iPhoneアプリのダウンロード・インストール方法解説

LINEで送る
Pocket

買ってきたままのiPhoneでも通話やメールのやり取り、写真撮影などの基本操作はできますが、各種アプリを導入すると基本操作がさらに充実するだけでなく、いろんなことができるようになります。

iPhoneの価値を最大限引き出すためにも、アプリのダウンロード、インストールは必須です。必須作業だけに、操作自体は全然難しくありませんが、知っておいた方がよいことも多々あります。本記事では、iPhoneアプリのダウンロード・インストールの解説と、トラブル時の対応についてご説明します。

[ad1]

1.iPhoneアプリのダウンロード方法

iPhoneアプリのダウンロードはAppStoreより行います。AppStoreで入手できるアプリの全ては、Appleの承認を得ています。

ツールを導入すれば、AppStore以外のアプリを入手することも可能ですが、個人情報抜き取り等の悪意を持ったアプリが潜んでいる可能性があります。また、その行為は「脱獄(Jail Break)」と呼ばれ、一旦やってしまうとAppleのサポート一切が受けられなくなるためお勧めできません。

なお、AppStoreでは無料アプリであっても「購入」と表現されていますが、知らぬ間に課金されることは決してありません(有料アプリの場合は導入の都度、支払方法を選択せねばならないのでわかります)ので安心してください。

1.App Storeをタップする

ホーム画面にある”AppStore”をタップします。AppStoreは、初期状態のiPhoneに必ずインストールされており、削除もできません。

appstore

下にある5つのアイコンから、さまざまなことができます。

icon

2.おすすめやランキングからアプリを探す

画面下のメニューの”★”をタップすればおすすめアプリの一覧を見ることができます(起動直後は、おすすめ画面が開きます)。

「おすすめ新着」などのカテゴリに分かれて表示されます。下へスクロールすると、色んなカテゴリのアプリを見ることができます。また、同じカテゴリのアプリは、横にスライドすればさらに表示されます。

全部見たい時は、右端の「すべてを見る」をタップしてください。

osusume

「ランキング」をタップすれば、ダウンロード数などの基準に基づき、アプリがランキング順に表示されます。

ranking

こちらのページに、ランキング基準の詳しい説明がありますので参考になさってください。

App Store のランキングはどうやって決まるのか?

3.カテゴリ別に探す

入手したいアプリのカテゴリが決まっている時は、カテゴリ別で探すのが効率的です。「カテゴリ」をタップしてください。上3つに人気カテゴリが、下にスクロールすると全カテゴリが表示されていきます。

category

4.検索ボックスからアプリを探す

入手したいアプリが具体的な時は、検索ボックスが便利です。「検索(虫眼鏡のアイコン)」をタップすると、上部に検索バーが出ますので、アプリ名やキーワードを入力し、右下の検索ボタンをタップすると結果が現れます。

kensaku_a

Webブラウザでの検索と同じで、一部語句を入力すると、関連のキーワード候補が出ます。さらに絞り込みたい時はこの候補をタップするようにします。

アプリ名そのものが正確にわからない時も同様で、名前の一部や関連するキーワードを入力すれば候補が現れます。

kensaku_b

検索キーワードについては、こちらのページに詳しく書かれています。

公開したら試したい!アプリ検索で上位表示させるASO施策方法

アプリを作成する方向けのページですが、入手する側からしても、効果的な検索キーワードを考える際に参考になるかと思います。

5.詳細ページを見る

アプリのアイコンをタップすると、詳細ページを見ることができます(中央と右の画面です)。

detail_a

いくつかのサンプル画面がありますので、横へスクロールすれば全部見ることができます。下へスクロールすると、アプリの説明や更新情報などの詳細情報が確認できます。対応するiOSのバージョンも記載されていますので、自分のiPhoneで使えるかどうか確認しましょう。

