HTMLとjavascriptの関係性と役割

LINEで送る
Pocket

77f028b6fa62a0ce9bfe88ab2ca76e3b_s

HTMLやjavascriptという言語があることはご存知ですか。それぞれの言語があることで、魅力的なサイトが構築できます。ここでは、「HTMLとjavascriptの関係性と役割」について紹介いたします。また、javascript・HTMLのおすすめ本についても紹介しています。これから、HTMLやjavascriptなどの勉強を検討している方は、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

1.HTMLとjavascriptの基礎知識や役割

ab032ee97cf547c6fa7b7d6525f6aa9e_s

ここでは、HTMLとjavascriptの基礎知識や役割、関係性などについて、紹介いたします。

1.HTMLとは?HTMLの役割

HTMLはホームページやWebサイトなどを作る際に使うプログラミング言語です。Hyper Text Markup Language(ハイパーテキストマークアップランゲージ)の略でHTMLと呼ばれています。HTMLは、Webサイトなどに文書構造などを定義するためのマークアップ言語です。何が存在するかをサイトへ定義します。

サイトに「画像」と認識させたり、「ロゴ」や「テキスト」と認識させるために使い、それを認識してサイトに表示されます。HTMLタグを使い認識・表示させます。HTMLで定義・表現をし、CSSで色付けなどの装飾を行います。

2.javascriptとは?javascriptの役割

javascriptは、動作を表現するためのプログラミング言語です。Javascriptは、HTMLやCSSを書き換えたり、ダイアログ表示やシステム的な動作をさせます。

カーソルを合わせるとメニューリストが表示されたり、文字やイラストなどを点滅させたり、クリックしたらダイアログが表示されるようにしたり、カーソルを合わせると色が変化するなど、サイト上にさまざまな動きを持たせます。

javascriptがあることで、サイト上で動作を表現できます。Javascriptは、一般的にHTMLで動かす場合は、HTMLの中に書くか、外部ファイルとして読み込む方法があります。

2.javascript・HTMLのおすすめ本

ここでは、javascriptやHTMLを勉強する際におすすめの本を紹介いたします。初心者向けが中心ですので、これから勉強する予定の方は確認してみてください。

  1. ①ノンプログラマのためのJavaScriptはじめの一歩
  2. ②入門者のJavaScript
  3. ③確かな力が身につくJavaScript「超」入門
  4. ④スラスラわかるJavaScript
  5. ⑤JavaScript本格入門
  6. ⑥作りながら学ぶHTML/CSSデザインの教科書
  7. ⑦HTML&CSS標準デザイン講座
  8. ⑧デザインの学校 これからはじめるHTML&CSSの本
  9. ⑨スラスラわかるHTML&CSSのきほん
  10. ⑩HTML5+CSS3の新しい教科書

1.ノンプログラマのためのJavaScriptはじめの一歩

ノンプログラマのためのJavaScriptはじめの一歩は、完全なJavaScript未経験者向けではなく、JavaScriptを少し勉強したり触ったことがある初心者向けの一冊です。文法や機能の説明だけでなく、サンプルプログラムを使って勉強していけるので、JavaScriptの基礎知識から実践に役立つスキルまで身につけれます。HTMLやCSSの基本も学べるようになっています。

2.入門者のJavaScript

入門者のJavaScriptは、「手順通りに書いて、動かすだけで自然とJavaScriptが身につく」というテーマの本であり、一つひとつの項目を実際に動かしながら勉強していけます。そのため、JavaScript初心者の方でも安心して、知識や技術を身につけていけます。

3.確かな力が身につくJavaScript「超」入門

確かな力が身につくJavaScript「超」入門は、丁寧にJavaScriptのことが解説された初心者向けの入門書です。テキストの説明だけでなくサンプル作りながら学べるため、知識を覚えるだけでなく、実践的なスキルが身につきます。やりながら勉強できるので、JavaScriptを楽しみながら学べます。プログラミングを学びたくても、勉強が苦手な方におすすめの入門書です。

4.スラスラわかるJavaScript

スラスラわかるJavaScriptは、JavaScript初心者にも分かりやすいように、イラストも多く丁寧に解説してあります。ページの量も多すぎないため、勉強が苦手な方でも続けていけます。まさにJavaScriptの入門書としてバランスがとれており、おすすめの一冊です。

5.JavaScript本格入門

JavaScript本格入門は、JavaScript初心者〜中級者向けの本です。一つひとつの項目で「なぜそうなるのか」「どうすべきか」が解説してあるので、覚えるだけでなく理解しながら学習できます。ある程度JavaScriptに触れたことがある方におすすめです。

6.作りながら学ぶHTML/CSSデザインの教科書

作りながら学ぶHTML/CSSデザインの教科書は、実際にサイトを作りながら勉強できるので、知識だけでなく実践的なスキルも身につきます。一つひとつ手順を踏みながら学べるため、「なんのために行うのか」ということを具体的に理解できます。ソースコードもたくさん載っており、丁寧に解説してある初心者の方におすすめの一冊です。HTMLだけでなく、CSSについても学べます。

7.HTML&CSS標準デザイン講座

HTML&CSS標準デザイン講座は、HTMLなどが未経験者向けではなく、触ったことがある初心者向けの本です。HTML5やCSS3などについて実践的なスキルも含めて身につけられます。講義パートと実習パートに分かれているので、じっくりと理解したい方におすすめです。

8.デザインの学校 これからはじめるHTML&CSSの本

デザインの学校 これからはじめるHTML&CSSの本は、HTMLとCSSを基礎から学びたい初心者向けの本です。デザインもキレイなため読みやすく、各項目を丁寧に解説してあります。デザイナーを目指している方におすすめです。HTMLタグの意味や使い方など、基礎をみっちりと勉強・理解できます。

9.スラスラわかるHTML&CSSのきほん

スラスラわかるHTML&CSSのきほんは、サイトを作りながらHTMLとCSSの基礎から実践まで勉強できる本です。フリー素材を実際にインストールして作業できますので、タグやフォーム、レイアウトなど、HTMLだけでなくCSSも学べサイト作りの理解が深まります。実際にサイトを作り始めた後も、何度も読み返せる実践に役立つ内容まで掲載されています。

10.HTML5+CSS3の新しい教科書

HTML5+CSS3の新しい教科書は、初心者でもHTMLとCSSを分かりやすく学べる本です。サイト制作の基礎知識やマークアップ方法など、実践的なスキルまで丁寧に解説しています。制作内容を中心とした内容のため、実際に使える知識が学べます。実際に作り出してからも、分からないことがあれば参考に読み返せる本です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、HTMLとjavascriptの関係性と役割と、javascript・HTMLのおすすめ本について紹介いたしました。HTMLでコンピュータに各存在を定義し、javascriptで動作を表現します。それぞれの言語を使えることで、魅力的なサイトが作成できます。興味がある方は、ぜひ勉強してみましょう!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です