Home / iPhone / もう充電器は不要!iPhoneのバッテリーを長持ちさせる7つの方法

もう充電器は不要!iPhoneのバッテリーを長持ちさせる7つの方法

Pocket

iphone_sousa

新しいiPhoneも登場し、ますます進化を遂げるiPhoneシリーズ。一見弱点が無さそうに思えるほどのスペックiPhoneですが、やはりスペックが上がれば上がるほどに、バッテリーの容量が足りなく感じてしまう人も多いのではないでしょうか?

なぜバッテリーの持ちが悪くなってしまうのか?本記事では、少しでもiPhoneのバッテリーの持ちをよくするための設定についてご紹介致します。

バッテリー持ちを改善してiPhoneライフを充実させましょう!

iPhoneのバッテリー持ちを改善する7つの方法

何も特別なことはしておらず、普通にiPhoneを使っていても、不思議とiPhoneのバッテリーがすぐ無くなってしまう・・・こんな悩み、iPhoneユーザーの皆さんなら、一度は感じた事があると思います。

そんなときは、iPhoneの設定や使い方を見直すことにより、バッテリーの持ちが改善されるかも知れないのです。多少なりともiPhoneのバッテリーを長持ちさせたい方は、ぜひこの方法を試してみてください。

1.位置情報サービスを見直す

iPhoneをはじめ、スマートフォンの便利な機能の一つでもあるこの「位置情報サービス」。知らない方も多いかもしれませんが、この機能が意外とバッテリーを消耗させているのです。

常に使用しているアプリ以外は「使用中のみ」に設定

まずは設定画面から「位置情報サービス」の項目を開いてみましょう。トップにある歯車アイコンの「設定」を開き「プライバシー」から「位置情報サービス」の項目をタップします。

その下にも自分の使用しているアプリのアイコンが並んでいますが、基本的にMAPアプリや、カーナビなどの位置情報を必要するアプリなど、常に使用しているアプリ以外は「使用中のみ」に設定しておきましょう。こうすることで、随分、バッテリーの使用量も違ってきます。

位置情報が不要なアプリは「許可しない」に設定

また、アプリの種類などにもよりますが、明らかに位置情報を必要としないであろうアプリは「許可しない」に設定をしておきましょう。これはデフォルトでは「許可しない」にはなっておらず、自分で設定しないと「許可しない」にはならないので、是非、設定することをおすすめします。

特に、TwitterやInstagramなどのアプリにある位置情報共有は、バッテリーの消費が大きいことで有名ですので、不要だと感じるのであれば、「許可しない」にしまった方が良いと思います。

また、これはプライバシーの観点からもOFFにしておいた方が安心だということができます。システムサービスの項目も「位置情報サービス」から変更することができます。

「製品の品質向上」の項目は「マップ」以外はすべてOFFにしておくのが良いかと思います。システムサービス関係は「iPhoneを探す」「携帯電話通信網検索」以外は全部OFFにしましょう。

また、iPhoneを使用する際に、快適に使用するために「Wi-Fiネットワーク」「コンパスの調整」さらに「モーションの調整」はONにして置くのがおすすめです。

2.通知が必要ないアプリの通知はOFFにする

「通知」もiPhoneのとても便利な機能です。特にリアルタイムでメールが来たかどうかなどを知ることができる「LINE」などの連絡アプリは、この通知機能がある方が便利ですが、アプリの中には通知機能が特に必要ではないアプリも多いです。

この「通知」設定は、歯車のアイコンの「設定」から赤のアイコンの「通知」をタップすることで、アプリごとに通知をするかどうかの設定ができますので、すばやい通知を必要とする意味がない写真アプリやヒント、ゲームなどのアプリはOFFにしておきましょう。

僅かながらですが、バッテリー持ちが改善されます。すれば設定できます。インストールしているアプリの数が多いと、多少探すのが大変ですが、是非、必要ではないアプリの通知はOFFにしておくのがおすすめです。

3.Spotlightの検索候補も必要のない項目はOFFに

Spotlightとは、iPhone内にある連絡先、アプリなどを検索することができる機能です。たくさんの項目の中から瞬時に探し出すことができるのでとても便利な機能ですが、頻繁に使わない項目はOFFにしておくことにより、バッテリーの持ちも良くなります。

