シェア機能を活用してインスタをもっと楽しく!

LINEで送る
Pocket

camerajyosi_takebe_tp_v
今や数多くの種類があるSNS(ソーシャルネットワークサービス)。

FacebookやTwitterを始めとしたテキストが主流だったSNSも今や、写真を主体としたインスタグラムというSNSも流行しております。これまではそれぞれがそれぞれで動いていたSNSが、シェア機能というものにより、たくさんのSNS同士で連携が出来るようになりました。

現在、多くのウェブサイトやアプリをみると、大抵の場合TwitterやFacebookとうのSNSにシェアボタンがあり、例えばニュースサイトの記事等をご自身が使っているSNSアカウントと連携し、共有することが出来るようになっています。それは、SNS同士が連携しているからこそ行えるのです。

ですが、中々インスタグラムへのシェアボタンを見かけることはありません。それは、インスタグラムにはそもそもシェアボタンというものが存在しません。

そこで、インスタグラムではどのようにしてシェアをしていくのかについて、ご案内していきたいと思います。

スポンサーリンク

インスタでもシェアをしたい!

estar0i9a6995_tp_v
せっかく流行していて、写真という情報量を多く含むメディアを主体にし、見ているだけでも楽しめるインスタグラムですから、他のSNSでも使えるシェア機能を使いたいものです。

では具体的に、どのようにしたらインスタグラムでもシェア機能を楽しむことができるのかについて、見ていきましょう。

シェアって?

そのそも、シェア機能とは一体何なのでしょうか。シェア機能とは、簡単に言うと、投稿を拡張することです。このシェアをすることにより、他の人の写真や動画、投稿をより多くの人に共有することが出来ます。Twitter上で行うシェア機能は、リツイートがそれに近いです。
ですが、残念ながらインスタグラムにはTwitterで言うところのリツイート機能が備わっておりません。

シェア機能を拡大することで、同じSNS上だけでなく、他のSNSに自分の投稿や他の人の投稿を、ご自身のアカウントで共有することが出来ます。さらに、現在は多くのウェブサイト、ニュースサイトや動画共有サイトで、SNSに共有するためのシェアボタンという機能が搭載されております。

シェアをすることで、SNSの種類を問わず、自分の好きなSNSの好きなアカウント上に、目についた情報を共有することが可能になります。

インスタにはシェアボタンはないの?

既に何度かご案内していますが、残念ながらインスタグラムにはシェアボタンが存在しません。それにより、外部アプリであったり、他ウェブサイトでインスタグラムにシェアをすることが出来ないのです。

インスタグラムというSNSは、他のSNSよりもクローズドであり、インスタグラム内での共有に長けているSNSなのです。そのため、インスタグラムにはシェアボタンが存在しません。

では、どのようにして自分の写真を他のSNSにシェアしていくのか、その方法について、見ていきましょう。

自分の写真をtwitterやFacebookでシェアしてみよう

まずは、自分が投稿したい写真をTwitterやFacebook等の他SNSにシェアする方法について解説致します。まず、これからインスタグラムに写真を投稿する際には、いつも通り投稿したい写真を選び、フィルターで加工をお気に入りの加工を行ったり、位置を調整し、キャプション入力画面まで進みます。

すると、画面の下に「シェアする」という項目が目に入るはずです。現在は、「Facebook」「Twitter」「Tumblr」「Ameba」にシェアすることが出来ます。ここで、それぞれのシェアしたい媒体を選択し、タップして下さい。すると、まだインスタグラムと連携していないSNSの場合はログインを求められます。

連携しているSNSアカウントの場合は、グレーの表示だったSNS名が、青色に変わります。これを行うことにより、インスタグラムでの投稿をTwitterやFacebookにシェアすることが出来ます。既に投稿している写真であっても、右上のメニューを開くことで、中に「シェアする」という項目があるので、それをタップして下さい。

すると、そのとうこうの編集画面に移り、シェアをするSNSや媒体を選び、同じ要領でシェアをすることが出来ます。

他人の写真をシェアするには?

インスタグラムを見ていると、他人が投稿した写真をご自身が管理するSNSに共有したいという場面も多くあります。その場合は、他の人の投稿の右上にあるメニューを開くと、「Facebookでシェア」「リツイートする」等の項目が出てきます。

これは、インストールしているSNSアプリによっても異なります。Facebookでシェアをしたい場合には「Facebookでシェア」を選択し、Twitterで投稿したい場合には「リツイートする」を選択して下さい。これを行うためには、事前にインスタグラムにTwitterやFacebookのアカウントを連携しておく必要があります。

すると、例えばTwitterの場合、インスタグラム上でTwitterの投稿画面が出てきます。そこには、選択した他の人のユーザー名と、URLが既に記載されています。

さらに入力したいことがない場合は、そのまま右上にある「投稿」をタップして下さい。すると、TwitterやFacebookで他人の写真をシェアすることが出来ます。

シェア設定の使用&解除方法

これまでのシェア方法をするためには、シェア設定をしておくと便利に活用することが出来ます。その設定は、インスタグラムにご自身が使っている他のSNSアカウントを紐付けることで行なえます。まずはプロフィール画面を開き、設定を選択すると、「リンク済みアカウント」という項目があるのでそれをタップして下さい。

すると、連携できるSNSや媒体が複数出てくるので、FacebookであればFacebook、TwitterであればTwitterをそれぞれ選択します。すると、それぞれのログイン画面に切り替わりますので、シェアをしたいSNSのシェアをしたいアカウントでログインを行って下さい。ユーザー名やパスワードに誤りがなければ、無事連携し、シェア設定が完了します。

