Home / instagram / 今話題の「InstaMag」で加工した写真を現像できるサービス7選

今話題の「InstaMag」で加工した写真を現像できるサービス7選

Pocket

w_photographer-407068_640今話題のアプリ「instagram」。

芸能人やモデルなどのユーザーが多いことでも有名ですが、流行語にもなった「インスタ映え」を目指して、写真をいかにきれいに加工するかが、若い女の子たちの間を中心に話題になっています。

当初はinstagramにデフォルトで付いている、写真加工機能で満足していましたが、とうとう「写真アプリ」が別に登場しました。

その名も「InstaMag」(インスタマグ)。今回はその「InstaMag」で加工した写真を現像できるサービスについてご紹介いたします。

スポンサーリンク

そもそも「InstaMag」って?

photographer

では、そもそも「InstaMag」とはどのようなアプリなのでしょうか?

「InstaMag」は画像加工ツール

「InstaMag」は画像加工ツールです。

Magと名前が付いている通り、自分の撮った写真をまるでMagagine(マガジン)のように、加工できる機能もあるのです。

「InstaMag」の写真加工の機能には、大きく分けて3つの種類があります。

  1. 数枚の写真をスタイリッシュにレイアウトする「レイアウト機能」
  2. 雑誌や海外の英字新聞風にする「マガジン機能」
  3. 自分の好きな写真を3~4枚選ぶだけで、超おしゃれなポストカードが作れる「ライブラリー機能」

一昔前は高価なグラフィックソフトを使わないと作れなかったような図柄が、自分の好きな写真をレイアウトしていくだけで出来てしまいます。

どの機能も、スマートフォンだけで完結してしまうのですからすごいです。

1.最大9枚の写真をコラージュ

「InstaMag」のレイアウト機能には、最大9枚の写真をコラージュすることができます。

正方形や長方形、さらにそれらのミックスなど、10数種類の中からまず、好きなレイアウトを決めます。

さらにそれらの写真をクリックすると、ピンク気味にしたり、POPにしたり、ノスタルジック風にしたりと、フィルターをかけることができます。

1枚1枚違うフィルターにすることも可能なのです。

①雑誌や映画のポスター風にしたい場合は「InstaMag」

レイアウトした写真を、雑誌や映画のポスター風にすることもできます。

その場合には、「マガジン機能」のFeatureという機能を使いましょう。

②マンガ風にしたい場合は「MANGA」

また、同じく「マガジン機能」の「MANGA」という機能を使うと、まるでコミックの1コマのような、ユニークな写真に加工できます。

コマ割りや吹き出し、雑誌の表紙風など、ユニークなパターンが揃っているので、あなたは好きな写真を当てはめていくだけで完成です。

2.フィルターでよりスタイリッシュに

さらに「InstaMag」では、各機能でレイアウトした写真にフィルターをかけることができます。

フィルターは、14種類ほどあり、赤みや黄みが強いものから、クールな色味、昔のネガのような色のものまであります。どれを選ぶかは、パターンと相性やイメージで決めてみましょう。

かっこいいパターンに写真を入れていくだけでも十分スタイリッシュなコラージュ写真ができるのですが、ちょっと手間をかけて1枚1枚の写真にフィルターをかけていくことで、更にカッコいい写真になり、オシャレ度がぐっとアップします。

