instagramのタグって何?

LINEで送る
Pocket

800216e1a0f61e900f7190763f14b21c_s

instagramには「ハッシュタグ」や「タグ付け」機能があり、多くの人が使用しています。

これらの機能を活用することで、より多くの人に投稿写真を見てもらい、いいね!をたくさん増やすこともできます。

これらの機能はどのような内容なのでしょうか、また、どのようにして使用すればいいのでしょうか。

ここでは、ハッシュタグやタグ付けの内容、使用方法について確認していきましょう。

特に、最近instagramを始めた方やこれから始めようと検討している方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.instagramのタグって?

19cb5fd445481b1337387866670d094f_s

instagramには「タグ」に関連する2つの機能があります。これらを使うことで、投稿画像やユーザーの露出が増え、より多くの人からいいね!を貰えたり、フォロワーが増える可能性があります。

1.タグとは?

タグとは投稿する写真にデータを付けることです。instagramでは「ハッシュタグ」と「タグ付け」ができ、これらを行うことで画像や動画を検索できるようになります。

2.ハッシュタグ

ハッシュタグとは自由に付けられる検索用キーワードのことです。「#」を頭に付けたキーワードのことで、同じキーワードで検索することで画像が表示されるようになります。

「#レストラン」「#パンケーキ」「#お台場」など、単語を指定することが基本で、1投稿につき最大30個まで設定できます。

例えば、屋台で食べるとんこつラーメンの画像を投稿する際に「#ラーメン」「#バリカタ」「#とんこつ」「#博多ラーメン」「#屋台」「#チャーシュー」などのハッシュタグを付けて投稿すれば、ラーメンに興味がある人が検索した際に表示され、いいね!やフォロワーの増加に繋がりやすくなります。

3.タグ付け

タグ付けとは、画像に関連するユーザーを紐付けることです。

例えば、画像に友人が2人写っている場合に、その2人のユーザーネームも画像に表示されるようになります。

閲覧者が表示されるユーザーネームをタップすれば、そのユーザーのプロフィールページへ移動できます。自身の投稿により、タグ付けされたユーザーのいいね!やフォロワーも増える可能性があります。

2.ハッシュタグの付け方

ハッシュタグの付け方は非常に簡単です。写真を投稿する流れのなかで付けることができ、慣れれば時間もかかりません。

①写真の投稿を開始する

ハッシュタグは投稿画面の最後で付けることができます。まずは、写真の投稿を開始しましょう。

投稿する際は、画面下部の真ん中にあるカメラアイコンをタップします。

②投稿する写真を選択

カメラアイコンもしくは「+」アイコンをタップすると「ライブラリ」「写真」「動画」のボタンが表示され、「ライブラリ」を選択すればカメラロールに保存している写真から選択できます。

また、「写真」や「動画」を選択すれば、その場で撮影した写真・動画をそのまま投稿できます。

③写真にフィルタを適用する

投稿する写真が決まれば、次にフィルタを適用します。Claredon、Gingham、Moon、Lark、Reyes、Juno、Slumberなど、instagramアプリにはたくさんのフィルタが用意されています。

それぞれで写真の見え方も大きく変わりますので、好みに合わせて選択しましょう。

④キャプションの入力画面を表示する

フィルタの適用が済んだ後は、キャプションの入力画面へと移ります。キャプションとは写真の説明文のことで、投稿に対して自由に文章を書くことができます。キャプションに入力した内容が、写真と一緒に表示されます。

⑤キャプションと「#」を入力する

ハッシュタグはキャプションの部分に入力ができますので、まずはハッシュタグに必要な「#」を入力しましょう。#は「半角」での入力が必要です(全角の場合はハッシュタグとして認識されません)。

⑥ハッシュタグを入力する

「#」を入力したら、その後にハッシュタグにしたいキーワードを入力しましょう。単語を入力するとキーワードの候補と投稿件数が表示されますので、その中から選択入力もできます。

⑦okをタップし、写真を投稿

ハッシュタグの入力が完了したら画面右上の「OK」をタップして、タグ付けや位置情報の追加、SNSとの連携設定を行います。見直して内容に問題がなければ「シェア」をタップすることで投稿できます。

3.タグ付けの仕方

友人や知人をタグ付けして投稿する方法も、ハッシュタグ同様簡単に設定できます。

①写真の投稿を開始する

タグ付けはハッシュタグと同じように、投稿画面の最後で設定することができます。タグ付けするためにも、まずは写真の投稿を開始しましょう。投稿する際は、画面下部の真ん中にあるカメラアイコンをタップします。

②投稿する写真を選択

カメラアイコンもしくは「+」アイコンをタップすると「ライブラリ」「写真」「動画」のボタンが表示され、「ライブラリ」を選択すればカメラロールに保存している写真から投稿写真を選択できます。

また、「写真」を選択すれば、その場で撮影した写真をそのまま投稿できます。

③写真にフィルタを適用する

投稿する写真が決まれば、次にフィルタを適用します。Claredon、Gingham、Moonなど、多くの種類の中から好みに合わせて選択しましょう。

④「タグ付けする」をタップ

フィルタの適用が終わればキャプション入力画面へと移りますので、「タグ付けする」をタップします。

⑤タグ付けしたいユーザー名を入力

投稿写真が表示されるため、ユーザーをタグ付けしたい場所をタップします。

入力フォームが表示されるため、タグ付けしたいユーザーネームを入力しましょう。入力中に候補が表示されるため、すべてのユーザーネームを入力しなくても大丈夫です。

⑥一覧からそのユーザーをタップ

該当のユーザーネームを入力しタップすれば、タグ付けが完了します。

タグ付けの位置を変更したい場合は、ユーザーネームを長押しして移動させます。

⑦「✓」をタップし、写真をシェア

タグ付けが完了した後は、SNS連携やその他の情報も確認して問題なければ「シェア」をタップすれば投稿ができます。

4.何のために存在しているのか

ハッシュタグやタグ付けは投稿者や閲覧者の楽しみになるだけでなく、第三者から見られる機会を増やすきっかけにもなります。特に、いいね!やフォロワーを増やしたい方は活用しましょう。

1.ハッシュタグ

先述の通り、ハッシュタグがあることで写真がキーワードで検索して表示できるようになります。写真の露出を増やすことができ、いいね!やフォロワー獲得のために必要な機能です。

2.タグ付け

タグ付けすることで、1つの写真で多くのユーザーを紹介することができます。写真を見た人はタグ付けされたユーザーネームをタップすることで、そのユーザーのプロフィールや投稿を見ることができます。

まとめ

instagramにはハッシュタグとタグ付けがあり、これらの機能を使うことで、より多くの人に写真が見てもらえるようになります。

いいね!やフォロワーの増加にも繋がるため、極力活用するようにしましょう。

特に、ハッシュタグは投稿に関連するキーワードの入力だけですので簡単です。

どちらも設定する際は投稿する流れの中で行えますし、1度行えば覚えれるような簡単な操作でできます。

さっそく、ハッシュタグ・タグ付けをして投稿をし、実際にキーワード検索して自身の投稿を見つけてみましょう。

どのようなハッシュタグを付ければ、より多くの人から注目されるか考えながら行うのも楽しいですよ。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です