また、この設定を解除したい場合は、同じ要領でリンク済みアカウントを選択し、解除したいSNSを選択すると画面が切り替わり、「リンクを解除」という項目が出てきます。これをタップすることで、シェア設定を解除することが出来ます。

インスタグラム間で写真をシェアする方法

ここまでは、インスタグラムの写真を他のSNSにシェアする方法についてご紹介してきました。ここからは、インスタグラム内で写真をシェア刷る方法について、見ていきましょう。

専用のアプリを使う

インスタグラムで、例えばTwitterのリツイートのような機能を使いたい場合、インスタグラムにその機能が備わっていないため、サードパーティアプリを使い、「リポスト」をする必要があります。

インスタグラムアプリの一つである、「リポスト」をするためのアプリは複数ありますが、これを使うことによって、インスタグラム間で写真をシェアすることが可能になります。

キャプチャ機能を使う

いわゆる、スクリーンショットを使うことで、画面をキャプチャすることが出来ます。このキャプチャ機能を使い、表示されている画面を画像として保存することで、その写真をインスタグラムに投稿し、シェアすることが出来ます。

ただし、このキャプチャ機能を使うと、余計な部分まで画像として保存されしまうため、画像の加工をして余計な部分を切り取る作業が必要になってきます。それであれば、リポストをした方がシェアをしているということが明確に分かりやすいと言えるでしょう。

パソコンから埋め込みコードを使う

インスタグラムでは、埋め込みコードを使って写真をシェアすることも出来きます。まずは、パソコンでWeb上のインスタグラムにログインを行い、投稿の右下にある「…」をクリックすると、メニューが開きます。すると、「埋め込み」という項目が現れるので、それをクリックして下さい。

すると小さなウィンドウが現れ、その中に埋め込みコードが表示されます。これをコピーし、ウェブサイトに貼り付けることで、インスタグラムの投稿をシェアすることが可能になります。

おすすめリポストアプリ3選

では、先程少し触れた「リポスト」を行えるアプリについて、ご紹介していきます。

Repost for Instagram

まずは定番のリポストアプリです。使い方はとってもシンプルです。インスタグラムでリポストしたい投稿を見つけたら、右上のメニューを開き、「URLをコピー」を選択します。そしてRepost for Instagramを開き、Newという項目の中にある投稿を選択し、リポスト元のユーザー名を表示する位置を選び、画面下にある「Repost」をタップします。

すると画面が現れますのでそこで画面右下にある「Open Instagram」をタップすると、いつものインスタグラムが起動します。そこからは、通常通り投稿を行うだけで、リポストが完了です。

Repost-Photo Video Insta for Instagram

続いてご紹介するこのアプリも、基本的には使い方は同じです。インスタグラムでURLをコピーし、こちらのリポストアプリを開きます。そして同じようにユーザー名を表示する位置を選択し、「リポスト」をタップします。すると、共有先が表示されますので、インスタグラムを選択して下さい。

そこからは、いつも通りインスタグラムで投稿を行う画面に切り替わりますので、いつも通り投稿をして頂ければ、リポストは完了です。

Instagramでリポスト-写真&動画をリポスト

最後にご紹介するこちらのアプリは、少し特徴的です。まず、ストーリーを保存することが出来ます。そして、URLのコピーをすることなく、リポストが出来るので、リポストするまでのステップが少ないです。まずは、インスタグラムのログインを求められますので、いつも使っているインスタグラムのアカウントでログインをして下さい。

すると、インスタグラムで見る画面と同じように最近の投稿を見ることができたり、ユーザーを選ぶことが出来たり、自分の投稿を選ぶことが出来ます。

リポストしたい写真を選び、「Repost」を選び進んでいくと、同じようにインスタグラムが起動し、リポストをすることが出来ます。
紹介した3つの中では、最も分かりやすくリポストすることが出来ます。

シェアをする際の注意点

最後に、シェアをする際の注意点について、いくつかご案内致します。システムとして上手く行かない場合や、マナーといった部分に触れて、ご案内して参ります。

シェアがうまくされないときは?

シェアが上手くされない場合、原因は複数考えられます。ですが、一番大きな可能性として考えられるのは、例えばリポストを使ってシェアをする場合、リポストアプリ側の不具合やアプリのフリーズが考えられます。また、シェア設定が正しく行えていない場合も考えられますので、一度シェア設定を解除して、再度シェア設定を行ってみると、上手くシェアされることもあります。シェアが上手くできない場合は、是非シェア設定を確認し、この手段を使ってみて下さい。

相手のことも考えてる?

他人の投稿、写真をシェアするときには、必ずシェアされる人間が不快な気持ちにならないかに配慮する必要があります。もしプライベートな感覚で写真を投稿している場合、それを勝手にシェアされたら相手は不快に思うはずです。ですので、本来インスタグラム内で自分の写真を共有することが目的のインスタグラムでシェアをする場合は、相手にまず確認をしてからシェアをした方が、トラブルの危険性もなく無難にシェアを行うことが出来ます。楽しく活用することは大前提ですが、自分だけが楽しいのではなくシェアされた相手も楽しければ、インスタグラムをもっと楽しく使うことが可能になります。

まとめ

pasonaz160306010i9a2102_tp_v
いかがでしたでしょうか。インスタグラムでは、本来は投稿をシェアする機能があまりないのです。ですが、ここでご紹介した様々な方法を駆使することによって、インスタグラムの投稿をシェアし、さらにインスタグラムを上手に、そして楽しく活用することが出来ます。ですが、そこには必ず相手の気持ちが存在するため、そういった部分にも配慮して、より楽しく上手に、インスタグラムを利用していきましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です