iPhoneでアプリが強制終了する場合の対処方法

LINEで送る
Pocket

iPhoneユーザーであれば一度は経験した事はある症状の一つに、アプリが急に落ちるや起動しないなどがあります。これをきっかけにiPhoneが嫌いになり機種変更する方もいます。大切なデータが消えてしまった、気に入っているアプリが起動しなくなった時の対処方法を知っておくと問題を回避できると思います。

アプリが起動しない、フリーズする症状は人気のあるアプリで起こりやすい傾向にあり、ユーザー数の多いアプリには負荷がかかるのが原因と考えられます。使いたいアプリが思いのままに使用できない事はかなりの苦痛です。トラブル発生時の対象方法をいくつかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

トラブル例

74

出典:http://lineq.jp/

アプリの通知がこない

アプリの新着情報をアイコン上に表示するバッジや通知センターにてお知らせする機能があります。これにより常にアプリを起動させておく必要がなくなり、新着情報の見逃しも減ります。この通知がこないやバッジは表示されているのに新着情報が更新されない時があります。

アプリが重たい

アプリを起動するまでに時間がかかる。SNSアプリを使用時に白い画面のままフリーズしてしまう。一部の画像が表示されない時がある。スクロール時に画面がカタカタとおかしな挙動をする。この様に今まで正常に使用できていたアプリが急におかしくなる事があります。一般的にはこの様な症状を重たいと表現します。重たくなる要因はメモリの不足が原因の可能性が高いです。

通信速度が遅い

『iPhoneがネットワークに接続されていません』と表示されたり。画面をスクロールしても動かない、SNSにて投稿時に時間がかかる。この様な症状が出ている場合はまず、キャリアの速度制限を確認して下さい。特に問題がない場合はiPhoneのインターネット接続が上手くできていない可能性が高いと思われます。

アプリが落ちる

ゲームや読書、SNSと様々なアプリがあります。これらのアプリを使用時、急にホーム画面に戻ってしまう事があります。この様な症状をアプリが落ちると表現します。アプリが落ちる原因にはバージョンが最新ではない、iPhoneとの互換性が悪いなどがあります。iPhone、アプリ両方のバージョンを確認する必要があります。

アプリを起動出来ない

前項と類似ですが、アプリを起動させるとすぐにホーム画面に戻ってしまい起動出来ない症状もあります。起動できる場合はアプリ内のデータを保存できますが、起動出来なくなると手のつけようがありません。アップデートで改善がない場合、アプリを削除して再インストールになります。必要なアプリはこまめにデータ保存する事をおすすめします。

エラーが繰り返される

『ネットワークに接続されていません』『エラーが発生しました』『送信できませんでした』などのメッセージが表示される事があります。SNSで投稿が完了しているのにも関わらず『送信中』になっていたり、何もしていない時に表示が出たりする事もあります。この様な症状はネットワークがぶつかっている状態というイメージです。このまま使用を続けるとバッテリーの劣化にも繋がりますので早急に改善が必要です。

トラブル発生時の対処方法

強制再起動

iPhoneのタッチが効かない、フリーズしたなどトラブルが発生した時は強制再起動を試します。強制再起動とは電源ボタン(スリープ/スリープ解除ボタン)と本体下にある丸いホームボタンを同時30秒以上押し続けます。一旦画面が真っ暗になり電源OFFの状態になります。そのままボタンを押し続け、画面中央にリンゴマークが出ればボタンから手を離します。この強制再起動を行うことで蓄積されているデータが緩和されメモリの開放に繋がります。

マルチタスク

ホームボタンを押す回数により動作がことなります。一度押しで、ホーム画面へ戻る。二度押しで、マルチタスクの起動。三度押しでショートカットを起動。ショートカットとはiPhone内にある機能をホームボタンのみで起動させるものです。

AssistiveTouchを設定するとスクリーンショットが簡単に撮れたりし便利です。今回必要な動作はホームボタンの二度押しになります。マルチタスクを起動させ使用しているアプリを上にスワイプしていきます。スワイプする事で、起動しているアプリを強制的に停止させる事ができます。アプリが正常に動作しない場合、目には見えない内部でアプリがクラッシュしている可能性があります。マルチタスクの削除はこの様な場合に強制終了させる事ができます。

アップデート

動作がおかしい、アプリが起動しない時はバージョンに問題がある場合があります。iPhone本体のアップデートをしたが、アプリのアップデートはしていない。この様な場合にアプリをiPhone間で互換性がなくなり、起動出来ないや正常に動作しないなどの症状が発生します。

アプリのアップデートをしてiPhoneのアップデートをしない場合も同じです。iPhoneのアップデートが更新されてからすぐにはアプリ側のアップデートは行われない事がほとんどです。なので、iPhoneのアップデートをすぐにしてしまうとアプリが使用できない期間ができてしまう事もあります。アップデート前にはしっかり情報収集が肝心です。

ネットワーク設定のリセット

通知がこない、送信できない、更新できないなどが発生した場合はデータをいきなり削除するのではなく、ネットワーク設定のリセットを試します。ネットワーク設定のリセットとは、インターネット上のパスワードやWi-Fiのパスワードなどの設定のみリセットする機能です。

ネットショッピングやSNSなど自動ログインしているものがすべて解除されます。インターネットの速度が遅い時や、エラーがでている場合に使用します。アプリの異常だけではなく、電波の部分が検索中表示になっている時もこの方法で改善する事があります。

アプリの削除

75

出典:http://www.ipodwave.com/

アップデートを試しても改善しない時は一度アプリを削除します。削除の方法はアプリのアイコンを長押しし、左上に表示された×マークをタップします。アップデート中にアイコンがフリーズした時やアイコンがグレー色になっている時もアプリ削除を試します。

注意点

バックアップ

何をするにもバックアップを取ってから行って下さい。強制再起動をするだけでもiPhoneに負荷がかかりますので、iPhoneが起動しなくなる事もあります。アプリのアップデートを行った結果、アプリが初期化されていた案件もあります。できる限りパソコンかiCloudにバックアップととり、最悪の事態に備えてください。

再インストール

アプリの削除を行い再度インストールする場合、データの引き継ぎが必要なものがあります。主にSNS系がログイン用のIDとパスワードが求められます。その他にもアプリ内でデータの引き継ぎやデータのバックアップを行えたりします。削除前にアカウントや必要事項のメモを取っておくと便利だと思います。

さいごに

iPhoneを使用するうえで、最低限の対処方法をご紹介してきました。アプリのフリーズやクラッシュは使用年数が増えるほど回数が増えてきます。はじめの頃はさくさく動いていたのに最近は動作がもたつくと感じる。最近バッテリーの持ちが悪くなってきている。

この様にメモリの蓄積によりiPhoneに負荷がかかり正常に動作しなくなってゆきます。少しでも長く快適に使用するためにはリフレッシュ作業が必要不可欠です。お部屋を掃除する感覚でiPhoneも適度に整理整頓していくと、快適に使用できると思います。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です