6.アプリの紹介動画を見る

アプリのサンプル画面が、動画へのリンクになっている時があります。再生マークをタップすれば紹介動画を見ることができます。動画が終わると、自動的にAppStoreに戻ります。見るのを途中でやめたい時は、左上の「完了」をタップしてください。

movie

7.アプリをインストールする

アプリの一覧画面またはアプリの詳細画面で、右側の青枠をタップするとインストールすることができます。アプリは無料のものと有料のものがありますのでご注意ください。

【入手と書かれているアプリ】

muryo

基本無料です(後々、機能アップなどに課金が必要な場合もありますが、するしないの選択は自由です)。一回タップすると、表示が「インストール」に変わります。

install

もう一度タップすると、AppleIDの認証が行われます。AppleIDのパスワード入力を求められた場合は入力して「OK」をタップします。TouchID対応のiPnoneだと、ホームボタンを触ればOKです。

認証が終わると、アイコンが丸いインジケータに変わり、インストールが始まります。途中でここを押すと、インストールを中断できます。

install2

【金額が書かれているアプリ】

yuuryo

有料です。一回タップすると表示が「購入」に変わります。もう一度タップすると支払の設定へ進みます。支払方法にはクレジットカード、あるいはAppleのプリペイドカード(コンビニ等で入手可能)が選べます。クレジットカード払いが不安な方は、プリペイドカードの方が安心です。

支払方法については、下記リンクにわかりやすく書かれていますので参考になさってください。

iPhoneでApp Storeの支払い方法を設定する方法

支払方法設定の後は、無料アプリと同じ手順でインストールできます。

8.ホーム画面にアプリが追加される

インストールが終わると、右の青枠が「開く」に変わり、ここから開くこともできますが、アプリのアイコンがホーム画面に追加されますので、次回起動時からはこれを使います(初回からでも可能です。)アイコンは、最後尾に追加されます。

2.iPhoneアプリダウンロードができないとき

原因は様々ですが、アプリのダウンロードやインストールがうまくいかない時の対処について説明します。

1.機内モードのオン・オフを繰り返してみる

通信自体に問題がある場合、機内モードのオン・オフを繰り返すと状況が改善することがあります。

【方法】
1.ホーム画面の「設定」をタップします。
2.一番上に「機内モード」があります。オンにすると画面の左上が飛行機のアイコンに変わります。再度オフにすると、4G等の接続表示が現れます。

kinai

一回でうまくいかない場合は、上記2.を何度か繰り返してみてください。

2.iPhoneのストレージ容量を多くする

iPhoneのストレージ容量(空き容量)不足のため、アプリがインストールできない時があります。この場合は、ストレージ容量を稼ぐ必要がありますが、3つ方法をご紹介します。

【インストール済アプリを削除する】

最も手っ取り早い方法ですが、削除したアプリは使えなくなってしまいます。

sakujo_a
  1. ホーム画面上にあるアプリのアイコンを、どれでもいいので長押しします。
  2. アイコンがぶるぶる震えだします
  3. 削除するアプリの左上の「×」を押すと確認画面が表示され、「削除」をタップするとそのアプリが削除されます
  4. 削除後、ホームボタンを押すとアイコンの震えが止まり、通常に戻ります

【Safariのキャッシュを削除する】

ネット閲覧で使用するSafariは、閲覧履歴やリーディングリスト、Cookie(ログインIDやショッピングサイトのお気に入り)などの情報(キャッシュと呼ばれます)を溜め込んでいて、ストレージを意外と使っている場合があります。

safari_a
  1. ホーム画面で「設定」をタップします
  2. 下へスクロールしていくと「履歴とWebサイトデータを消去」があります。これをタップするとキャッシュが削除され、その分空きストレージが増えます

