Home / Microsoft / Office for iPadで仕事効率UP!officeアプリの機能を解説

Office for iPadで仕事効率UP!officeアプリの機能を解説

Pocket

デスクワークの作業でパソコンを利用する場合には、Windows環境であればMicrosoft Office関連のアプリを利用している方は非常に多くいらっしゃるのではないでしょうか。

外出先でも業務を行われる方は、携帯出来るデバイスにMicrosoft Officeもしくは単独のOffice関連をインストールして利用する事でいつでもどこでもオフィスでの業務を行なう事が可能となります。

このようなモバイル環境での業務においては、携帯性が良いデバイスを利用かつ作業を行うアプリは自身のオフィスと同等にする事で作業効率もアップする事になります。

そこで本記事ではタブレットのiPadにMicrosoft Officeをインストールして利用できる「Office for iPad」をご紹介させていただき各種アプリの機能についてご説明させていただきます。

なお、iPadにてMicrosoft Office利用する際にはどういったライセンスを購入する必要があるのかという点にもご説明致します。

スポンサーリンク

iPadからオフィスのPCにある資料を編集できる!「Office for iPad」とは

まず、「Office for iPad」とはどういったものなのかをご説明致します。

概要としては一般的にはPC上で利用されるMicrosoft Officeですが、このアプリケーションをそのままiPadに移植して動作出来るようにしたものです。

アプリケーション毎に機能的な制限(これは無償・有償利用との違い及び動作環境OSの違いによるもの)がありますが、基本的な操作に関しては大きな影響は与えないと考えていただいて問題ありません。

Windows環境のMicrosoft Officeで作成された資料等をiPad上で互換機能等を利用しないでそのまま展開して閲覧する事や編集を行えるという点は業務の継続性や作業効率という観点からも非常に優れていると言えます。

従来までは互換性のあるアプリを利用した際に生じていた意図した編集が出来ないといったストレスはもう感じる必要はありません。

PC上のMicrosoft Officeで作成された資料をそのまま閲覧・編集が可能

Office for iPad でのアプリはPC上で動作する同アプリとほぼ同じ機能を提供しますので、場所は異なっても自身のオフィスの居る時と同様に業務を行う事が可能となります。

特に形式変換等は不要ですので、編集途中のドキュメント等もそのまま作業継続できる点はとても便利に感じるのではないでしょうか。

また、特筆すべき事として無償利用が条件付きで可能となる事があげられます。

これはOffice for iPadはiPadの画面サイズが10.1インチ以下であれば無償利用が可能となり、追加コストも不要ですから是非活用していただきたいと考えます。

10.1インチ以上のiPadもしくは業務利用となる場合には、ドキュメントの閲覧のみが可能となる仕様ですが、別途サブスクリプション(ライセンス)を購入する事で制限が解除される事となります。

グラウトストレージとの連携

iPadは操作性も良く機能的にも十分なスペックを持ちますが、やはり業務にて資料作成を行うといった場合にはそのデータをiPad内部に保存するにはその容量はあまり大きくなくあまり余裕はありません。

特に画像等を多用するプレゼンテーション資料等はファイル数が少なくても個々のサイズが大きくなりがちですので、ローカル以外の格納先が必須となります。

その点、Office for iPadは OneDrive や Dropbox といったグラウトストレージとの連携が可能となっていますので、必要に応じてそれらの格納領域を利用する事が出来ます。

グラウトストレージとの連携が可能であれば、業務での一般的な資料作成においてはファイルサイズを心配する事はほぼ無くなります。

外出先にて概要資料をまとめて格納しておき、アシスタントとグラウトストレージを共有して概要資料のブラッシュアップを依頼するといった事でさらなる業務効率化が可能となります。

Office for iPadでできる機能

Office for iPad の関連アプリにおける機能はPC版Officeと同様ではありますが、細かな機能では環境の違い等から差異があります。

一般的な編集操作等ではあまり制限を感じる事は無い筈ですが、アプリの機能を使い込んでいる資料等では一部の機能が利用出来ないといった事が発生する可能性はあります。

以下にOffice for iPad関連のアプリ毎にどのような差異があるのかを整理しましたので、ご利用されるアプリにてどのような制限があるのかをご確認いただければと考えます。

なお、Microsoft Officeには下記3種類のアプリケーションの他Outlook/OneNoteがありますが、本記事ではご利用されている方の割合が多いと考えられる Excel、Word、PowerPointの3つをご説明致します。

次ページ:Word

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

使わない人には邪魔!Cortanaを無効化する2つの方法と注意点2つ

Microsoftの音声認識型 …

Facebookでのご購読が便利です