Home / ネットワーク・IT / IT基礎知識 / 防犯・見守り / 愛犬と一緒に旅行する方法と連れていけない時の選択肢

愛犬と一緒に旅行する方法と連れていけない時の選択肢

Pocket

8fa3c7ac0fd381585881c8de33fda647_s

今回は、愛犬と一緒に旅行する方法と連れていけない時の選択肢について紹介いたします。愛犬と一緒の旅行は、飼い主にとって、とても楽しみなイベントの1つです。しかし、最低限のマナーや準備をしておかないと、愛犬にとって、とても負担のかかる旅行になってしまいますし、周囲の人にも迷惑を掛けてしまうことになります。

ここでは、愛犬と一緒に旅行する際に、大切なことや事前準備が必要なもの、愛犬を連れていけない時の選択肢について解説しています。近々、旅行を検討されている方は、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

愛犬と一緒に旅行する方法

ここでは、愛犬と一緒に旅行するにあたって、大切なことや事前に準備しなければいけないことについて紹介いたします。

無理のない計画を立てる

愛犬と一緒に旅行をすることは飼い主としては楽しみでしかありませんが、愛犬からすると、急な環境の変化や長時間の移動により、ストレスを感じたり、疲れたりして病気の原因になる可能性もあります。くれぐれも人間より体力のない愛犬に考慮した無理のない計画を立てるようにしましょう。愛犬も、疲れるような計画であれば、せっかくの旅行も十分に楽しむことはできません。

ペットOKの宿泊施設を探す

大手旅行サイトなどでは、ペットOKかどうかを選択条件に入れて宿泊施設を検索することができます。目的地周辺にあるペットOKの宿泊施設を探すようにしましょう。ペットOKの宿泊施設がない場合も、念のため電話で確認すると良いでしょう。ペット同伴禁止の宿泊施設に愛犬を隠して連れて行ってはいけません。

体調チェックを怠らない

旅行中は、常に愛犬の体調をチェックし健康管理に気を配るようにしましょう。飼い主にとってはきつくなくても、愛犬にとってはとてもきつく体調を崩しているかもしれません。特に温度差が激しい場所への旅行や、移動時間が長い旅行は、定期的に体調チェックをおこない、いつもよりも休憩を多めにとって旅行を楽しむようにすると良いでしょう。愛犬の体調次第では、旅行の計画も途中で変更することも視野に入れておきましょう。

予防接種をしておく

混合ワクチンの接種などしたうえで旅行に出るようにしましょう。宿泊施設によっては、予防接種済みが条件のところもあります。旅行先や交通機関には、多くの人や動物がいます。お互いのためにも予防接種は必要です。

旅行に行く前にキレイにしておく

旅行に出かける前に自宅でシャンプーやブラッシングなどしてキレイにしておくようにしましょう。バス、電車、新幹線、飲食店、宿泊施設など、さまざまな交通機関や店舗などを利用しますので、ニオイや汚れ、抜け毛防止にも効果的です。

宿泊施設のルールを理解する

ペットOKだからといって、何をしても良いわけではありません。宿泊施設ごとに細かいルールがありますので、事前に内容を把握し厳守するようにしましょう。泊まることができる頭数やサイズ、料金体系などは絶対に把握しておかなければなりません。

また、どの宿泊施設でも、室内に入る前に、足を拭いたり、ブラッシングをしてキレイな状態にします。その際、共同スペースでブラッシングをしたりしてはいけません。室内でも、ソファーや人間用の布団やベッドにペットを入れるのは原則禁止です。

入れてしまってシーツを汚した場合は、弁償などしなければならなくなります。チェックアウトで部屋を出る際は、愛犬の毛が落ちていたり、汚したりしていないか確認し軽く掃除するようにしましょう。

乗り物の中ではしっかり管理しておく

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

hacking

自動接続・公衆Wi-Fi接続は危険!ハッキングを防ぐ方法3つ

いまやカフェや地下鉄など公衆が …

Facebookでのご購読が便利です