※これを実行すると、Safariが記憶していたネット上で使用していたIDやパスワードの情報が消えますので、再度入力する必要があります。

【iOSのアップデートを削除する】

iOSは、アップデートがあるとiPhone内に自動的にデータをダウンロードします。これを削除することで容量稼ぎができます。

iosupdate
  1. ホーム画面で「設定」をタップします
  2. 「一般」→「ストレージとiCloudの使用状況」→「ストレージを管理」を順にタップします
  3. 「iOS XX.X.X(Xはバージョン数字)」をタップします
  4. 「アップデートを削除」が表示されていれば、これをタップして空きストレージを稼ぐことができます

iOSのアップデートファイルは大サイズであることが多いです。今回の例でも467.8MBありました。いつでも確実に取れる手段ではありませんが、大容量を手っ取り早く稼ぐにはお勧めの方法です。

3.App Storeからサインアウトし、再度サインインする

認証関係がうまくいかない時に試してみて下さい。

signout_a
  1. AppStoreの「おすすめ」ページで、一番下までスクロールします
  2. 自分のAppleIDが表示されているところをタップします
  3. メニューが開くので、「サインアウト」をタップすると、表示が「サインイン」に変わり、サインアウトできたことがわかります
  4. AppleIDが表示されていたところが「サインイン」に変わりますのでもう一度タップして「既存のAppleIDを使用」を選択しサインインし直します
  5. サインインが完了すると、表示が再びAppleIDに変わります。時間がかかることがあるのでしばらく待ってみてください
signin_a

4.iPhoneを再起動する

上手くいかない理由がよく判らない時は、iPhone自体を再起動してみましょう。

reboot_a
  1. 電源ボタンを長押しします
  2. 「スライドで電源オフ」画面が現れますのでスライドすると、iPhoneの電源が落ちます
  3. 電源ボタンを長押しします。リンゴマークが現れ、しばらくするとiPhoneが再度起動します。
  4. TouchID非対応のiPhoneでは、再起動時にパスコード入力が必要です。忘れている場合は前もって確認しておいてください。

5.iTunesでダウンロードした後、iPhoneと同期する

パソコン上のiTuensでアプリを入手し、iPhoneと同期させることでインストールする方法です。

前もって、iTunesとiPhoneの自動同期しないよう設定しておくことをお勧めします。自動同期が働くと、iPhoneに今入れたくないアプリやデータが自動で転送されてしまうだけでなく、時間がかかることもあります。

【方法】※iPhoneはまだ接続しないでください。

itunes1

1.iTunesを起動し、「編集」→「設定」をクリックします。
2.「iPod,iPhone,およびiPadを自動的に同期しない」にチェックを入れ、「OK」を押します。

itunes_a

3.左上の項目から、「App」を選択します。

itunes_b

4.右上の検索バーから検索し、アプリ候補を表示させます。右のカテゴリから「iPhone App」を選んでおくと、余分なものが表示されなくなるのでよいでしょう。

itunes_c

5.インストールするアプリのアイコン下にある枠をクリックします。AppleIDパスワードを入力し、「購入する」をクリックすると、アプリのデータがiTunes内に保存されます。時間がかかることがあります。

itunes_d

6.iPhoneを接続し、iTunesの左上のiPhoneのアイコンをクリックします。

itunes_e

7.端末情報が表示されますので、左のメニューより「App」を選択します。同期したいアプリの「インストール」ボタンを押し、続けて「同期」ボタンを押すと、同期が始まります。しばらく時間がかかるのでお待ちください(iTunes上部のアップルマークのところに状況が表示されます)。

itunes_f

8.同期が完了すると、iPhone上にアイコンが表示され、アプリを使うことができます。

6.iOSが最新であるか確認する

自分のiPhoneにインストールされているiOSが、アプリの要求するiOSのバージョンを満たしていない場合、インストールできない、できたとしてもアプリが起動しない、という時があります。その際はiOSをアップデートします。

update_a

1.ホーム画面の「設定」をタップします。
2.「一般」→「ソフトウエアアップデート」をタップします。
3.「iOS XX.X.X(Xはバージョン数字)」の「今すぐインストール」をタップします。後は指示に従います。

