iPhoneでアドレスを変更する方法

LINEで送る
Pocket

今回は、iPhoneについているメールのメールのアドレス(キャリアメール)を変更する方法についてご紹介いたします。普段はこのキャリアメールではなく、LINEやGメールなどを利用している人が多いと思いますが、仕事関係の取引先など、相手によっては、LINEやGメールではなく、キャリアメールを利用せざるを得ないことがあります。

iPhoneを購入して以来、ずっと同じメールアドレスだと飽きてしまうことに加えて、最初にとりあえず設定したアドレスだと格好悪いなど、何かの節目やタイミング、事情などでメールアドレスを変更したい、という方もきっと少なくないはずなのではないでしょうか?

今回は、iPhoneを利用している方がメールアドレスを変更する場合の手順を、ドコモ、au、ソフトバンクの各携帯キャリアごとに紹介しています。既にiPhoneを利用している方も、これからiPhoneに変更を検討している方も、覚えておいて損することはありませんので、お時間がある際にでも、ぜひ、ご覧ください。

各携帯キャリアごとのiPhoneのメールアドレス変更方法

iphone-410311_640

まず、ひとことでiPhoneと言っても、キャリアには、ドコモ、ソフトバンク、auのキャリアの3社があります。一番古いソフトバンク、そしてau、それから後発のドコモと見かけは同じでも中味の仕様や設定の手順などはそれぞれの会社で相違がある場合も多いです。

ここではそれぞれの会社のメールアドレス変更方法を紹介します。各携帯キャリアごとに操作手順が異なりますので、ご確認ください。

ドコモ

まず、Wi-Fiネットワーク設定をオフにする必要があります。Wi-Fiネットワークをオフにするには、画面下から上へスワイプさせるとコントロールセンターが表示されますので、ドコモのWi-Fiネットワークをオフにするやり方は非常にシンプルで、Wi-Fiマークをタップするだけ。この方法でオフにします。これで、Wi-Fiへの接続が解除されました。

次に、iPhoneのブラウザを開いて「ドコモのお客様サポート」の画面を開きます。iPhoneのホーム画面にある【Safari】を開き、ブックマークしてあるアドレスを開きます。ずらっと並んでいるブックマーク一覧から【ドコモお客様サポート】を選択し、表示させます。

次に、【お客様サポート】から【メール設定】を選択し、既存のアドレスから変更する【希望するアドレス】をタップします。次に【メール設定】画面へと移行しますので、【設定する】にチェックし、【次へ】をタップします。

こうすることによって【希望アドレス】画面へと移行します。

既存のメールから希望のメールアドレスに変更した後には、【メールアドレス確認】画面で、アドレスに間違いがないかを必ず確認し、【spモード利用設定】をタップします。【spモード利用設定】画面では、変更した新しいメールアドレスと、注意事項が表示されますので、よく内容を確認した上で、【設定する】をタップします。【プロファイル】画面へと移行しますので、【インストール】をタップします。

次に【プロファイルのインストール】画面に変わりますので、【インストール】をします。

次の【フルネームの入力】画面にて、使用者(差出人)の名前を入力し、【次へ】をタップします。【インストール完了】画面へと移りますので、右上の【完了】をタップします。変更後のメールアドレスに関しては、ホーム画面の設定を開き、【メール/連絡先/カレンダー】を開き、【spモードメール】を選択すると、確認することができるようになっています。

コントロールセンターの表示の仕方は下から上にスワイプするだけとシンプルなドコモですが、付属のブラウザで再び「お客様サポート」のブックマークを探して、入り直したりとちょっとした一手間が気になるドコモのメールアドレス再設定方法です。
やはりiPhoneのキャリア3社で比べてしまいますが、この一手間があるだけでちょっと面倒な印象があるのは否めませんね。

ソフトバンク

次に、iPhoneのキャリアメールのアドレスの、Safariからの変更方法をご紹介します。
まずソフトバンクiPhoneの【Safari】ブラウザを開き、ブックマークをタップします。
ブックマークしてある【ソフトバンクモバイル】を開くと、ソフトバンクのホームページに移動します。