この「Spotlight」の設定の仕方は「設定」を開き「一般」を開きます。表示された項目の中から「Spotlight検索」を選択し、Spotlight検索に必要ではなさそうなアプリを外していきます。

こちらも、アプリを多く持っていると多少大変ですが、バッテリー持ちに関係してきますので、小さな無駄を減らす積み重ねが重要となります。

また、Spotlight検索の一番上にある「Siriの検索候補」をOFFにするという手もあります。Siriは意外に電力を消耗しますので、もし「Siriの検索候補」を使っていないのであれば、OFFにしておくのもおすすめです。

4.iOSを最新版にアップデートする

新しいiPhoneのiOSが発表された場合、バグがあるかも知れないと考えて、すぐに新しいiOSに更新しない方が多いかと思います。そのため、更新を忘れてそのままになっている人も多いのではないでしょうか?

新しいOSはバッテリーの持ちも改善していますので、なるべく最新版のiOSに変更しておくのがベストかと思います。

なぜかというと、新しいiOSには消費電力を減らすなどの改良が施されており、旧OSに比べると格段にバッテリー持ちが違う場合もあるからです。例えば、最近のiOS9には、システムの各機能が細かく見直されたことによって、消費電力を減らすための改良がされています。

それにより、バッテリーの持ちが「最大1時間」長くなったとされています。その他にも、バッテリー持ちを改善する機能がいくつか盛り込まれています。バグの心配は後ほどパッチが発表されますので、ここはバッテリー持ちを優先したほうがいいのではないでしょうか?

なかなかアップデートの機会が掴めないという場合も多いですが、これを機会にアップデートをするのがおすすめです。

5.使わないときはiPhoneの画面を下にする

これは、iOS9に限ってのことですが、iPhoneの画面を下にして置いておくと、消費電力がセーブされるのをご存知でしょうか?

iPhoneをロックして置いておくときは、ぜひ、画面を下に向けて置いておきましょう。

通常ならば、通知を受けると画面が自動的にONになりますが、画面を下に向けておくことによって、通知を受け取っても画面は自動的にはONにならないので節電にも繋がります。この機能はiPhone5S、iPhone6/6plus、iPhone6S/6splusの各機種が対応しています。

iOS9であるならば、試しにしばらく、iPhoneの画面を下にして置いてみましょう。「通知」を受け取る設定にしてても、通知を受けた時にブザー音がならないのに気づくはずです。

6.低電力モードにする

バッテリーの消費電力を簡単に減らす方法の1つに、iOS9から追加された新機能「低電力モード」があります。

この低電力モードは、メールの取得、Appのバックグラウンド更新や自動ダウンロード、一部の画面効果を減らすかOFFにすることができ、この機能をONにするだけで「最大約3時間」もバッテリーの持ちを良くしてくれると言われています。

設定方法も簡単で、設定を開き一覧から「バッテリー」を選択、そこで「低電力モード」をONにすればOKです。低電力モードがONになっていると、右上の電池アイコンのバッテリー残量が「黄色」になりますので、一目で省電力モードかどうかの判断をすることができます。

7.バッテリーの劣化に気を付ける

iPhoneのバッテリーは、Androidのように個人が簡単に交換することはできません。ですので、適切な充電方法を知り、バッテリーの負担を減らして劣化を防ぐのも重要なことだと言えます。

iPhoneの温度を適切に保つ

具体的に何に気を付ければいいのでしょうか?例えば、暑い日や寒い日が続いている時は、温度に気を付けなくてはいけないのはiPhoneも同じです。特に高温環境の場合、バッテリーへの負担は大きくなってしまいます。

夏の暑い日は自動車の中の気温は50度以上になる場合がありますので、そのまま車内に置いていくなどは避けるようにしましょう。また冬には、例えば20℃で200分連続通話が出来るとしても、10℃では100分しかできないなど、温度の影響を受けます。

iPhoneが採用しているリチウムイオン電池は、寒い時に貯まった電池をうまく引き出すのが苦手という特徴があるのです。そこで極端に寒い場所に置かない、持ち歩く時はカバンの中よりもポケットの中など、体温が触れるところに入れるなどしてできるだけ温度を保ちましょう。