iOSのアップデートは一般的に扱うデータ量が多く、時間もかかり大がかりになることが多いです。失敗することもまれにありますので、外出先などではやめておいた方がいいです。

iTunesやWi-Fiが使える環境での作業をお勧めします。また、作業前には必ずバックアップを取るようにしてください。

7.アプリをアンインストールして再度インストール

導入したアプリを一旦削除して、再度インストールするとうまくいくことがあります。確実ではありませんが、どうしてもうまくいかない時は試してみる価値はあります。

アプリの削除方法は、上記「iPhoneのストレージ容量を多くする」の【インストール済アプリを削除する】と同じです。

8.iPhoneを初期化してみる

【注意!】この方法は、かなりのリスクが伴いますので最終手段と認識してください。できればやらない方がいいです。

shokika_a

1.ホーム画面の「設定」をタップします。
2.「一般」→「リセット」をタップします。
3.「すべてのコンテンツと設定を消去」→「iPhoneを消去」をタップし、パスコードを入力します。
4.再度、「iPhoneを消去」をタップします。

繰返しになりますが、一旦初期化してしまうと復旧にはかなりの手間がかかります。実行する前に、導入したいアプリの不具合情報をネットなどで調べるのが先です。他の解決方法があるかもしれません。また、実施する場合は前もって、必ずバックアップを取っておいてください。

3.iPhoneアプリダウンロードが遅い時

1.ネットワーク通信の状態を確認する

通信速度を計測できるアプリが多数ありますので事前にインストールしておき、通信速度をチェックしましょう。特に、格安SIMの通信速度は時間帯によってばらつきがあります。

1Mbpsも出ていないような状況でしたら、アプリのダウンロードは一旦中止した方が無難です。

2.Wi-Fi接続へ切り替えてみる

Wi-Fiが使える環境下であれば、Wi-Fiを使ったほうがダウンロード時間は短くて済むことが多いです。

wifi_a

1.どの画面でもいいので、画面の下から上へスワイプします。
2.Wi-Fiアイコンをタップします。

自宅など、以前に接続したことのあるWi-Fi接続であれば、大抵の場合勝手に拾っているはずです。なお、コンビニ等の無料Wi-Fiは状況によって混雑している時があり、アプリダウンロードが全然進まないこともあります。

3.時間を置いて再度ダウンロード/インストール

アプリのダウンロード中、〇に■のアイコンをタップすれば、ダウンロードを一旦停止することができます。

install2

ダウンロードを再開時には、雲に↓のアイコンとなっていますのでこれをタップして再開してください。

install3

4.App Storeからサインアウトし、再度サインインする

上記「iPhoneアプリダウンロードができないとき」の「App Storeからサインアウトし、再度サインインする」と同じです。

5.マルチタスクで動作している他のアプリを終了させる

起動中のアプリがデータ通信をしていて、アプリダウンロードの妨げになっているかもしれません。起動中のアプリを終了させることで状況が改善される場合があります。

appclose

1.ホームボタンを二度押しすると、現在起動しているアプリが全て表示されます。
2.上へスワイプすると、各アプリを終了させることができます。

6.iPhoneを再起動する

上記「iPhoneアプリダウンロードができないとき」の「iPhoneを再起動する」と同じです。

まとめ

iPhoneアプリのダウンロード・インストールについて説明しました。iPhoneと付き合う上で、アプリ導入は避けて通れないものです。

購入後すぐ実施することになると思いますが、慣れないうちの操作となりますので難しく感じるかも知れませんが、上記を参考に色々とインストールしてみてください。きっと、iPhoneがより楽しく、使い勝手のよいものになります。

使っていくうちに、導入したアプリがどんどん増えて動作が遅くなることもあるかもしれません。ストレージ容量と相談しながら、適宜インストールや削除を実施することをお勧めします。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です