愛犬と一緒に旅行する方法と連れていけない時の選択肢

LINEで送る
Pocket

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s

今回は、愛犬と一緒に旅行する方法と連れていけない時の選択肢について紹介いたします。愛犬と一緒の旅行は、飼い主にとって、とても楽しみなイベントの1つです。しかし、最低限のマナーや準備をしておかないと、愛犬にとって、とても負担のかかる旅行になってしまいますし、周囲の人にも迷惑を掛けてしまうことになります。

ここでは、愛犬と一緒に旅行する際に、大切なことや事前準備が必要なもの、愛犬を連れていけない時の選択肢について解説しています。近々、旅行を検討されている方は、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

愛犬と一緒に旅行する方法

ここでは、愛犬と一緒に旅行するにあたって、大切なことや事前に準備しなければいけないことについて紹介いたします。

無理のない計画を立てる

愛犬と一緒に旅行をすることは飼い主としては楽しみでしかありませんが、愛犬からすると、急な環境の変化や長時間の移動により、ストレスを感じたり、疲れたりして病気の原因になる可能性もあります。くれぐれも人間より体力のない愛犬に考慮した無理のない計画を立てるようにしましょう。愛犬も、疲れるような計画であれば、せっかくの旅行も十分に楽しむことはできません。

ペットOKの宿泊施設を探す

大手旅行サイトなどでは、ペットOKかどうかを選択条件に入れて宿泊施設を検索することができます。目的地周辺にあるペットOKの宿泊施設を探すようにしましょう。ペットOKの宿泊施設がない場合も、念のため電話で確認すると良いでしょう。ペット同伴禁止の宿泊施設に愛犬を隠して連れて行ってはいけません。

体調チェックを怠らない

旅行中は、常に愛犬の体調をチェックし健康管理に気を配るようにしましょう。飼い主にとってはきつくなくても、愛犬にとってはとてもきつく体調を崩しているかもしれません。特に温度差が激しい場所への旅行や、移動時間が長い旅行は、定期的に体調チェックをおこない、いつもよりも休憩を多めにとって旅行を楽しむようにすると良いでしょう。愛犬の体調次第では、旅行の計画も途中で変更することも視野に入れておきましょう。

予防接種をしておく

混合ワクチンの接種などしたうえで旅行に出るようにしましょう。宿泊施設によっては、予防接種済みが条件のところもあります。旅行先や交通機関には、多くの人や動物がいます。お互いのためにも予防接種は必要です。

旅行に行く前にキレイにしておく

旅行に出かける前に自宅でシャンプーやブラッシングなどしてキレイにしておくようにしましょう。バス、電車、新幹線、飲食店、宿泊施設など、さまざまな交通機関や店舗などを利用しますので、ニオイや汚れ、抜け毛防止にも効果的です。

宿泊施設のルールを理解する

ペットOKだからといって、何をしても良いわけではありません。宿泊施設ごとに細かいルールがありますので、事前に内容を把握し厳守するようにしましょう。泊まることができる頭数やサイズ、料金体系などは絶対に把握しておかなければなりません。

また、どの宿泊施設でも、室内に入る前に、足を拭いたり、ブラッシングをしてキレイな状態にします。その際、共同スペースでブラッシングをしたりしてはいけません。室内でも、ソファーや人間用の布団やベッドにペットを入れるのは原則禁止です。

入れてしまってシーツを汚した場合は、弁償などしなければならなくなります。チェックアウトで部屋を出る際は、愛犬の毛が落ちていたり、汚したりしていないか確認し軽く掃除するようにしましょう。

乗り物の中ではしっかり管理しておく

バスや電車、新幹線など、乗り物の中ではケージなどに入れてしっかりと管理するようにしましょう。外に出すのはマナー違反ですし、他のお客さんに迷惑をかける場合があります。座席を汚す可能性もありますので、ケージ内で大人しくさせておきましょう。

飛行機を利用する場合

機内持ち込みは禁止ですので、愛犬は手荷物として預けます。大手航空会社のJALもANAも予約は不要です。出発時刻30分前までに受付と同意書への記入を済ませれば預けることができます。料金は、ペットケージ1個につき3,000円〜6,000円程度です。海外に行く際の国際線の場合は、農林水産省動物検疫所にて輸出検疫を受けて証明書を受け取らなければなりません。詳しくは各航空会社へ問い合わせください。

愛犬を旅行に連れていけない時の選択肢

ここでは、愛犬を一緒に旅行に連れていくことができない場合の選択肢について紹介いたします。

家で留守番

愛犬を旅行に連れていけない場合の選択肢の1つに家で留守番というものがあります。飼い主にとっては一番心もとない選択肢になり、寂しさと心配しかありません。1泊であればまだしも、2泊以上の旅行の際は、ペット見守りサービスを利用すると良いでしょう。

見守りサービスでは、旅行中もスマートフォンやタブレットから、ネットワークカメラで映した愛犬の様子をリアルタイムで確認することができます。サービスによっては、ペットが不調時にサービス会社に要請することで、訪問して対応してくれたり、かかりつけの動物病院へ連れて行ってくれたりしますので、万一の際も安心です。

スマートフォン越しに音声で話すこともできるので、いつもと同じように愛犬に呼びかけたり接することもできます。月額制で基本的には継続して使っていくサービスになりますが、旅行が定期的にあるようであれば、見守りサービスの導入を検討しても良いでしょう。

知人や親戚の家に預ける

知人や親戚などの家に預けることができるようであれば、何かあっても安心です。直接、間近で信頼できる人が見てくれますので、エサや愛犬の体調の心配もそこまでありません。分からないことや何かあった場合はすぐに連絡を取り合って対応することもできます。

ただし、愛犬と始めて接する場合や始めての家の場合は、愛犬もストレスを感じてしまいますので、注意が必要です。また、愛犬のエサの時間や行動パターン、接し方など、必ず預かってもらう人と共有したうえで預けるようにしましょう。

ペットホテル

家の近くにペットホテルがある場合は、旅行中に預けることができます。ペットホテルにもよりますし、愛犬の大きさにもよりますが、1時間あたり200〜500円程度、1日で4,800円〜12,000円程度かかります。人気のペットホテルは、前もって予約をしておかないと満室で入れない場合もありますので注意が必要です。

また、犬によっては、ペットホテルでの他のペットのニオイや鳴き声が気になってしまって眠れずストレスを抱えてしまう場合があります。旅行の日程が長い場合や、頻繁に旅行に行く場合は、経済的負担もかかりますので、利用するにしても日帰りや1泊2日などの短期間の旅行の際が良いでしょう。事前に家の近くのペットホテルの情報を調べておくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回、愛犬と一緒に旅行する方法と連れていけない時の選択肢
について、紹介いたしました。愛犬と一緒に旅行に行く際も、しっかりと事前準備したうえで、愛犬にも周囲にも迷惑がかからないように配慮しましょう。

どうしても、愛犬を一緒に連れていけない場合は、ペットホテルや知人宅に預けましょう。経済的負担の心配や近くに預け先がない場合は、自宅にペット用の見守りサービスを導入して、旅先からもいつでも様子を伺えるようにしておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です