充電ケーブルを付けたままにしない

他にも、iPhoneの電池は80%までは急速充電になりますが、100%の満充電後には微弱な電流で継続的に与える「トリクル充電」へと変わります。このトリクル充電がバッテリーへの負担が大きいのです。

iPhoneにケーブルをつけて充電している限り、充電が100%になった以降も微力ながら充電がずっと続いていますので、負担が小さいからといってもバッテリーへの負担はあります。

いつもちょっとでもバッテリーが減ると充電してしまう人、バッテリー持ちが悪くなってきたなと感じる人は、ぜひ充電方法にも気を付けてみてください。

ここまで試してみて改善されない場合

iphoneximgl6549_tp_v

ここまで記載されている項目を試してみても、特にこれといった改善がなかった場合の手段としてAppleが推奨しているバッテリーの再調整方法があります。

この再調整の方法とは、一度100%まで充電をしトリクル充電を2時間以上続けてください。2時間以上経ったら充電をやめて、次にバッテリーを0%まで使い切ってみてください。そしてそのまま電池0%になるまで使い続け、0%になった後は5時間以上放置してみましょう。

なぜこのような事をするかと言うと、電池の制御をコンピューターに正しく認識させるためです。

バッテリーに関しては、iPhoneが制御しているのではなく、バッテリーに搭載されている制御コンピューターによって制御がされています。しかしながら、使っていく上でバッテリーの制御コンピューターと実際のバッテリー残量に誤差が生じてくるために、バッテリーの持ちが悪くなっていくのです。

そこで、この方法をすることにより充電時間の制御および、バッテリー性能をiPhoneに再認識させることができると言われています。

アプリごとの充電消費量を確認する方法

ユーザーによって違いますが、iPhoneにアプリをたくさん入れている人も多いのではないでしょうか。中にはもう使っていないアプリでも消さずにそのままにしていて、知らず知らずのうちに、電力を食ってしまっているケースもあります。

iPhoneの消費電力はアプリの消費電力で決まると言ってもいいくらいです。そこで、まず各アプリの消費電力を知ることが重要です。それには歯車アイコンの「設定」から、緑の電池アイコンの「バッテリー」とタップすると、各アプリごとの使用状況が表示されます。

自分がよく使うアプリは使用状況が多いと考えられますが、中にはあまり起動していないにも関わらず、持っているというだけでも使用状況が多いアプリもあります。その場合は、削除するなどの対策を取ると、消費電力のセーブに繋がります。

バッテリーに不具合がないか確認する方法

iPhoneの消費電力があまりにも多い場合、バッテリーに不具合がある場合もあります。そもそもiPhoneのバッテリーが消耗すると、「警告」というメッセージが表示されます。これは年数が古くなったというよりも、その使用頻度によって違ってきます。

また、iPhoneのアプリ「Battery Life」は、バッテリーの消耗度を診断してくれるアプリです。これによって、自分のiPhoneのバッテリーがどのくらい消耗しているのか、使用年数も考慮して診断しれくれるので、修理を依頼するかどうか判断の目安となります。

バッテリー・ライフ (Battery Life)

バッテリーの寿命を延ばすコツ

昔のiPhoneと違い、現在のiOSではiPhoneは通常の使い方なら2日間はバッテリーが持つと言われています。

それにはやはりフル充電を続けず、10~80%の間で使う、先程もお伝えしましたが、あまりの高温状態に置かない、月に一度はバッテリーを10~20%まで使い、フル充電後使い切るなどのメンテンナンスを行うことで、さらにバッテリーを快適に使うことが出来るでしょう。

また、100円程度の有料ですが、iPhoneのメモリを開放する、「SYS-Activity」などのアプリを使うのも有効とされています。

まとめ

ea1c4c3d99dbd2201aa0f2fe6a10ebfa_s

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法をご紹介致しましたが、いかがでしたでしょうか?

これ以外にも、バックグラウンドで通信しているアプリの通信を解除したり、自動ロックまでの時間を短くするなど、細かい所を設定することで、バッテリーをセーブすることもできます。

ただ、どうしても明らかにバッテリー持ちが悪すぎる場合は、Appleに持ち込んで確認してもらう、民間のiPhone専門修理店などでバッテリーを交換してもらったりするのも良いかと思います。

状況に応じた対応をおすすめ致します。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

old_camera

手軽に速く!スマホの写真をプリントする方法を徹底紹介!

一昔前はスマホの写真を印刷する …

Facebookでのご購読が便利です