Home / iPhone / iPhoneでiTunesのアカウントを作成する方法

iPhoneでiTunesのアカウントを作成する方法

Pocket

iPhone

今回は、iPhoneでiTunesのアカウント(Apple ID)を作成する方法について、ご紹介いたします。iPhoneの性能を最大限使うには、App Store、iTunesStore、FaceTime、オンラインストア、iMessage、iCloudなどで使用する、アカウント、Apple IDが必要になります。このApple IDが1つあれば、全てのAppleが提供するサービスを利用でき、コンテンツ購入時もスムーズに行うことができます。これから、Appleデバイスを利用予定の方は、ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

Apple IDを作成する方法について

「Apple IDとは」「iPhoneでiTunesのアカウントを作成する方法」「MacやWindowsなどのパソコンを使ってアカウントを作成する方法」「Apple IDを忘れた場合の対処法」の各項目についてご紹介します。

Apple IDとは

iTunesStoreやApp Storeで、コンテンツを購入ダウンロードするためには、Apple IDが必要になります。Apple IDは、iTunesStoreやApp Store以外にも、iCloud、オンラインストア、FaceTimeなどでも利用ができるアカウントで、Appleの提供するサービス全てに利用することができます。IDは登録したメールアドレスになり、パスワード等は自身で設定します。

iPhoneでiTunesのアカウントを作成する方法

①ホーム画面で、【設定】のアイコンを開き、【iTunes&App Store】をタップし開きます。②【Apple IDを新規作成】をタップすると、【Apple ID】の新規作成画面が表示されます。 ③【Store】を選択します。初期設定は日本となっていますので、そのまま変更せずに【次へ】をタップすると、利用条件とアップルのプライバシーポリシーの確認画面へと移ります。内容をしっかりと確認し、問題がないようであれば、【同意する】をタップします。 

④アカウント情報へと進みます。メールアドレスを入力しますが、このメールアドレスがアカウントIDになりますので、よく使う覚えやすいものにしましょう。そして、パスワードを決め【次へ】をタップします。次の画面では、セキュリティ質問の設定画面になります。このセキュリティ質問は、万が一パスワードを忘れた際に、質問を答えが必要となってきますので、必ず別のメモなどに留めておきましょう。また、【任意のレスキューメール】というものがありますが、レスキューメールとは、万が一の際、このレスキューメールのアドレスを利用してパスワードのリセットをすることが可能になります。最後に生年月日を入力し、アップルからの情報メールを購読するかを選択し、【次へ】をタップします。 

⑤次に、iTunesやApp Storeで有料のコンテンツやアプリを購入した際に用いる支払い情報を入力します。支払い方法は【クレジットカード】か【iTunes Card】を選択します。「クレジットカードの場合」まず、VISA、AMEXなどのクレジットカードの種類を選択します。次に、【カード番号】【セキュリティコード】【有効期限】を入力します。これらのクレジットカードなどに関しては、商品を購入して始めて課金されます。 「iTunes Cardの場合」コンビニなどで購入することができるiTunes Cardでの支払いにする場合は、カード裏面に記載されてある、【コード】を入力します。 

⑥次に、【請求先住所】入力画面へと進みます。【名前】【郵便番号】【住所】【電話番号】を入力し、【次へ】をタップします。アカウントを確認画面になり、登録したメールアドレスに確認メールが送信されますので、届いたメールを確認します。⑥届いたメールを開いて、【今すぐ確認】をタップすると、【Apple ID】【パスワード】の入力画面になり、入力後、【メールアドレスの確認】をタップします。メールアドレスの確認が完了すると、アカウント作成は完了となります。

MacやWindowsなどのパソコンを使ってアカウントを作成する方法

①パソコンからiTunesを起動させます。iTunesをインストールしていない場合は、Appleのホームページを通してiTunesをインストールします。 
②iTunesの画面の【Store】メニューから【Apple IDを作成】を選択して、【続ける】をクリックします。 
③利用条件及びプライバシーポリシーを確認し、問題なければ同意します。 
④入力フォームに必要事項を入力します。入力したメールアドレスが、新しいAppleIDになりますので、普段使うアドレスを入力しましょう。また、セキュリティ質問などの項目もありますので、本人確認のために指定しましょう。フォームの入力が完了したら、【続ける】をクリックします。 
⑤次に、決済に使うクレジットカードと請求先情報を入力します。これらのクレジットカードなどに関しては、商品を購入して始めて課金されます。【続ける】をクリックします。 
⑥アドレスの確認をします。入力したメールアドレスにAppleからメールが届いていますので、そのメールを開き、手順に沿ってアドレスの確認作業を行います。この確認作業が終われば、入力したApple IDが利用できるようになります。

Apple IDを忘れた場合の対処法

「別のメールアドレスを試す」
多い人だと1人で3〜4つものメールアカウントを持っており、Apple IDに登録したアドレスではないものを入力しているかもしれません。まずは、自身の持っているメールアカウントを1つずつ試してみましょう。

「Apple製デバイスで確認する」
既にサインインしているデバイスがあれば、AppleIDを表示することができます。iPhoneの場合だと、【設定】アイコンを開き、【App&iTunes Store】をタップします。もしくは、【設定】を開き、【iCloud】や【FaceTime】などを開いても、サインインしている場合は、Apple IDが表示されます。

「以前の購入履歴を確認する」
以前にiTunesStoreで何か購入したことがある場合は、購入の際に使用したアカウントを調べることができます。方法としては、iTunesを起動し、以前購入経験のあるコンテンツをクリックします。次に【ファイル】→【情報を見る】を選択し、【ファイル】タブをクリックします。【購入者】に、該当コンテンツを購入時に使用したApple IDが表示されていますので、確認します。

「Apple IDアカウントページで確認する」
Appleのホームページに、Apple IDのアカウントページがあるので開き、下部にある【Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?】部分をクリックします。次に、Apple ID入力画面になりますので、【Apple IDをお忘れですか?】をクリックします。名前、メールアドレスを入力すると、別のアドレスを入力できるようになります。

まとめ

今回は、iPhoneでiTunesのアカウントを作成する方法について紹介しました。Apple IDがあるだけで、各Appleデバイスを最大限活用することができます。ただ、1度サインインすると、しばらくは再度入力する必要がありませんので、AppleIDやパスワードを忘れてしまうこともあります。必ずAppleIDとパスワードは別のものに忘れないように留めておきましょう。また、他のサービスと同じパスワードや、生年月日などの分かりやすいパスワードは極力避けるようにしましょう。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

232e9a5d66102618889fba4af54a67ef_s

iPhoneでモバイルSuicaを使いこなして日常をスマートに!

iPhoneが近距離無線通信で …

Facebookでのご購読が便利です