グーグルハングアウトを使いこなそう!

LINEで送る
Pocket

パソコンやスマートフォンを使い、文字チャットなどができるアプリケーションの中でも、ハングアウトはその利便性の高さで知られています。

ハングアウトはgoogleが提供するアプリケーションです。
Windows搭載のパソコン、またはandroid搭載のスマートフォンでの使用が基本となりますが、iOSを搭載するiPhoneでも利用することができます。大手企業が提供し、多くの機能や安定性があるにも関わらず、アプリ自体は無料で利用可能となっており、海外でもメジャーなコミュニケーションアプリとなっています。

 

スポンサーリンク

ハングアウトについて

5568db90d01519b810932d3df7f2d755_s

ハングアウトは、Googleが提供するコミュニケーションサービスですが、無料で使用することができ、便利な機能が豊富に備えられているため、利用者が増えています。

ハングアウトは個人同士、またはグループ内において、テキストメッセージのやりとりや、SMSの送受信の他、音声通話、ビデオチャットなど、様々なコミュニケーションツールがこれ一つで管理することができる非常に優れたものです。

Andoroid端末に標準搭載されているほか、iPhonにもインストールすることが出来ます。ゆえに、Androidのスマートフォンを使っていらっしゃる方だけでなく、iPhonを使っていらっしゃる方でも、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
アプリの利用料が無料のため導入しやすく、メリットの多いハングアウトですが、もっとも基本的な使用方法としてはテキストメッセージを使った双方向のやり取りが挙げられるでしょう。
テキストメッセージとはその名の通り文字でメッセージを送り合う機能で、即時性の高いテキストチャットとして利用することができます。このアプリの場合、テキストメッセージは個人間だけではなくグループでも使用することができるため、たとえば部活やクラスでの連絡や、友達同士のちょっとしたやりとりなど、シチュエーションを限らずにアイディア次第で利用方法を広げられるのも魅力です。

テキストメッセージのグループ最大人数は150人と大きく設定されており、多人数に向けての連絡にも向いたツールです

 

ハングアウトを利用するための手順

これらの機能を使用するためには、まずはgoogleアカウントの設定を行います。

googleアカウントを所持していない場合は、まずはアカウント作成から進むことになります。この時に作成したアカウントは、googleが提供するさまざまなサービスにも利用することができます。たとえばほかのコミュニケーションアプリの場合、そのアプリごとのひとつのアカウントを作成することになるでしょう。

これは手間が少ない反面、アカウントの切り替えはできない例が多いのが難点といえます。
しかしこの点においてハングアウトは職場とプライベート、あるいは趣味のグループ用と学校用といった具合にアカウントを切り替えて使用できます。
人に知られたくないメッセージもアカウント切り替えて安全に送信できるのが特徴です。アプリをダウンロードして開き、アカウント作成し、次はいよいよ相手のgoogleアカウント宛にメッセージを送信することになります。
送信されたメッセージについては、どこまで相手が読んだかも判るようになっていたり、相手がアプリにログインしているかどうかといった状態が判ったりと、コミュニケーションを取るために不可欠な機能が揃います。

また、画像や動画の送信が画面上で気軽に行えたり、インターネットを通じた電話機能によって通話ができるのも、大きな特徴となっています。インターネット電話機能、ビデオ電話機能も、テキストメッセージ機能と同様に多人数での参加が可能です。電話機能の場合は最大人数は10人となり、ビデオ会議などにも利用できるでしょう。

ハングアウトの利用シーン

ハングアウトを利用すれば、簡単に画面を同時に見ながらチャットすることも可能ですので、例えば仕事上ではテレビ会議などにも使用する事ができ、資料を同時に確認しながら会話することができるので非常に便利です。

使い方は、Google+のビデオハングアウトを使い、GoogleDriveに保存しているファイルを共有します。これにより、選択した相手の方の画面にも表示され、画像を一緒に見ることが出来ます。
もしも、互いに同じファイルを持った相手と共同で編集することが出来るメモを表示したい場合には、まずファイルを選択するマイドキュメントの画面で「共有のメモを作成」を選択します。「共有したいスケッチブックを作成」をクリックすれば、好きな相手と共同で編集することが出来るスケッチブックを表示することが出来ます。
その他、ファイルを相手の方と同時に閲覧しながら、テキストでもチャットを行う事が出来ます。このアプリを利用して、ビデオ通話をしてみたいという場合、その方法は、Googleのアカウントを使いログインした後Google+を開きます。そこからアプリを開き、ビデオ通話したい相手を選んで、表示されたチャット画面でビデオカメラのアイコンをクリックします。相手の方が応答すれば、ビデオカメラの画面が表示され、ビデオ通話を開始することが出来ます。
このアプリでは、複数人での画像の共有も行う事が出来ます。
画像を共同で所有し、そのうえ「他のユーザーを追加」のアイコンを選択すると、さらに相手を増やすことが出来ます。また、25人まで同時に参加をすることが出来るため、ビデオ会議にも利用することが可能になるのです。
インターネットをすることが可能な環境さえ整っていれば、遠方にいても簡単に情報を共有することができ、すぐに打ち合わせをすることも出来るでしょう。

例えば、AndoroidのスマートフォンでもiPhonでも使用出来ますし、パソコンやタブレットからでもすぐに使用することが出来ます。その他、ビデオチャットはGoogleのアカウントを持たない方でも招待することが出来ます。
方法は、ビデオチャットに招待したい相手の方にメールやSNSなどで、ビデオチャットのURLを送信し、メールやSNSでURLを受け取った方は、URLにアクセスするだけで簡単に参加することが出来ます。
このように、ハングアウトを利用すれば操作も簡単にファイルや画像を共有しつつ、チャットを行って、メモなどを共同で編集する事が出来ます。

また、このアプリを利用して位置情報を互いに確認することも可能です。メッセージ欄の下にある一番右のGPSのアイコンをタップすると、マップが開きます。はじめは現在地がマークされていますが、検索などで他の場所を指定する事も出来ます。
位置情報を相手の方に送信すれば、待ち合わせにも便利です。このように、わざわざファイルなどを事前に送る必要もありませんので、ぜひ打ち合わせやプライベートでも活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ハングアウトは当初、googleトークとして登場したアプリケーションの一機能として利用されていました。

しかしこの機能が独立し、テキストメッセージやビデオ電話機能としての利便性を高めたコミュニケーションツールとして、新たな道を歩むことになりました。
前身の登場は2005年で、現在の名称でリニューアルされた後、2013年に再登場しています。テキストメッセージを利用したコミュニケーションアプリは無くてはならないものとして人々の間を繋ぎ、気軽な連絡手段として定着しています。

ハングアウトは画期的なアイディアを付け加え、ブラッシュアップを続けるアプリとして、今後の成長も見逃せません。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket

Facebookでのご購読が便利です