iPhoneをauで購入する時にお得になる情報と注意点

LINEで送る
Pocket

1

iPhoneをauで購入・契約する際に、できるだけ安く契約したいと思うはずです。そのような方に、現在auでお得に契約する方法をいくつかご紹介します。また、安く契約するときに注意する点についてもご紹介します。以下でご紹介する情報は本記事作成時点2016年4月の情報です。時期によってプランの変更や、価格の変動がある可能性がありますので、実際に購入する前にはauのオンラインホームページにて最新の情報をご確認下さい。

スポンサーリンク

どれが安い?auのiPhone契約各プラン

2

現在、auでiPhoneを契約する場合、以下の3つのプランの組み合わせから選択することになります。それぞれのプランの組み合わせの特徴と、価格を比べてみます。なお、以下でご紹介しているプランは「誰でも割」(2年単位の契約で、途中解約すると契約解除料9,500円がかかりますが、各プランが安くなります)を適用する前提での価格です。また、端末の代金については別途かかります。

スーパーカケホ(電話かけ放題S)+データ定額

iPhoneで短い通話がメインとなる使い方をしている場合、スーパーカケホ(電話かけ放題S)を組み合わせるのがベストです。このプランは24時間、国内通話で固定電話、他社ケータイ問わず、「1回5分以内」なら何度通話しても無料と言うのが魅力。長話はできませんが、色々なところに頻繁にかける場合には便利です。これに、ご自分の利用状況に合わせたデータ定額プランを選びます。スーパーカケホは月額1,700円、データ定額はパケット利用量1GB(月額2,900円)~13GB(月額9,800円)まで6つのプランがあります。また、インターネットをするためにはLTE NET(月額300円)が必須となります。

以上の組み合わせ例で月額が、最も安いデータ定額1(1GB)で、4,900円、最も高いデータ定額13(13GB)で、11,800円となります。ちなみに、データ定額3(3GB)で、6,200円ですので、データ利用量が3GB程度の方はこの料金を目安としてください。

カケホ(電話カケ放題プラン)+データ定額

iPhoneで通話がメインとなる使い方をしている場合、カケホ(電話カケ放題プラン)を選択するのがベストです。なんといっても国内通話が24時間どれだけかけても定額なのがうれしい。それでいて、月額2,700円と低価格になっています。ただ、必ずデータ定額プランとの契約が必須で、データ定額2(2GB、月額3,500円)~データ定額13(13GB、月額9,800円)との組み合わせが必要です。また、LTE NET(月額300円)も必須です。

以上の組み合わせ例で月額が、最も安いデータ定額2(2GB)で、6,500円、最も高いデータ定額13(13GB)で、12,800円となります。データ定額3(3GB)では、7,200円となります。スーパーカケホと組み合わせたときより1000円高いですが、24時間通話無料のメリットは大きいので、こちらのプランがお勧めです。

LTEプラン+LTEフラット

iPhoneで通話はほとんどしないけれど、パケット利用量をできるだけ多く使いたい、また、電話をかける先はauの携帯宛が多い場合には、LTEプランとLTEフラットを組み合わせる方法が最適です。この組み合わせだとLTEプラン(月額934円)と、パケット利用量7GBの定額のLTEフラット(月額5,700円)、LTE NET(月額300円)が必須で、月額6,934円となります。先にご紹介したスーパカケホ、カケホとの組み合わせでパケット利用量8GB(7GBのプランはありません)の場合、月額9,000円以上となるのと比べると、維持費は安く抑えられます。LTEプランはau携帯宛に限りますが、1時~21時は通話が無料なのも大きなメリット。家族や友達でauが多い場合はこれがベストでしょう。

もっと、基本料金を下げたいときに使えるワザ

3

iPhoneを購入すると、安いプランでもどうしても維持費が高くなりがちです。もう少し、月額料金を下げたい場合に使える購入方法と、デメリットをご紹介していきます。

下取りプログラムを使って買い換える

iPhoneを購入するとき、以前使っていたiPhoneがあったらそれを下取りして、買い換えましょう。そうすることによって、同じauのiPhoneを下取りに出すなら最大で30,000円程度のポイントでの還元となります。毎月の利用料金の支払いに充当すればその分、安くなる仕組みです。この時注意し無ければならいのは、下取りに出すiPhoneにまだ、機種代金の分割支払金が残っていた場合は引き続き支払う必要があることと、下取りのiPhoneに毎月割の割引があった場合無くなってしまうため、下取りに出す機種は必ず分割支払金の無いものにする必要があります。また、デメリットとして、手元に古い端末が残らないため、2台持ちなどの活用ができないことです。

auスマートバリューを使う

iPhoneの購入に合わせて、ご自宅のインターネット環境もauに変える事で、auスマートバリューが適用され、毎月最大934円~2,000円(最大2年間)の割引が受けられます。また、固定回線ではなく、ルーターとのセットもあります。この割引では家族でauの携帯を使用している時に大きな恩恵を受けられます。ただし、この時に変更前のインターネット環境によっては必ずしもauの回線が安くなるとは限りません。ご自宅の通信環境を切り替える際は、切り替えることによって料金が安くなるか、十分に検討した上で行って下さい。なお、auスマートバリューのために新規に回線を引く状況の場合、自宅に光回線が新規で必要なければ、活用するメリットがありません。また、プロバイダについても指定されているため、変更の必要が発生する可能性があるのもデメリットと言えるでしょう。

MNP(他社からの回線から乗り換える)で機種変更する

auショップによっては、他社(docomoやSoftBank)から電話番号そのままで、乗り換えを行った場合、キャッシュバックキャンペーンなどを行っている店舗があります。そういった店舗が近くにあった場合、MNPを行ってauに乗り換えることで、端末代金の割引や、キャッシュバックなどを受けて契約する事ができます。ただし、こういったキャンペーンはどこの店舗でも行っているわけではなく、実際に店舗に行って内容を確認する必要があるため、そういった店舗が近くにない場合は活用できません。どうしても利用したい場合は、インターネットなどを活用してこういったキャンペーンを行っている店舗を探す必要があります。また、MNPのデメリットとして、キャリアメール(回線事業者から割り当てられるメールアドレス)は変更する必要があります。

自分の使用する環境に最適なプランをじっくり探して契約する

4

iPhoneをauで新規契約や、機種変更で契約する場合、ご自身の利用する状況(電話がメインかどうかなど)をよく確認してから、自分にあったプランにて契約を行って下さい。iPhoneの端末は高額な商品であり、毎月割を利用して分割にて購入される方が多くいるかと思いますが、だからこそ2年間の支払を機種代金も含めて、十分にシミュレーションしておく必要があります。auのオンラインホームページには料金の支払いシミュレーションができますので、活用しましょう。また、iPhoneは店舗によって人気端末の在庫が無いことがありますので、購入は確実なオンラインショップがお勧めです。ご自宅からならじっくり検討ができます。本記事がauのiPhone購入の一助になれば幸いです。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です