iPhoneのデータをバックアップする方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneのデータを自動的にバックアップできることをご存知ですか? iPhoneが故障したり紛失したりして新しい端末に買い替えたとき、あらかじめバックアップを作成しておけば、以前の環境そのままで新しいiPhoneをすぐに使い始められます。

本稿ではiPhoneのデータをバックアップする方法を説明します。

スポンサーリンク

iCloudでバックアップする

iCloudバックアップを有効にするには、以下の手順にしたがって操作してください。

  1. 「設定」アプリケーションを起動してください。
  2. 「iCloud」をタップしてください。
  3. 01-tap-icloud

  4. 「バックアップ」をタップしてください。
  5. 02-tap-backup
  6. 「iCloudバックアップ」のスイッチをオンにしてください。
  7. 03-turn-on-icloud-backup

iCloudバックアップを有効にすると、バックアップが毎日自動的にiCloud上に作成されます。iCloudバックアップの作成は、以下の条件を満たすときに自動的に開始されます。

– 電源に接続されている。
– Wi-Fiに接続されている。
– ロックされている。
– バックアップに必要な量のiCloudストレージが残っている。

手動でiCloudバックアップを作成するには、上記手順4の画面で「今すぐバックアップを作成」をタップしてください。iCloudバックアップを有効にすると、次節のiTunesによる自動バックアップは無効になります(手動でiTunesバックアップをすることは可能です)。

iTunesでバックアップする

iTunesで自動バックアップを作成するには、以下の手順にしたがって操作してください。

  1. iPhoneをMac/Windows PCに接続してください。
  2. iTunesを起動してください。
  3. ウィンドウ上部からiPhoneのアイコンをクリックしてください。
  4. サイドバーから「概要」を選択してください。
  5. 「バックアップ」の「自動的にバックアップ」で「このコンピュータ」を選択してください。

04-itunes

この設定を行うと、iPhoneをMac/Windows PCに接続したとき、自動的にバックアップがコンピュータ内に作成されます。手動でiTunesによるバックアップを作成するには、手順5の画面で「今すぐバックアップ」をクリックしてください。

iTunesによる自動バックアップを有効にすると、前節のiCloudバックアップが無効になります(手動iCloudバックアップもできなくなります)。

バックアップされるデータ

バックアップには以下のデータが含まれます。

– iTunes Store/App Store/iBooks Storeでの購入履歴
– iPhoneで撮影した写真とビデオ
– デバイスの設定
– アプリケーションのデータ
– ホーム画面とアプリケーションの配置
– iMessage/SMS/MMSのメッセージ
– 着信音
– Visual Voicemail
– 動作状態データ
– ホームキット構成

ストア系のデータは購入履歴のみバックアップされ、購入したコンテンツそのものはバックアップされません(購入履歴があるので再ダウンロード可能)。また、標準の連絡先やカレンダーアプリケーションなどの内容も、最初からiCloud上に保存されており復元可能なので、バックアップには含まれません。

ストアから購入していない音楽や動画、電子書籍などは、Mac/Windows PCと同期している前提なので、バックアップには含まれません。

まとめ

いかがでしたか? 本稿ではiPhoneのデータをバックアップする方法を説明しました。

いざというときに慌てないよう、ふだんからバックアップを作成しておくことが重要です。iCloud自動バックアップあるいはiTunesによる自動バックアップのどちらかを有効にしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です