Googleの音声技術開発とAndroidの読み上げアプリ

LINEで送る
Pocket

音声認識の開発は、古くから歴史が積み重ねられていますが、本格的に実用的となったのは近年のことです。今回はそんな音声認識についてみていきましょう。

スポンサーリンク

Googleの音声認識技術

akane072160504_tp_v

音声技術開発が進んだことで、音声認識を使ったサービスは次々と登場していますが、その中でもGoogleは参入して結果を残している企業の一つです。

マイク機能

この企業が提供しているのは、主にキーワード検索の新しい検索方法で、まさにマイクを使ったやり方があてはまります。
パソコンのユーザーであれば、Googleの検索サイトにアクセスした際、何気なくマイクのマークを見ているものです。
これは、音声検索機能を使う為のボタンで、ボタンを押すと音声認識機能が動作します。マイクが繋がっている、という前提条件は不可欠ですが、条件が揃っていれば実際に試して体験することが出来ます。
音声認識は、文字通り音声から言葉を認識するので、言葉を発する必要があることが特徴です。勿論、慣れれば抵抗感なく使えるようになりますが、使わなければ慣れることはないので、まずは周囲に人がいない時に試してみることをおすすめします。

音声検索を利用するときのコツ

音声検索を利用する時のコツは、マイクの機能を有効にすること、そして適度な距離を保ちゆっくりと正確に発音することです。
マイクが無効だと、勇気を振り絞って出す言葉が無駄になりますから、必ず確認してからGoogleの検索ページにアクセスしましょう。
距離の程度もまた、音声認識の精度に影響するので、近過ぎず遠過ぎず程良い距離を保つことがポイントです。
指向性のないマイクは、周囲の音や雑音も拾ってしまいますから、その時は指向性のマイクに変えるか、雑音を解消することが必要になります。
スマートフォンを使っている場合は、予め音声検索に適したマイクが内蔵されているので、パソコンよりも低いハードルで使い始めることが出来ます。
Google検索から音声検索を始めることも可能ですが、アプリを導入すると検索ページにアクセスする手間が省けるので、なるべくアプリを入れて使ってみることがおすすめです。

音声認識の未来

音声認識の開発は、現時点でかなり進んでいますし、音声検索の登場によって実用的な価値があることが分かります。
しかし、ゆっくりと発音しても誤認識することがありますから、開発は途上でまだまだ進歩の余地があると考えられます。
Googleは、将来性のある技術開発を行う企業で、開発速度は他社をリードして常に先端を歩んでいます。音声関連の分野でも、技術に興味がある人達からの注目が集まっているので、今後も進展や動向に目が離せないでしょう。将来的な可能性としては、複数言語の同時発音を個別に認識したり、リアルタイムで翻訳結果を表示する活用方法が挙げられます。
認識精度を高めることも大切ですが、活用法を考えるのも重要ですから、どのような新しい使い方が登場するか注目することが必要です。
何より、先端技術を無料で誰でも使えることは驚異的ですし、それを実現することは並大抵の努力では出来ません。更に、将来に対する可能性を感じさせたり、新たな活用方法を開発してくれるワクワク感は本物です。
今はまだ、真価が分かるような技術の披露はありませんが、今後は進歩や発展と共に今までにない一面を見せてくれるはずです。

音声技術の応用

音声技術の開発は、人型ロボットや自動運転車であったり、無機質な印象が強い機械と組み合わせることが出来る、応用の余地に繋がります。
人型であれば、人と会話で自然なコミュニケーションが行なえるようになりますし、車なら音声で窓やワイパー、トランクの操作が可能となるでしょう。
Googleなら、検索技術の応用から発展出来るので、その注力具合や技術開発を見ていれば、音声分野にも進歩の余地や可能性があることに気が付けます。
音声検索が当たり前になった、それは驚きに値する変化ですから、今一度技術の価値や将来性について考えてみることが大切です。

Androidの読み上げアプリ

Androidのアプリの中には読み上げアプリというものが存在します。
アプリの特徴はその名の通り、文章を読み上げてくれることです。日本語の文章なら、日本語発音で文章を音声にしてくれるのです。また、種類については日本語の読み上げだけでなく英語などの外国語の読み上げアプリもありますし、読み上げてくれる音声も男性や女性、ロボットや子供の声など変更できるアプリも沢山あります。

アプリについては無料で使えるアプリもありますし、Androidにはもともとそれに似た機能が入っていたりします。最新のAndroidOSの中には、Googleテキスト読み上げエンジンがあり、簡単にテキストを読み上げてもらうことが出来ます。また、設定も簡単で音の高さや音声の速度まで変更できるのが魅力です。
高齢者の場合は低い音は聞こえにくくなると言われていますが、そのような時には音の高さを上げると聞こえやすくなってきます。また、読み上げの速度を自由自在に変更することができるので、速すぎるなと感じたら落とせばよいですし、速くても大丈夫な方は速度を上げる事も良い方法です。

読み上げアプリのメリット

次にどんな時にそのような読み上げアプリが役立つのかということですが、まず文章を目で見なくても耳で理解できるようになるというメリットが大きいです。例えば読書をする時には、本を開いて目で読みますが、長時間読書をしていると目が疲れてしまうということもあります。しかし、読み上げアプリを使って耳で聞き流す感じにすれば目の疲れも無くなりますし、横になって目を閉じた状態でも本の内容を理解することが出来ます。
また、音声を読み上げてもらう方法なら、音声が聞こえる範囲に居れば良いので、それを聞きながら別のことをすることも可能です。パソコンなどで仕事をしながら、Androidの読み上げアプリで読み上げてもらうのも良いでしょう。目ではなく耳で本が読めるというのが第一の大きなメリットとなっています。
特に目の不自由な方や高齢者の方に最適です。目の見えない方は文章を読めませんが、読み上げを使えば耳で聞けます。高齢者の方は老眼でスマートフォンの小さな文字を読むのが大変な人もいますが、そんな方でも読み上げならスマートフォンの画面に表示されている内容を理解出来ます。ですので、目の不自由な方や高齢者の方は積極的にAndroidの読み上げアプリ機能を使っていくと良いです。
その他に読み上げを行なってくれるアプリが生きてくるシーンとしては、運転中などがあります。ドライバーの方は、運転中にスマートフォンを操作することは出来ないです。スマートフォンを操作しながら運転すると、警察に捕まって罰金を取られてしまう可能性もあります。ですので、基本的に運転中はスマートフォンを使ったいすることが出来ません。
しかし、Androidのアプリを利用すれば、運転中でもメールの内容を確認したりすることが出来ます。運転中にスマートフォンの画面を見ること無く、重要なメールの内容を確認出来るので非常に安全です。また、最近は音声による読み上げだけでなく、音声入力にも対応しているアプリがあり、それを使えば声だけで操作することも可能です。

まとめ

このように色々なシーンで活躍してくれるアプリですので、スマートフォンを持っている方はその機能をフル活用してみましょう。アプリについてはマーケットで検索をすると沢山出てきますし、インターネットに接続していればネット上からダウンロードして直ぐに使うことも出来ます。無料でも高機能な読み上げをしてくれるものも多く、お試しでアプリを幾つかダウンロードして試してみるのも良い方法となります。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です