Home / instagram / Instagramのリポストの使い方マニュアル

Instagramのリポストの使い方マニュアル

Pocket

xen7615022_tp_v
SNS(ソーシャルネットワークサービス)はすっかり一般化し、今や個人が使うアカウントだけでなく、企業やフリーランスの方までがアカウントを所有する時代になりました。もちろん個人でいくつかのアカウントを使い分けてSNSを活用している方も多いのではないでしょうか。

そんなSNSですが、フォローしているお気に入りの人の情報を、より広く皆に共有したいという思いが高まりました。

例えばTwitterでは、リツイートと呼ばれる、お気に入りの投稿を自分の投稿のように、タイムライン上に流すことが出来るサービスが生まれました。

SNSの中には、既に利用している方もたくさんおられるかと思いますが、主に写真を投稿して共有するSNS、「Instagram」というものがあります。こちらを使っている場合であっても、やはりお気に入りの写真は広く皆に共有したいものです。

では一体、Instagramを使って、Twitterのリツイートのようなことは出来るのでしょうか。ここでは、その方法について、ご案内して参ります。

スポンサーリンク

Instagramの「リポスト」について

takebe_selfy_tp_v-1
Instagramでは、Twitterで言うリツイートのことを、「リポスト」と呼びます。ですが、このリポストという機能は、Instagram公式では提供されておりません。

それでは一体、リポストとは何なのか、正しい使い方やマナー等に触れながら、ご紹介して参ります。

「リポスト」とは

「リポスト」とは、先でもご案内したように、Twitterで言うリツイートと同様の機能のことを指します。自分以外の、フォローしているユーザーやタイムライン上に流れてきた投稿を、自分のフォロワーに対して広く共有をすることです。

リポストをするためには、Instagram公式でこの機能は提供されていないため、サードパーティーアプリを使わなければなりません。リポストをするためのアプリはいくつかありますが、どれも主な機能は、「リポスト」をすることです。

大きな違いはありませんが、アプリそれぞれに特色があるので、Instagramでリポストをしたいという方は是非一度AppStoreやGooglePlayStoreで、「リポスト」と入力して検索をしてみて下さい。

きっと、お気に入りのリポストアプリが見つかるはずです。

リポストする目的

リポストが何なのかということについては、もうお分かりいただけたかと思います。それでは、リポストをする目的とは一体何なのでしょうか。もちろん、お気に入りの投稿や面白いと思った投稿を広く皆に伝えることです。

具体的な目的としては、例えば企業や各種ショップのPR、Webマーケティング効果を目的としている場合があります。

写真というメディアを主に使うInstagramでは、言葉以上に多くの情報量をスピーディーに伝えることが出来ます。そのため、個人で経営を行っている方や、企業のマーケティング手法の一つとして使われることが多いのです。

また、インターネット上で活躍している人やテレビ等のメディアで活躍している人を、応援する目的でも使われることがあります。タレントさんや有名な方の告知を、自分のフォロワーに向けて広く拡散することで、自分のお気に入りのタレントさん等のPRに繋がるため、より広く多くの方に知ってもらうことが出来るのです。

そしてそれが、Instagramでリポストを使って行える支援や応援に繋がるのです。アイドルの熱狂的なファン等は、こういった応援の仕方が一般的になりつつあります。

リポスト正しい使い時

リポストをするときの正しい使い時ですが、これについては特に決まったタイミングはありません。ですが、これはInstagramに限らない話ですが、ある程度のマナーは存在します。

リポストをするときの代表的な使い方は、上記でご案内したような、自分が好きな有名モデルさんやアイドルさんたちが告知をした時、何か情報を広めたいという意志を汲み取った時、リポストをすることでその効果は大きなものとなるでしょう。

ですが、基本的にはマナーを守りつつ、自分が「好きだ」「素敵だ」と思った写真を見つけた時に、リアルタイムでリポストすることが、リポストという機能の正しい使い方と言えるでしょう。

リポストするときの注意

では、リポストをする時の注意点についてです。今や、Instagramでも複数のアカウントを所有することは当たり前になりました。

アカウントの使い分けは人それぞれあるかと思います。趣味のアカウント、ビジネス用のアカウント等、活用方法は様々です。

その様々あるアカウントですが、リポストをする時に投稿するアカウントを選び間違えると、大変なことになるかもしれません。趣味用のアカウントでビジネス関係のリポストをしてしまったとしても、それほど大した騒ぎにはなりません。

ですが、ビジネス用のアカウントで趣味の投稿をしてしまうと、いわゆる炎上という騒ぎを起こしかねません。

リポストをする際には、こういったアカウントの管理には十分に気を付けて活用しましょう。

マナーは守ろう

最後に、上記でもご案内したSNS上でのマナーのお話を致します。まずInstagramというSNSは、写真を主に使ったものです。それはいわば、その人のギャラリーと言っても良いでしょう。

必ずしも相手様にリポストをしても良いかどうかの確認をする必要はありませんが、相手への配慮やリスペクトを忘れないようにしましょう。そうでないと、相手に不快な思いをさせてしまうことに繋がります。

