Home / Google / SEO対策する人必見!Googleサジェストの仕組みとおすすめ取得ツール8選

SEO対策する人必見!Googleサジェストの仕組みとおすすめ取得ツール8選

Pocket

ウェブサイトを運営する上で必ず気をつけなければいけないのがSEO対策。質の良いウェブサイトを作っても訪問してくれる人がいなければ意味がありません。関連ワードで検索された時に上位ヒットするように考える必要があります。

検索をする時に関連ワードの候補が表示されることがあります。そのようなキーワードを サジェストキーワード もしくは サジェスト と言います。

本記事では Googleサジェスト機能の仕組み そして Googleサジェストのキーワードおすすめ取得ツール をご紹介します。サジェストはSEO対策する上で避けられないものです。その仕組みを一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

Googleサジェストで出てくる関連ワードの3つの基準

Googleサジェスト機能により検索キーワードに付随して表示される関連ワードはいくつかの基準を元に選出されています。SEO対策として組み込むためにもその基準を把握しておくことは大切です。

ここでは Googleサジェスト機能の基準 について解説していきたいと思います。Googleサジェスト機能の仕組みを理解するために必要なことなので一緒に見ていきましょう。

Googleサジェストとは


記事冒頭でも紹介しましたが、Googleサジェスト機能とは検索ワードに関連するワードを自動的に表示する機能です。ユーザーが感心があるものを自動的に判断して表示することにより検索機能の利便性の向上を図ったものです。

①検索ボリューム

一つ目は検索ボリュームと言われるものです。より多くのユーザーが検索しているワードがサジェストキーワードとして上位に表示されるようになります。多くのユーザーに検索されているワードであれば 検索ボリュームがあるとみなされる ということですね。

②検索した場所

二つ目は検索した場所が付随されます。検索ワードに関連する 地域場所 が重要な情報としてサジェストキーワードに選出されることがあります。

例えば店舗であれば ランチ ◯◯(地域名) といった感じに表示される仕組みになっています。

③直前の検索ワード

三つ目は直前の検索ワード。直前の検索ワードは、そのユーザーにニーズがあるとみなされ、上位にサジェストされます。この基準はユーザー全体から選出されるものではなく、個人ユーザーに限定されたものです。

Googleサジェストは時に悪影響も及ぼす


Googleサジェスト機能は一見、プラスな事ばかりと思いがちですが、悪影響を及ぼすこともあります。

本項では Googleサジェスト機能のプラス面とマイナス面 について解説していきます。

Googleサジェストのプラスの面

Googleサジェスト機能を使うことで ユーザーが感心のある関連ワード を理解することができます。また自動的に表示されるサジェストキーワードでそのまま検索する人も多くいるため 表示されているサジェストキーワードはどんどん検索ボリュームが高まっていくことも予想されます。

そのような関連キーワードを把握してコンテンツに埋め込んでいくことで、自身のウェブサイトを検索結果に表示させ、より多くの人の流入を見込めるようになります。

Googleサジェストがマイナスに働くときって?

自動的に関連ワードを表示されることが 逆にマイナスに働く事も。詐欺 ブラック といったネガティブなキーワードがサジェストされてしまうこともあります。

このようなマイナス効果は サジェスト汚染 と呼ばれており、ネガティブなワードが表示されることで、せっかく興味をもってくれた人が検索しようとしても悪い印象を与えてしまうというものです。関連ワードが自動的に表示される機能が逆にマイナス面に働いてしまいます。

サジェストを削除する3つの方法

マイナス効果をもたらすサジェストは放置しておくと被害は拡大していってしまいます。ネガティブなキーワードをサジェスト表示されないようにするために行動を起こす必要があります。

Googleに削除申請をする

不当なキーワードがサジェストされている場合、Googleに削除申請をすることで対応してもらう方法があります。Googleの基準によって判断されるため、必ず対応してもらえるわけではありませんが、訴えかけることは大事です。ネガティブなワードがサジェストされている場合は早急に抗議しておきましょう。

Googleヘルプはこちら

法的リクエストを送信する にある ヘルプ からGoogleにサジェスト削除申請を出すことができます。

他のキーワードを優先的にサジェストさせる

ネガティブなキーワードよりも一般的なキーワードが上位に表示されるようにすることでサジェスト汚染を防ぐことができます。ネガティブなキーワードを一発で削除して解決!といった単純明快なものではなく、地道にコツコツ積み重ねていく必要がある方法です。

サジェスト対策業者や弁護士に相談する

サジェスト対策業者や弁護士といった第3機関に相談する方法もあります。事実無根であるサジェストキーワードである場合、弁護士を通せば削除申請が通る確率も高まります。非常に悪質なサジェストキーワードである場合、検討する必要もあるでしょう。

次ページ:おすすめ「Googleサジェストのキーワード取得ツール」3選

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

容量無制限!Googleフォトにバックアップを保存しておく方法

パソコンやスマートフォンに画像 …

Facebookでのご購読が便利です