iPhoneのバッテリーの持ちが悪くなったときに改善する方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneSEも登場し、ますます進化を遂げるiPhoneシリーズ。一見弱点が無さそうに思えるほどのスペックiPhoneですが、やはりスペックが上がれば上がる分だけ、バッテリーの容量が足りなく感じてしまうところだと思います。公式上のデータでは稼働時間が増えているにも関わらず、なぜバッテリー持ちが悪くなってしまうのか?今回はそんなときに見直しておきたい、iPhoneを少しでもバッテリー持ちをよくするための設定についてご紹介したいと思います。

この設定をする事により、多少なりともバッテリー持ちが改善されるはずです。

スポンサーリンク

iPhoneのバッテリー持ちを改善する方法

batteries-1379208_1280

普段、普通にiPhoneを使っているはずなのに、不思議とiPhoneのバッテリーがすぐ無くなってしまう。こんな悩み、皆さん一度は感じた事があると思います。そんなときは、iPhoneの設定や使い方を見直すことにより、バッテリー持ちが改善されるかもしれません。少しでも、iPhoneのバッテリー持ちを改善したい方は、ぜひこの方法を試してみてください。

位置情報サービスを見直す

スマートフォンの便利な機能の一つでもあるこの位置情報サービス、知らない方も多いかもしれませんがこれが意外とバッテリーを消耗してたりもします。まずは位置情報サービスの項目を見てみましょう。設定を開き「プライバシー」から「位置情報サービス」の項目をタップします。基本的にMAPアプリや、カーナビなどの位置情報を必要するアプリは「使用中のみ」にしましょう。

アプリの種類などにもよりますが、明らかに位置情報を必要としないであろうアプリは「許可しない」に設定をしておきましょう。TwitterやInstagramなどのアプリにある位置情報共有は、バッテリーの消費が大きいことで有名なので自分が必要ないと感じたら切ってしまった方が良いと思います。これはプライバシーの観点からもOFFにしておいた方が安心できます。システムサービスの項目も「位置情報サービス」から変更することが可能です。

「製品の品質向上」の項目は「マップ」以外全部切っておくのが良いかと思います。システムサービスは「iPhoneを探す」「携帯電話通信網検索」以外は全部OFFにしましょう。iPhoneを使用していく上で、快適に使用するために「Wi-Fiネットワーク」「コンパスの調整」「モーションの調整」はONのままにしておくと良いかと思います。

通知が必要ないアプリの通知はOFFに

LINEなどの連絡アプリは通知がある方が便利ですが、アプリの中には通知が必要じゃないアプリも多いと思います。写真アプリやヒント、ゲームなどのどう考えても通知が必要ないアプリはOFFにしておきましょう。僅かながらですが、バッテリー持ちが改善されます。通知設定は「設定」を開き「通知」をタップすれば設定できます。

ここにアプリの一覧が表示されますので、必要ではないアプリの通知をOFFにしておきましょう。

Spotlightの検索候補も必要のない項目はOFFに

Spotlightとは、iPhone内にある連絡先やアプリなどを検索することができる機能です。しかし、頻繁に使わない項目はOFFにしておくことにより無駄な検索が減るので、バッテリー持ちにも繋がってきます。設定の仕方は「設定」を開き「一般」を開きます。表示された項目の中から「Spotlight検索」を選択し、Spotlight検索に必要ではなさそうなアプリを外していきます。

このとき、一番上に「Siriの検索候補」をON/OFFにする項目もあります。「Siriの検索候補」も使っていないならOFFにしておきましょう。

iOSを最新版にアップデートする

新しいiOSが出た場合、すぐに新しいiOSに更新しない方が多いかと思います。ですが、大きなバグなどが見つかってない場合はバッテリー持ちを考慮し、なるべく最新版のiOSに変更しておくのがベストかと思います。なぜならば、新しいiOSには消費電力を減らすなどの改良が施されています。例えば、最近のiOS9にはシステムの各機能が見直されたことにより、消費電力を減らすための改良がされています。

それにより、バッテリーの持ちが最大1時間は長くなったとされています。他にも、バッテリー持ちを改善する機能がいくつか盛り込まれています。これを機会にアップデートを考えてみてはいかがでしょうか。

使わないときはiPhoneの画面を下にする

iphone-1125135_1280

iOS9に限ってですが、iPhoneをロックして置いておくときは画面を下に向けて置いておきましょう。画面を下に向けておくことにより、通知を受け取っても画面はONにならないので節電にも繋がります。この機能はiPhone5S、iPhone6/6plus、iPhone6S/6splusが対応しています。

低電力モードにする

バッテリーの消費電力を簡単に減らす方法の一つに、iOS9からの新機能「低電力モード」があります。この低電力モードとは、メールの取得やAppのバックグラウンド更新・自動ダウンロード・一部の画面効果を減らすかOFFにすることができ、この機能をONにするだけで最大約3時間ほどバッテリーの持ちを良くしてくれます。

設定方法も簡単、設定を開き一覧から「バッテリー」を選択、そこで「低電力モード」をONにすればOKです。低電力モードがONになっている間は、右上のバッテリー残量が黄色になっていますので、一目でONかOFFかの判断をすることができます。

バッテリーの充電方法を気を付ける

iPhoneのバッテリーは、Androidのように簡単に交換することはできません。ですので、適切な充電方法を知りバッテリーの負担を減らし劣化を防ぐのも重要なことです。具体的に何に気を付ければいいのか?最近は夏も近づいてきており、そのせいで暑い日が続いてると思いますが、温度に気を付けなくてはいけないのはiPhoneも一緒です。特に高温環境の場合、バッテリーへの負担は大きくなってしまいます。

夏の暑い日は自動車の中の気温は50度以上になる場合があります、そのまま車内に置いていくなどしないよう注意をしましょう。他にも、iPhoneの電池は80%までは急速充電になります。80%に達した後は、100%までは通常充電になり、100%の満充電後は微弱な電流で継続的に与えるトリクル充電へと変わります。このトリクル充電ですが、確かにバッテリーへの負担は大変弱くなっています。

ですが、充電している限り100%以降も微力ながら充電がずっと続いていますので、いくら負担が小さいからといってもバッテリーへ負担はかかっています。バッテリー持ちが悪くなってきたら充電方法にも気を付けてみてください。

ここまで試してみて改善されない場合

ここまで記載されているのを試してみても、特にこれといった改善がなかった場合の手段としてAppleが推奨しているバッテリーの再調整方法があります。再調整の方法は、一度100%まで充電をしトリクル充電を2時間以上続けてください。2時間以上経ったら充電を止め、次はバッテリーを0%まで使い切ってください。そしてそのまま電池0%になるまで使い続け、0%になった後は5時間以上放置しましょう。

なぜこのような事をするかと言うと、電池の制御コンピューターに正しく認識させるためです。バッテリーに関しては、iPhoneが制御してるわけではなくバッテリーに搭載されている制御コンピューターで制御されています。しかし、使っていく上でバッテリーの制御コンピューターと実際のバッテリー残量に誤差が生じてきてしまいます。

そこで、この方法をすることにより充電時間の制御とバッテリー性能を再認識させることができるかもしれないのです。

まとめ

phone-603048_1280

いかがでしたでしょうか?これ以外にも、バックグラウンドで通信しているアプリの通信を解除したり、自動ロックまでの時間を短くするなどして対応したりすることもできます。ただ、どうしても明らかにバッテリー持ちが悪すぎる場合などは、Appleに持ち込んで確認してもらったり、民間のiPhone専門修理店などでバッテリーを交換してもらったりするのも良いかと思います。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です