googleプレイストアの利用方法・接続できない時

LINEで送る
Pocket

Androidユーザーの皆さんは、アプリを落とす際googleプレイストアを利用する必要があります。
しっかりと利用方法について理解し、うまく活用しましょう。

download-1787130_960_720

スポンサーリンク

アプリをダウンロード

オペレーティングシステムにandroidを採用しているスマートフォンやタブレット端末を使用し、購入時にあらかじめプリインストールされている以外のアプリを新規に利用したい場合は、googleプレイストアからダウンロードすることになります。

パソコンの場合は、インターネットブラウザなどを通じて、さまざまなソフトウェアをダウンロードしてインストールする事が可能ですが、androidの場合は、基本的には、セキュリティの関係から、そのような方法が行えないようにロックされています。

アプリの優良性

googleプレイストアでは、厳格なガイドラインが定められており、アプリの製作者を有料でデベロッパー登録をしなければなりません。

その際、料金の支払いのために個人情報や、クレジットカードの登録をしなければならないため、身元のしっかりした人物しか、アプリの公開はできない仕組みになっています。

また、アプリの内容についても、厳しい審査があり、ソフトウェアとしては、ウイルス、マルウェア、スパイウェアに感染していない事や、そのアプリ自身が、悪意のある機能を有しない事はもちろん、作者側に悪意が無かったとしても、システムに致命的なダメージを与えるような不具合が無いか等、詳しくチェックが行われます。

また、一般的なソフトウェアと比較して表現の問題も厳しく、過度なアダルトコンテンツや、暴力表現の含まれているものや、いわゆる公序良俗に反するような内容が含まれているか等も、審査対象となります。

そのような、厳しい基準をクリアしたアプリのみが、googleプレイストアへの登録が許可され、はじめてユーザーがダウンロードできる状態になります。

利用の準備

まずは、googleプレイストアの利用するための下準備ですが、多くの場合は、新規にスマートフォンやタブレットを購入し、最初に電源を入れた際、セットアップウィザードが表示され、画面の指示に従って入力する事で、ネットワーク設定を行い、最後にgoogleアカウントの画面で、既にアカウントを所持している場合は、そのIDとパスワードを入力してgoogleにログインし、アカウントを所持していない場合は、新規作成し、ログインします。

セットアップウィザードの処理が終わると、そのデバイスがgoogleアカウントに登録され、アクティベートが完了し、googleプレイストアを含めた各種サービスが利用できる準備が整います。

利用しよう!

ホーム画面にあるgoogleプレイストアのアイコンをタップすると、画面上部に検索ウィンドウ、その下に新製品のアプリやキャンペーンなどの広告のグラフィック、さらに下にピックアップされたアプリの紹介が表示されます。

また、画面の左にはメニューがあり、利用したアプリの履歴、アカウント情報、設定などがあります。

目的のアプリを探すためには、検索を利用するのが便利です。

具体的なアプリの名称が分かれば、それが一番の近道ですし、名称が分からなくても、例えば、メールクライアントを探しているなら、「メール」と入力して検索すれば、関連したアプリのリストが表示されます。

曖昧な語句での検索も可能で、サーチエンジンのgoogleでお馴染みのサジェスト検索が機能します。

このあたりは関連事業のノウハウが活きているのも、総合IT企業の強みです。

検索結果のリストの中から目的のアプリを見つけてタップすれば、紹介ページが表示されます。

ここで無料アプリの場合は「インストール」、有料アプリの場合は金額が表記されたボタンが表示されます。

「インストール」をタップすれば、自動的にダウンロードとインストールが開始されます。
金額をタップすれば、支払い方法を選択する画面が表示されます。

クレジットカード決済、コンビニなどで購入できるコードから選択し、決済が完了すれば、自動的にダウンロード、インストールが開始されます。

1-3-660x330

googleプレイストアに接続できない時の対処方法

googleプレイストアは、それまで正常に利用できていても、稀にエラーが出て接続できない事があります。原因には、大きく分けてネットワーク接続の問題と、googleプレイストアの問題の2つの可能性があり、切り分けながら解決を目指します。

ネットワーク接続が問題の時

「接続できません」「サーバーからの情報の取得中にエラーが発生しました」「エラーが発生したためダウンロードできませんでした」「接続がタイムアウトしました」というエラーメッセージが表示された場合は、ネットワーク接続の問題が原因です。

この場合は、Wi-Fiやモバイルデータ通信を一旦オフにしてからオンにする、機内モードをオンにしてからオフにするなど、ネットワークの再接続を試します。

これでも解決しない場合は、Wi-Fiまたはモバイルデータ通信が有効な状態でデバイスを再起動するか、電源をオフにしてからオンにします。

googoleプレイストア側の不具合の時

googleプレイストア側の既知の不具合、バグが原因である場合は、多くのケースではキャッシュとデータの削除で問題が解決します。

処理を素早く完結させるなどを目的として、ローカルストレージにキャッシュファイルが生成されるプロセスの中で、稀に破損したファイルが生成されてしまったり、ローカルストレージ側と、サーバー側で整合性が取れずに、エラーが発生する事がありますが、この場合は、キャッシュを削除する事で解決できます。

設定から削除できる形式のキャッシュは、削除しても必要に応じて再生成されますので、削除する事によって不具合が発生する事はありませんので、安心して削除できます。

なお、以下に示すメニューなどの項目は、googleが定めるリファレンスに基づいて記述しますが、メーカーやデバイスによって独自にカスタマイズした表記がされている事がありますので、適宜読み替えてください。

キャッシュを削除するには、「設定」「アプリ」で表示されるリストの中からgoogleプレイストアを選択し、「強制停止」「キャッシュを削除」をタップします。

つづいて、同じリストの中からgoogle開発者サービスを選択し、「強制停止」「キャッシュを削除」をタップします。

キャッシュに起因する不具合が原因であった場合は、これで解決します。

キャッシュの削除でも解決しない場合、プレイストアのデータの削除を試します。

「設定」「アプリ」で表示されるリストの中からgoogleプレイストアを選択し、「強制停止」「データを削除」をタップします。

つづいて同じリストの中からgoogle開発者サービスを選択し、「強制停止」「データを削除」をタップします。

その他の原因の時

キャッシュやデータではなく、google開発者サービスに原因がある場合は、再インストールで解決する事があります。

「設定」「アプリ」で表示されるリストの中からgoogle開発者サービスを選択し、「アンインストール」をタップします。

デバイスによっては「アンインストール」が無く、「無効にする」が表示されていれば、それをタップします。

つづいてデバイスを再起動し、いずれかのアプリをタップすれば、最新のgoogle開発者サービスが必要な旨のメッセージが表示され、指示に従って操作すれば、再インストールが完了します。

それでも問題が解決しなかった場合は、デバイスから一旦googleアカウントを削除してから再設定する事で解決できる事があります。

まずは、対象のアカウントのIDとパスワードを忘れずに控えておきます。

つづいて、「設定」「アカウント」「google」とタップしてから、画面右上の設定アイコンをタップすると表示されるメニューの「アカウントを削除」をタップします。

デバイスを再起動すると、設定ウィザードが表示されるので、先ほどのIDとパスワードを入力して、アカウントの再設定を行います。

まとめ

いかがでしたか?

コンピュータでもスマホでも日常生活にアプリのダウンロードは必須ですよね。

ぜひ、うまく利用してください。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です