iPhoneのアラームの音が鳴らない時の原因と対策

LINEで送る
Pocket

a80a10124c297d6cb2ffc54208e129a7_s

今回は、iPhoneのアラームの音が鳴らない時の原因と対策について紹介いたします。毎日使う人も多いiPhoneのアラームアプリ。アラームが鳴らないと毎日の朝に支障をきたしてしまいます。

今回は、アラーム音が鳴らない場合の原因・対策に加え、おすすめのiPhoneアラームアプリも紹介しています。ぜひ、お時間ある際に、ご覧ください。

スポンサーリンク

アラームの音が鳴らない時の原因と対策

音量設定を確認し音量を0以外にする

アラームの音が鳴らない時の対策として、音量を0でないか確認したうえで音量を上げる方法があります。

これにより状況が改善される場合があります。まず、音量設定が0になっていないかを確認します。確認方法は、まず、ホーム画面の設定アイコンを開きます。

そして、サウンドを選択し、次の画面の「着信音と通知音」を確認します。0もしくは、音量が小さい場合は、音量を半分程度までは上げてみましょう。

稀にアラームを設定していても音量が0になっていたり、0に近い音量だとアラーム音が鳴らなかったり、もしくは鳴らないような音しか出ていなかったりします。まずは、音量を確認するようにしましょう。

曜日指定が合っているかを確認する

繰り返し設定がうまくされていないことからアラームの音が鳴らない場合があるため、繰り返し設定を確認し、曜日指定がうまくされているかを見てみましょう。

繰り返しのつもりでいても、曜日指定がされていない場合は、アラーム音が鳴らないようになっています。曜日指定を確認する方法は、時計アイコンを開き、アラームを選択します。

画面左上の編集をタップし、該当のアラームを選択します。下に表示される繰り返しを選択すると曜日指定をおこなえるようになります。

繰り返し設定をONでアラームをかける場合は、曜日指定をしておくようにしましょう。繰り返し設定がOFFの場合は、毎日アラームをONに切り替えていく必要があります。

サウンド設定がなしになっていない確認し設定する

アラームのサウンド設定がなしになっている場合は、当然、アラーム音が鳴りません。アラームのサウンド設定を確認してみましょう。

サウンド設定の確認の仕方は、アラームを開き画面の左上の編集をタップし、該当のアラームを選択します。

すると、サウンドという項目がありますので、選択しサウンド設定がなしになっていないか確認し、なしの場合は何らかのサウンド設定をしましょう。これにより、何か問題がない限りはサウンド音が鳴るようになります。

アラームの登録数を減らす

アラームの登録数が多いとうまくアラーム音が鳴らない場合があります。アラームの登録数を減らし少なめにすることで、これを解消します。

アラームの登録数を減らす方法は、アラームの画面左上の編集をタップします。

すると、各アラームの左側に「—」マークが表示されますので、この「—」マークをタップします。

タップしたアラームの右側に「削除」が表示されますのでこの「削除」をタップすればアラームを削除することができます。

どうしてもたまってしまって10~20個ある人もいます。以前のiOSでは3つまでなど制限がありました。迷わなくても良いように極力5個以下まで減らすようにしましょう。

再起動してみる

iPhoneを再起動することにより、状況が改善される場合があります。

アラーム音の問題に限らずですが、iPhoneのを使っていて動作がおかしい時に再起動をすることで問題が解消されることは多いです。

iPhoneを再起動する方法は、iPhoneのスリープボタンを長押しします。

そして画面上に「スライドで電源オフ」と表示されますので、スライドをします。これによりiPhoneの電源が落ちます。

次に少し時間をおいたうえで再度スリープボタンを長押し電源をつけます。これで再起動完了です。初期化とは違いデータが消えることもありませんので安心しておこなうことができます。

バックグラウンドで動いているアプリを終了させる

iPhoneではアプリを起動し使っていて閉じたとしてもアプリは表示されていませんが、完全には終了されておらず動作しています。

このバックグラウンドでのアプリの動作により、アラームが上手く作動しない場合があります。

そのため、アプリを完全に終了させバックグラウンドでも動作しないようにすることで、アラーム音が正常に鳴るようになる場合があります。

バックグラウンドで動いているアプリを完全に終了させる方法は、ホーム画面でホームボタンを2回連続で押します。

するとバックグラウンドで動作しているアプリの画面が表示されますので、アラーム以外のすべての画面を下から上へスワイプし削除していきましょう。

こうすることにより、バックグラウンドで動いているアプリが完全終了します。

iPhoneを初期化してみる

これは最終手段になりますが、iPhoneのシステムなどが原因でアラームが鳴らない場合は、iPhoneを初期化することにより、状況が改善されアラーム音が鳴るようになることがあります。

しかし、初期化することで、iPhone内のデータも消えてしまいますので、初期化する場合は必ずデータのバックアップをとったうえでおこなってください。

また、iPhoneの初期化はあくまで最終手段としておこなうようにしましょう。

iPhoneを初期化する場合は、設定アイコンより、一般を開き、一番下のリセットを選択します。

そして、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。あとはパスコードを入力すれば、iPhoneの初期化完了です。

おすすめの人気iPhoneアラームアプリ

Sleep Meisterアプリ

Sleep Meisterアプリは、レム睡眠を読み取りアラームが鳴るようになっていますので、毎朝快適な起床を迎えることができます。

さらにただ起こすだけでなく寝言やいびきなど、寝ている最中の音も録音することができ、眠りの質を確認・改善していくことができます。

毎日の睡眠状態の統計をとることもでき、睡眠時間、入眠潜時、中途覚醒、深い睡眠、睡眠効率などの項目を目で見て分かる形で管理することができます。

アラームだけでな自身の睡眠サイクルをチェックし変えていきたい方におすすめのアラームアプリです。

Sleep Cycle alarm clockアプリ

Sleep Cycle alarm clockアプリは、睡眠サイクルの記録を取りながらアラームとして機能する性能を持ったアプリです。

睡眠分析をしたうえで、一番目覚めの良いタイミングでアラーム音が鳴るように作られています。

睡眠の質を世界中の国の人の睡眠サイクルと比較することもでき、自分の立ち位置を確認することができます。操作も分かりやすく使い勝手も良い高機能アラームアプリです。

まとめ

今回、iPhoneのアラームの音が鳴らない時の原因と対策とiPhoneおすすめのアラームアプリを紹介いたしました。

アラーム音が鳴らなくて毎朝困っている方は、ぜひ、各方法を試してみてください。アラーム音が鳴らないと毎日の生活に困ってしまいます。

また、iPhoneのアラームも良いですが、多くの高機能アラームアプリもありますので、アラームアプリなども見つけて自分に合ったものを使ってみても良いかもしれません。

睡眠の質を良くすることで、寝ている時間だけでなく起きている時間の生産性も変わってきます。ぜひ、探してみましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です