1枚のinstagram写真にこれくらいの手間をかけるのが、もはやインスタグラマー(instagramをヘビーに使っているユーザー)の間では常識となっています。

「InstaMag」で加工した写真を現像できるサービス7選

040bad0f36d438277f66bd935a50d33e_s
さらに「InstaMag」で加工した写真を現像できるサービスがあります。

業務用のプリンターで印刷するため、家庭用のものよりはハイグレードな画質に仕上げることができるのが魅力です。

今回は、その中でもおすすめしたい7つのサービスについてご紹介いたします。

1.instantbook

すべてネット上で注文から支払いまで完結できる「Instantbook」は、122ページ、写真60枚のフォトブックです。

柔らかい紙に印刷されているので、自分の撮った写真をパラパラとめくる形式のフォトブックですが、枚数があるため、ずっしりと存在感のあるフォトブックに仕上がります。

ですが、お値段は送料込で1,100円というリーズナブルさ。

表紙はインスタグラムのアカウント名と投稿期間が印刷されますが、印刷設定で印字の有無も選べます。

他の文字はなく、ただシンプルに写真と投稿期間だけが印刷されているフォトブック。おしゃれ度は抜群なので、お世話になった人へのお礼などにも気が利いています。

2.フジフィルム

まるで書店で売っている写真集のようなクオリティーだと評判が高いのが、「富士フイルム」のフォトブック「マイブック」です。

長年写真を扱ってきた実績がものを言う、特殊な紙質と表面加工により、何年たってもきれいだという評判です。

写真の編集は専用のソフトをダウンロードし(PC版のみ)、豊富なテンプレートの中から、写真をレイアウトしたり文字を入れたりして編集し、注文ボタンを押すだけ。

約10日後に自宅にマイブックが到着します。

3.moca

アプリで作って送れる厚紙のはがきmoca。

上質な紙に印刷してくれるので、子供の成長記録や大切な人への挨拶、お礼状など、ちょっと改まったシーンなどにも使えます。

2枚以上で1枚250円と高価ですが、紙代、印刷代、それに送料も込みなので、それほど高くはないのではないでしょうか?

用紙は普通のはがきの6倍の厚みがある合紙はがきで、おしゃれなマット仕上げ。厚みがあるため、反っくり返らないので、インテリアとして部屋に飾っておくこともできます。

4.カメラのキタムラ

カメラや写真を長年扱ってきた実績がある「カメラのキタムラ」のフォトブックは、実にいろいろな種類があります。

従来の家族写真を残すようなスタンダードなものから、インスタグラマーを意識したちょっとおしゃれなもの、ハードカバーで見開きも出来る本格的なもの、スクラップブック感覚で作れるものなど様々で、そのアイディアの豊富さに驚かされます。

また、注文もスマホやPCからネット経由で完結するものから、お店の専用機で注文できるものなどいろいろです。

とにかく種類が豊富なので、きっとあなたのニーズに合ったものが作れるのではないでしょうか?

5.sticky9

Instagramの写真をおしゃれなマグネットにしてくれるサービスとしてスタートしましたが、いまでは、iPhoneケースやステッカーなども作れるようです。

2011年にロンドンで創業したstickey9ですが、日本語対応もされているので楽々サイトから注文できます。

値段はキャンペーンをやっていることも多いため、変動することが多いですが、ステッカーは2000円前後で、ロンドンからの送料込みです。多少画質は粗目ですが、色はとてもきれいだという評判です。

6.しまうまプリント

高品質で安いという評判のしまうまプリント。

写真プリントは1枚6円、フォトブックはなんと文庫サイズで1冊198円という破格値!A5サイズなどの大きいものも作れてその場合でも1冊498円となります。

また、新しく「しまうまアルバム」という無料のサービスも開始し、写真も整理できる上、すぐに注文できるので便利です。

7.canvasgram

canvasgramは、Instagramの写真をキャンバスアートにしてくれるサービスです。もちろん注文から支払いまでインターネットで完結。

キャンバスというと、油絵という固定観念ですが、なんと現在では写真もプリントできてしまうのです。値段は5800円と多少高価ですが、世界に一つの自分だけのアートが出来上がります。

また、同サイトにはオリジナルアートの通販サイトもあるので、お気に入りのキャンバスアートを探してみるのもいいでしょう。

まとめ

d80334f721bf39ebea5974ebd250eeb3_s

いかがだったでしょうか?

Instagramの写真を加工できる写真アプリ「InstaMag」とさらにその写真を印刷して、ポストカードやアートに仕上げてくれるサービスをご紹介致しました。

おしゃれな写真が撮れると評判のInstagramと、加工アプリの「InstaMag」なら、自分だけのアート作品が作れそうですね。是非、作ってみて下さい。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

232e9a5d66102618889fba4af54a67ef_s

iPhoneでモバイルSuicaを使いこなして日常をスマートに!

iPhoneが近距離無線通信で …

Facebookでのご購読が便利です