Home / iPhone / iPhoneのアプリのデータをバックアップする方法

iPhoneのアプリのデータをバックアップする方法

Pocket

多くの人が利用しているiPhone、その中には普段使っているアプリや電話帳などの消えてしまったら困るデータが沢山詰まっています。日常的に使っているからこそ、もしものときに備えてiPhoneのデータを残しておきたいもの。今回はそんな大切なデータのバックアップをとる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

何故バックアップが必要なの?

バックアップとは簡単に説明すると「iPhoneのデータを別の場所にも保存しておくこと」。そして、このバックアップを取っていないと、iPhoneを壊してしまった時、修理に出した時、失くしてしまった時、写真や電話帳のデータなどの全てを失ってしまうことになってしまいます。

バックアップを行なっていれば、ほぼ全てのデータをiPhoneに戻して元通り使えるようになりますし、こまめに取っておいて損はありません。

iPhoneのバックアップをする方法

まず、iPhoneのバックアップを行うには「iCloud」を使う方法と「iTunes」を使う方法との2種類があります。それぞれに特徴があり難点もありますが、この2つの方法を同時に使うことは出来ないので、必ずどちらか1つを選ぶようになります。

・iCloud:手軽にバックアップを行うことが出来ますが、「iCloud」に空き容量がないとバックアップは出来ません。また、バックアップされるデータは一部のみになります。

・iTunes:若干手間はかかる上にPCを持っていることが大前提になってしまいますが、PCに空き容量がある限り、iPhoneの殆どのデータをバックアップすることが出来ます。

今回は殆ど全てのデータをバックアップすることの出来る「iTunes」を使ったバックアップ方法をご紹介します。

iTunesを使ったバックアップ

普段iPhoneを充電する時に使用する「Lightningケーブル」のUSB端子側をPCに挿し、「Lightningケーブル」のコネクタ側をiPhoneに挿します。

するとPCで「iTunes」が自動的に立ち上がります。もしも起動しない時は、Windowsの場合はスタートメニューから、Macの場合はアプリケーションフォルダから「iTunes」を開きます。因みにMacを使っている場合、「iTunes」は標準アプリとて最初からインストールされていますよ。

初期設定を行う

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

節約術!モバイルデータ通信オフでiPhoneを上手に使うコツ3つ

「動画を見すぎて速度制限がかか …

Facebookでのご購読が便利です