、iPhoneの電源を落としリキッドをフラッシュフィールドに付いているクロスでiPhoneに丁寧に塗り込み、塗り込みが終わったら5分程度乾燥させます。そして、塗って乾燥させる工程を3回程繰り返してコーティング完了です。あくまで簡易的な防水機能ですので、水没などにはくれぐれも気を付けましょう。

店舗で防水加工をしてもらう

専門店でiPhoneを防水加工してもらうこともできます。店舗ごとに異なりますが、コーティングしてもらうことで、生活防水が施されるようになります。5000〜6000円でコーティングしてくれ、20〜30分で完了する場合もあります。生活防水なので、ちょっとした水濡れに耐えれる程度ですので、水没などした場合は故障する可能性があります。Web上で申込み郵送でやり取りできる店舗もありますが、最寄りの店舗に持っていくのが1番良いでしょう。

iPhoneに防水ケースを付ける

iPhoneを防水仕様にするには、防水ケースを付けるのが1番です。さまざまな防水ケースがありますので、デザイン性が合うものを選びましょう。また、防水ケースを選ぶ際は、防水機能を必ず確認するようにしましょう。防水ケースには国際基準で定められた防水機能の表示が必ず記されています。「IP◯◯」と表示されており、右側の数字は防水機能を表します。0〜8まであり、水没しても問題ないのは「8」です。雨や水滴などが付いても問題がないのは「4」〜「8」になります。

Ghostek Nautical

防水機能だけでなく、防塵や防雪機能も備わっているGhostek NauticalのiPhoneケースは、衝撃にも強く2メートルの高さから落としたとしてもiPhoneを衝撃から守ります。ケースを装着していてもiPhoneの画面操作にはほとんど支障がなくいつも通りに操作することができ、TouchIDなどもスムーズに機能します。機能性が高いため、気候に関わらず、山や海、雨天時や雪天時でも問題なくiPhoneを操作することができます。

catalyst CT-WPIP154

catalyst CT-WPIP154は、防水・防塵の国際規格でもあるIP68を合格しており、水深5メートルまでの防水機能が備わっています。衝撃にも強く高さ2メートルから落としたとしてもiPhoneを衝撃から守ります。

TouchIDも問題なく使用することができ、これだけの機能が付いていながらケースの厚さは9mmという薄さ、重さは約22gという軽量さを実現しています。ケースを付けていないiPhoneとほとんど厚さや重さは変わりませんので、iPhoneの持ち運びにも困りません。ケースに入れていてもキレイに撮影ができるように加工してあります。

mophie juice pack H2PRO

mophie juice pack H2PROは、充電が内蔵されている防水ケースとなっていて、LEDランプで充電レベルを表示してくれます。防水と防塵機能が備わっており、ミルスペックに準拠した高いレベルの耐衝撃機能もあるため、水や地面に落としたとしても安心です。

厚さは約17.4mmあるため、iPhoneに装着してもそこまで厚くなることはありません。内蔵バッテリーは容量2750mAhあるため、iPhoneのバッテリーに不満がある場合も安心です。軍モノのように無骨で男らしいデザインのiPhoneケースです。

DIVAID 防水ケース

DIVAIDの防水ケースは、ソフトタイプのケースになっており、プールや海で大活躍します。iPhoneを入れることにより、浮き輪のように水に浮く構造となっているため、水の中に落としたとしても浮き上がってくるため安心です。

普段ケースなどは装着したくない場合でも、プールや海に行ったときだけDIVAIDの防水ケース装着して使うこともできます。砂浜で使っても、防塵機能もあるため、ホコリや砂なども入ってきません。もちろん、画面操作や通話、カメラの撮影もすることができます。水に浮く新感覚の防水ケースです。

ディズニーデザインの防水ケース

ディズニーの可愛いデザインの防水ケースもあります。可愛いデザインでありながら、最高水準の防水機能を備えているため、水没しても安心です。普段は付けなくても水辺で扱う時だけ装着することができます。ネックストラップや吸盤も付いているため、落とさないようにしっかりと持ち運びすることができます。ディズニー好きにはたまらないiPhone防水ケースです。小さい子どもにもおすすめです。

LEVIN iPhone防水ケース

おしゃれなデザインのLEVINのiPhone防水ケースは、リーズナブルな価格が特徴です。TouchIDやiPhoneの画面操作も普段と変わらずに扱うことができます。防水は水深2メートルまで、衝撃は高さ2メートルから落としても安心な作りになっています。ストラップも付属で付いており、落下防止に使うことができます。

ジップロックで防水加工する

ジップロックを使うことでiPhoneを防水仕様にすることができます。自宅で入浴する際などは、ジップロックにiPhoneを入れることで、水滴からiPhoneを守ることができます。気をつけなければいけないのは、水が入ってこないようにしっかりと密封することと、破れないようにすることです。また、ジップロックは、iPhoneを防水するために作られたものではないため、iPhoneが壊れる可能性もありますので、十分に扱いには気をつけましょう。

まとめ

今回、iPhoneを防水仕様にする方法について紹介いたしました。コーティングなどを施せば、生活防水をすることが簡単にできます。完全に防水仕様にしたい場合は、防水ケースを使うようにしましょう。コーティングだけでプールや海で使うのは危険です。iPhone7であれば、iPhone自体に防水機能が備わっていますので良いですが、iPhone6シリーズまでのモデルを使用している場合は、海やプールに行く際は、機能性の高い防水ケースを装着するようにすると良いでしょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です