(もしくはデフォルトで入っているトップ画面の「My Softbank」のアイコンをタップするだけで、「My Softbank」の画面に飛ぶことができます。)

次に【My SoftBank】の画面になりますので、【メール設定】をタップして開きます。【Eメール(i)】の【Eメール(i)を設定する】を開きます。【メールアドレスの変更】を選択すると、新しいメールアドレス入力画面になりますので、変更を希望する新しいメールアドレスを入力します。

入力内容を確認してから、問題ないようであれば、【変更】をタップ、次に来る【OK】をタップします。

その次に、ソフトバンクのiPhone側の設定も必要なので設定します。再度、ホーム画面に戻り、設定を開きます。設定の中のSafariを開き、【Cookieをブロック】を押します。次の画面で【常にブロック】以外を選択し、ホーム画面へ戻り設定を開きます。【Wi-Fi】を開き、次の画面でWi-Fiをオフにします。再度ホーム画面へ戻り、【Safari】アイコンを開きます。

次の画面で画面右下の□をタップし、プライベートブラウズがオフかを確認した上で完了をタップします。ブックマークアイコンをタップし、ブックマーク一覧から【ソフトバンク】をタップします。

すると、ソフトバンクのホームページへ移行しますので、右上のメニューマークをタップします。【一括設定】というバナーがありますので、タップします。【一括設定】の画面に移行し、利用規約を確認します。利用規約を確認して、特に問題がないようであれば、【同意して設定開始】をタップします。【SMS認証】画面が表示されると、SMSが該当iPhoneに届きます。SMSを開き、利用規約を確認・同意のうえ、【同意して設定】のURLをタップします。

次の画面で、右上にある【インストール】をタップし、次の【警告】画面で右上の【インストール】を再度タップします。すると、【インストール】【キャンセル】の表示がされますので、【インストール】をタップします。すると【フルネームの入力】という画面に進みますので、メール送信者名を入力し、【次へ】をタップします。【インストール完了】画面へと進みますので、右上の【完了】をタップします。

設定が完了すると、ホーム画面に各種のショートカットアイコンが表示されます。ホーム画面の【設定】を開き、【Wi-Fi】を開き、オフにしておいたWi-Fiをオンに変更したら設定完了です。

ソフトバンクのiPhoneは、「My SoftBank」へのアクセスがアイコンのタップひとつでできるのは非常に便利なのですが、やはりWi-Fiをオフにしたり、ブラウザを開いてソフトバンクの画面に移動したりと行ったり来たりの印象は否めません。加えてSMSで認証をしたりという手間は帰ってドコモ以上に煩雑な印象を受けます。この手間があるから、当初自分で設定したキャリアメールを変更せずにそのまま使っている人も多いのではないでしょうか?

また、My SoftBankへのアクセスには、デフォルトでついているMy SoftBankのアイコンがないと非常に煩雑な印象があり、My SoftBankのパスワードを忘れてしまうとそれにさえも入れないといった事態にも陥る可能性があります。とにかく、ソフトバンクのiPhoneでは、セキュリティー強化のためか、いろいろなパスワードがあり、それの管理も大変だという印象も強いです。

au

まず、同様にWi-Fi接続をオフにするところから始めます。「Wi-Fiネットワーク設定をオフにします」。画面下から上へスワイプさせるとコントロールセンターが表示されますので、Wi-Fiマークをタップしてオフにします。

次に、「メールアドレスを変更します」(メールアプリを利用している場合) 【Safari】を開き、ブックマークをタップします。次の画面で【auお客さまサポート】をタップし、【iPhone設定ガイド】をタップします。【iPhone操作設定ガイド】画面で、【メールの設定を変更・確認したい】を選択します。【iPhoneをもっと使いこなすための設定】画面で、【Eメール設定画面へ】をタップします。

