Home / Apple / iPhone / もう充電器は不要!iPhoneのバッテリーを長持ちさせる7つの方法

もう充電器は不要!iPhoneのバッテリーを長持ちさせる7つの方法

Pocket

具体的に何に気を付ければいいのでしょうか?例えば、暑い日や寒い日が続いている時は、温度に気を付けなくてはいけないのはiPhoneも同じです。特に高温環境の場合、バッテリーへの負担は大きくなってしまいます。

夏の暑い日は自動車の中の気温は50度以上になる場合がありますので、そのまま車内に置いていくなどは避けるようにしましょう。また冬には、例えば20℃で200分連続通話が出来るとしても、10℃では100分しかできないなど、温度の影響を受けます。

iPhoneが採用しているリチウムイオン電池は、寒い時に貯まった電池をうまく引き出すのが苦手という特徴があるのです。そこで極端に寒い場所に置かない、持ち歩く時はカバンの中よりもポケットの中など、体温が触れるところに入れるなどしてできるだけ温度を保ちましょう。

充電ケーブルを付けたままにしない

他にも、iPhoneの電池は80%までは急速充電になりますが、100%の満充電後には微弱な電流で継続的に与える「トリクル充電」へと変わります。このトリクル充電がバッテリーへの負担が大きいのです。

iPhoneにケーブルをつけて充電している限り、充電が100%になった以降も微力ながら充電がずっと続いていますので、負担が小さいからといってもバッテリーへの負担はあります。

いつもちょっとでもバッテリーが減ると充電してしまう人、バッテリー持ちが悪くなってきたなと感じる人は、ぜひ充電方法にも気を付けてみてください。

ここまで試してみて改善されない場合

iphoneximgl6549_tp_v

ここまで記載されている項目を試してみても、特にこれといった改善がなかった場合の手段としてAppleが推奨しているバッテリーの再調整方法があります。

この再調整の方法とは、一度100%まで充電をしトリクル充電を2時間以上続けてください。2時間以上経ったら充電をやめて、次にバッテリーを0%まで使い切ってみてください。そしてそのまま電池0%になるまで使い続け、0%になった後は5時間以上放置してみましょう。

なぜこのような事をするかと言うと、電池の制御をコンピューターに正しく認識させるためです。

バッテリーに関しては、iPhoneが制御しているのではなく、バッテリーに搭載されている制御コンピューターによって制御がされています。しかしながら、使っていく上でバッテリーの制御コンピューターと実際のバッテリー残量に誤差が生じてくるために、バッテリーの持ちが悪くなっていくのです。

そこで、この方法をすることにより充電時間の制御および、バッテリー性能をiPhoneに再認識させることができると言われています。

アプリごとの充電消費量を確認する方法

ユーザーによって違いますが、iPhoneにアプリをたくさん入れている人も多いのではないでしょうか。中にはもう使っていないアプリでも消さずにそのままにしていて、知らず知らずのうちに、電力を食ってしまっているケースもあります。

iPhoneの消費電力はアプリの消費電力で決まると言ってもいいくらいです。そこで、まず各アプリの消費電力を知ることが重要です。それには歯車アイコンの「設定」から、緑の電池アイコンの「バッテリー」とタップすると、各アプリごとの使用状況が表示されます。

自分がよく使うアプリは使用状況が多いと考えられますが、中にはあまり起動していないにも関わらず、持っているというだけでも使用状況が多いアプリもあります。その場合は、削除するなどの対策を取ると、消費電力のセーブに繋がります。

バッテリーに不具合がないか確認する方法

iPhoneの消費電力があまりにも多い場合、バッテリーに不具合がある場合もあります。そもそもiPhoneのバッテリーが消耗すると、「警告」というメッセージが表示されます。これは年数が古くなったというよりも、その使用頻度によって違ってきます。

また、iPhoneのアプリ「Battery Life」は、バッテリーの消耗度を診断してくれるアプリです。これによって、自分のiPhoneのバッテリーがどのくらい消耗しているのか、使用年数も考慮して診断しれくれるので、修理を依頼するかどうか判断の目安となります。

バッテリー・ライフ (Battery Life)

バッテリーの寿命を延ばすコツ

昔のiPhoneと違い、現在のiOSではiPhoneは通常の使い方なら2日間はバッテリーが持つと言われています。

それにはやはりフル充電を続けず、10~80%の間で使う、先程もお伝えしましたが、あまりの高温状態に置かない、月に一度はバッテリーを10~20%まで使い、フル充電後使い切るなどのメンテンナンスを行うことで、さらにバッテリーを快適に使うことが出来るでしょう。

また、100円程度の有料ですが、iPhoneのメモリを開放する、「SYS-Activity」などのアプリを使うのも有効とされています。

まとめ

ea1c4c3d99dbd2201aa0f2fe6a10ebfa_s

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法をご紹介致しましたが、いかがでしたでしょうか?

これ以外にも、バックグラウンドで通信しているアプリの通信を解除したり、自動ロックまでの時間を短くするなど、細かい所を設定することで、バッテリーをセーブすることもできます。

ただ、どうしても明らかにバッテリー持ちが悪すぎる場合は、Appleに持ち込んで確認してもらう、民間のiPhone専門修理店などでバッテリーを交換してもらったりするのも良いかと思います。

状況に応じた対応をおすすめ致します。

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

iPhoneで使えるおすすめSDカードリーダーと使い方

iPhone搭載のデジカメは以 …

Facebookでのご購読が便利です