また、自分自身のタイムライン上に他者の投稿を載せることになるので、全体の雰囲気や空気感を大切にしましょう。

あなたをフォローしている方のタイムライン上にリポストした投稿が流れることになるので、その辺りの空気感に配慮するといったことも、Instagramでリポストをする際のマナーと言えます。

フェイス・トゥ・フェイスでマナーが大切なのは言うまでもありませんが、相手の表情や声色をうかがえないインターネット上だからこそ、より一層マナーには配慮する必要があります。

決まったルールはありませんが、相手のことをきちんと考えてのマナーを守ることで、楽しくInstagramでのリポストを楽しみましょう。

誰でもできる!リポストの手順

ここまでは、リポストとは何かという点についてを主にご案内して参りました。ここからは、実際にリポストをする手順について、ご案内して参ります。

リポストをするアプリは複数ありますがここでは、iPhoneでもAndroid端末でもどちらでもリリースされている、「Rrepost for Instagram」というアプリを例として、リポストの手順をご案内致します。

①まずはダウンロードしよう

では、まずはリポストアプリのダウンロードから初めましょう。アプリのダウンロードは、いつも通りAppStoreもしくはGooglePlayStoreを開き、「リポスト」と検索して頂ければ、数種類のリポストアプリが出てきます。ここでは、「Repost for Instagram」をダウンロードしましょう。

②アカウントに注意して、ログインしよう

アプリのダウンロード及びインストールが完了したら、次はログインです。投稿したい自分のアカウントでログインして下さい。複数のアカウントを所有している場合は、くれぐれもご注意下さい。炎上の原因になります。

③リポストしたユーザーを探そう

無事ログインに成功したら、次は、リポストしたいと思った写真を投稿した方を探しましょう。右下に虫眼鏡のマークで「Search」をタップすることで投稿者を検索することが出来ます。

④リポストしたい写真を探そう

検索した結果、リポストしたい写真の投稿者を見つけられたら、その投稿者をタップして、アカウントページに移りましょう。そのアカウントページで、リポストしたいと思った写真をタップして下さい。

⑤いざ、リポスト

リポストしたい写真をタップすると、写真の右下に「Repost」というボタンがあるので、それをタップして下さい。リポストしたときには、元写真の投稿者の名前が表示されます。

リポストボタンをタップすると、その表示位置を選ぶメニューが現れますので、好みに合わせて選択して下さい。

選択すると、また画面が推移し、「Open in Instagram」というボタンが現れるので、それをタップして下さい。

⑥投稿は、いつも通りに

すると、いつものInstagramが起動し、投稿画面に変わります。あとはいつも通り、Instagramに写真を投稿する手順と同じようにシェアするだけで、リポストは完了です。

リポストがうまくいかない時の対処方法

kentamapcamera_tp_v
リポストという機能は、サードパーティーアプリを使って行うので、稀にリポストが上手くいかない時があります。ここからは、そういった時の対処法を、いくつかご紹介して参ります。

①アプリ自体が不具合なとき

まず、アプリ自体の不具合によりリポストが上手くいかない場合です。この場合は、アプリのバージョンやそれに対応したOSのバージョンを確認し、問題がなければアプリの再起動、及び端末の再起動をしましょう。

また、アプリの一時的なアンインストールをし、再インストールをしてみましょう。

この方法でも上手くいかない場合は、アプリの修正バーションがアップされることを待つしかありません。ですので、その間は他のリポストアプリを使いましょう。

②リポストしたい写真に、「いいね!」をしていない

リポストをするとき、実はリポストしたいと思った投稿に、「いいね!」をしていないと、リポストアプリ上でリポストしたい画像が見つかりません。ですので、必ず事前に「いいね!」をしてからリポストアプリを起動しましょう。

③端末のメモリが不足している

最後に考えられる原因として、iPhoneやAndroid端末のそれ自体のメモリ(作業領域)が不足していることも挙げられます。写真を主に扱い、表示数も多いので、Instagramはそれだけでもメモリを占領しがちなのです。

そこに加えてサードパーティーアプリであるリポストアプリを立ち上げていることで、作業をする上で必要な領域を確保出来ずに、上手くリポスト出来ないということが稀にあります。

特に、何年か以前の端末や格安スマホと呼ばれるものだと起こりやすい現象です。こういった時には、作業領域を一度リセットするため、端末の再起動をしてみて下さい。これにより、問題は解決することでしょう。

まとめ

yk0i9a6188_tp_v
いかがでしたでしょうか。ここまで、instagramのさらなる共有機能、「リポスト」についてご案内して参りました。

Twitterのリツイートと同じ感覚で使うことができる機能ですので、まだリポストをご存知でなかった方は、一度試してみることをおすすめします。

まずは、リポストアプリのインストールだけでもしてみては、いかがでしょうか。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

2b56af4cae58a76b18979a678f6a8a4b_s

インスタでお気に入りの投稿を保存する方法

あなたはファッショナブルな写真 …

Facebookでのご購読が便利です