Home / google / 広告収益UP!Google AdWordsの利用方法解説と5つの特徴

広告収益UP!Google AdWordsの利用方法解説と5つの特徴

Pocket

「少しでも広告予算を抑えたい」「費用対効果の高い広告を出したい」「狙っているターゲットに効果的に宣伝したい」など、ここ数年で安くて効果的な広告を求める企業や個人が急増しています。

そこで便利なツールとして挙げられるのが、Google AdWordsです。

ここでは、多くの企業・個人が活用しているGoogle AdWordsの特徴やメリット、利用方法や注意点をご紹介します。

Google AdWordsを利用して、広告の費用対効果を高めましょう!

スポンサーリンク

Google AdWordsの5つの特徴

Google AdWordsは広告を利用する際にとても注目されていますが、どのような特徴があるのでしょうか。ここでは、基本的な内容と特徴をご紹介します。

1. 広告には4つの種類がある

Google AdWordsを掲載できる広告は「イメージ広告」「テキスト広告」「動画広告」「リッチメディア広告」の4つの種類があります。

Google AdWordsを利用する前にそれぞれの内容を把握し、自分にあった広告を利用しましょう。

1-1. イメージ広告

イメージ広告とは、画像を使った広告のことで一般的にはバナー広告やアニメーション広告と同じです。

ディスプレイ広告とも呼ばれることがあります。

1-2. テキスト広告

テキスト広告とは、URLや説明文、広告タイトルなど、テキストだけで構成された広告を指します。似た特徴を持つ広告として、Yahoo!リスティング広告が挙げられます。

また、「スポンサードリンク」と呼ばれることがあります。

1-3. 動画広告

動画広告とは、YouTubeなどに配信することができる動画を使った広告です。

YouTube利用者が視聴する動画の最初や途中で流れる広告が動画広告です。

1-4. リッチメディア広告

リッチメディア広告は、Flash広告やHTML広告など、動画や音声のあるですを指します。

広告を見た人のアクションの受け付けも可能です。

2. ターゲットユーザーに限定できる

Google AdWordsは広告の配信をターゲットユーザーに限定することができます。

人もしくは場所を絞り込むことができ、興味関心や年齢・性別・地域などでターゲティングが可能なため、高い費用対効果が期待できます。

3. 常時広告内容を変更できる

Google AdWordsは常に広告内容を変更できます。そのため、時期や用途、商品・サービスのプロモーションに合わせて広告内容を変えて効果的な訴求が可能になります。

また、簡単に変更を行うことができる点も魅力的ではないでしょうか。

4. 広告予算が少なく済む

Google AdWordsであれば広告予算を抑えることもできます。Google AdWordsは1日の広告費を自由に設定でき、クリック単価、インプレッション単価、目標コンバージョン単価の中から課金方法を選択することが可能です。

それぞれの特徴は以下の通りです。

  • クリック単価:広告がクリックされた場合のみ広告費用が発生します。
  • インプレッション単価:1,000回表示に対しての広告費上限を設定し、表示に応じて課金されます。
  • コンバージョン単価:自動的に入札単価の調整がおこなわれます。

いずれにしても広告費用が安く、広告予算を抑えることができます。

5. 広告表示オプションが豊富

Google AdWordsは広告表示オプションが豊富な点も大きな特徴として挙げられます。具体的には、以下の9つのオプションがあります。

  1. 住所表示オプション
  2. アフィリエイト住所表示オプション
  3. コールアウト表示オプション
  4. 電話番号表示オプション
  5. メッセージ表示オプション
  6. サイトリンク表示オプション
  7. 構造化スニペット表示オプション
  8. 価格表示オプション
  9. アプリリンク表示オプション

たくさんの表示オプションを活用することでクリックしてもらいやすくなります。目的・用途に合わせて広告表示オプションを利用してみてはいかがでしょうか。

Google AdWordsで広告を出すまでの5つのステップ

1 2

スポンサーリンク

Check Also

GoogleのAI事業がすごい!注目すべき最新サービスまとめ

GoogleアシスタントやGo …

Facebookでのご購読が便利です