ログイン画面になりますので、【ログイン】をタップします。次の画面で、【メールアドレス変更・迷惑メールフィルター・自動転送】を選択し、Eメール設定画面で【Eメールアドレスの変更へ】を選択します。【Eメール設定暗証番号入力】画面になりますので、ご契約時の暗証番号を入力し、送信をタップします。

次は、【Eメールアドレスの変更】画面へと移りますので、注意内容をよく読み問題ないようであれば、【承諾する】をタップします。次の画面で、希望のEメールアドレスを入力し、【送信】をタップします。入力したEメールアドレスの確認画面となりますので、問題なければ、【OK】ををクリックします。

設定用のSMSが送信されますので、URL付きのSMSが届いたら、メッセージ内のURLを開きます。次の画面で右上部分の【インストール】をタップすると、パスコード入力画面になりますので、パスコードを入力します。次に【インストール】をタップし、【完了】をタップすると設定が完了します。

最初にWi-Fiをオフにしたり、ブラウザを開き、お客様センターへのアクセスは他社と変わらないのですが、メールアドレス変更画面の操作などが3社の中では一番シンプルな印象です。思えば、先行でiPhoneを発売したソフトバンクのいい点を総取りした感のあるauのiPhoneですが、他の設定方法なども他キャリアに比べると一歩抜きん出たところが多い印象です。

このキャリアメールアドレス変更の設定でも、キャリアのWi-Fiを切るだけのための画面へのアクセス、お客様サポートへのアクセスなどちょっとした一手間が面倒くさいといったことをひとつでも除いてくれれば、ぐっと手順がシンプルな印象が強くなると思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回、ドコモ、au、ソフトバンクとiPhoneの各携帯キャリアごとのキャリアメールアドレスを変更する方法についてご紹介いたしました。同じiPhoneなのですが、キャリアによってずいぶんメールアドレス変更方法に違いがあるのには驚きますね。

各キャリアを長年使っている人でも、はじめてスマホを持った時に設定したキャリアメールのアドレスをそのまま使っている人も多いのではないでしょうか?それには、上記のようにいろいろな画面を開いて、順を追って設定をしなければならないというハードルが待ち受けている場合が多いです。

普段はメインではLINEやメッセンジャーや、Gメールなどを使っている人のほうが多いかと思います。しかし、キャリアメールを使うケースというのは人によって頻度は異なりますが、多かれ少なかれあります。

思い起こしてみるとご自身がiPhoneを使い始めてからかなりの年数が経っており、スマホをもちはじめた当初、キャリアメールのアドレスは何も考えずに設定してしまい、そのまんま使っている。という人も、実はかなりの人数がいるのではないでしょうか?PCと同じくらいの性能でありながら、スマホは小さいボディーにいろいろな機能が詰め込まれているため、まだまだ煩雑な設定をユーザー側がやりこなしていかなくてはならない場合が多いです。

キャリアメールの場合も、最初にスマホの使い方もわからずとりあえず設定したため、「ちょっと今のメールアドレスは恥ずかしいな。。」という人も多いはずです。でもそういった感情問題よりも、再設定のための労力と手間を考えると、なかなか実行に移せなかったという人がほとんどだと思います。

ドコモ、ソフトバンク、auの各携帯キャリアごとにメールアドレスの変更方法は異なりますが、ちょっとの手間をかけていま1度自分が納得するメールアドレスに変更さえしてしまえば、しばらくは変更する必要はなくなり、最初にとりあえず設定したメールアドレスで恥ずかしい思いをすることもなくなりますので、キャリアのOSバージョンを変えるとか、新しい機種にするとか、どこかのタイミングで、自分のメールアドレスを見直してみることをおすすめします。

特にビジネスマンの方は、取引先とLINEだけでやりとりするケースはほぼありませんので、Gメールだけでなく、キャリアメールのアドレスにも気を配り、取引先の方に教える場面などがあった場合に、キャリアメールのアドレスを教えても恥ずかしくないように今の内から見直してビジネスに対応できるメールアドレスにしておき、気まずい思いをしないでいいようにしておきましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です