Home / Google / 広告収益UP!Google AdWordsの利用方法解説と5つの特徴

広告収益UP!Google AdWordsの利用方法解説と5つの特徴

Pocket

とても魅力的な特徴を持つGoogle AdWordsですが、どのように利用すれば良いのでしょうか。

ここでは、実際にGoogle AdWordsで広告を出す場合の進め方をご紹介します。Google AdWordsのページから簡単に出稿手続きを行うことができるため、初めての方でも安心して行うことができます。

1. Google AdWordsのアカウントを取得する

Google AdWordsで広告を出したい場合は、まずGoogleアカウントを取得する必要があります。

Google AdWordsのページにアクセスをして「今すぐ開始」をクリックすると、メールアドレスとWEBサイトの入力画面になります。

すでにアカウントを持っている方は必要事項を入力するだけで始めることができますが、そうでない方はアカウント作成画面で必要情報を入力し、アカウントを作成する事で利用を開始することができます。

2. キャンペーンを作成する

Google AdWordsで広告を出す場合、キャンペーンを作成する必要があります。以下の方法で作成することができます。

  1. 「AdWordsへようこそ」画面で「最初のキャンペーン」をクリックします。
  2. 作成画面へと移り、「予算」、「地域」、「ネットワーク」、「キーワード」、「単価」、そして「広告文章」を設定します。

3. 広告グループを作成する

student

キャンペーンの作成が完了したあとは、広告グループの作成をします。以下の方法で行うことができます。

  1. 「広告」をクリックします。
  2. 「広告見出し」、「広告文」、「表示URL」、そして「リンク先URL」をそれぞれ入力します。この際、画面右側にプレビューが表示されるため、確認しながら入力することをおすすめします。

4. キーワードを登録する

広告グループを作成したら、次にキーワードの登録をおこないます。「ユーザーがどのようなキーワードで検索しそうか」を考えて設定することが重要です。

キーワードを取得する際は、「運用ツール」にある「キーワードプランナー」を使ってみてはいかがでしょうか。以下の方法で行うことができます。

  1. キーワードを入力します。
  2. 「デフォルトの単価」を設定します。
  3. 「広告グループを保存」を選択します。

5. 支払い方法を設定する

支払い方法は「自動支払い」と「手動支払い」から選択することができます。

手動支払いの場合は銀行振込、コンビニ払い(またはペイジー払い)、クレジットカード、またはデビットカードから選択できます。しかし、手動払いの場合は前払いになるため、注意が必要です。

自動支払いの場合はクレジットかデビットカードを選択します。

広告を載せる際の2つの注意点

Google AdWordsに広告を掲載する場合は、以下の点に注意してください。

1. ユーザーにとって迷惑広告となるものはブロックされる

Google AdWordsに限ったことではありませんが、ユーザーにとって迷惑広告となるものは掲載されません。

もし掲載できたとしてもすぐにブロック・削除されてしまうため、ユーザーの立場に立って考えることが必要です。

2. 禁止コンテンツを含まないようにする

禁止コンテンツを含んだ広告に関しても、Google AdWordsを利用できないため注意が必要です。

暴力的な言葉やシーン、残酷な画像、宗教関連、マルチ商法、セクシー画像、キャバクラやホストクラブ、オンラインギャンブルなどのコンテンツは禁止されているため、載せないようにしましょう。

まとめ

Google AdWordsを利用することで、低予算で狙ったユーザーに対して効果的に広告配信が可能です。

出稿方法も難しくないため、初心者も簡単に利用することができます。しかし、禁止コンテンツなどには十分気を付けましょう。

Google AdWordsを利用して、広告収益を高めましょう!

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

Chromeの表示・タブ操作・削除に関するショートカットキー24つ

Google Chromeのシ …

Facebookでのご購読が便利です