Home / Google / 意外と知られていない!遊び心満載なGoogleロゴのおもしろゲーム全13選

意外と知られていない!遊び心満載なGoogleロゴのおもしろゲーム全13選

Pocket

Googleトップの検索ページを見ると、毎日のように変化しているロゴがありますよね。Doodleと呼ばれており、実はそのロゴ、単純にデザインが変わっているだけではなく、中にはゲームとして遊ぶことができるものがあるのです。

Googleの遊び心とでも言うのでしょうか。これまでに結構な数のゲームが公開されており、今でも遊べるようになっています。過去に公開されたゲームはアーカイブとして残されています。

本記事では、Doodleで遊べるゲーム13選をご紹介します。手軽に遊べるものや、スコア性のゲームでついつい熱中してしまうもの等、ついつい時間を忘れて遊んでしまうかも。

スポンサーリンク

googleのロゴで遊べる!「Doodle」おすすめゲーム5選

Doodleで遊べるゲームの中からいくつかピックアップしてみました。全てすぐに遊べるゲームなので、リンク先から飛んで遊んでみてください。

Doodleって?

「Doodle」を直訳すると「落書き」や「いたずら書き」という意味になるそうです。祝日や記念日などに合わせてgoogleのロゴが変更されることがあります。普段からgoogleの検索エンジンを利用している方はよく目にしていると思います。

Doodleは、1998年8月30日から始まり、今現在に至るまで2000以上のGoogle Doodleがデザインされています。DoodleはGoogleのイラストレーターや技術者の手で制作されており、その制作に携わる人のことをDoodlersと呼ぶそうです。

①ルービック キューブ

リンク: ルービック キューブ

アプリをダウンロードしなくてもブラウザ上でルービックキューブが遊べます。ちょっとした空き時間に集中力を高めたいときなど、ここでやってみるのも良いかもしれません。

②バスケットボール

リンク: バスケットボール

バスケットボールのシュートを狙うゲーム。スペースキーの長押しでシュートの力をコントロールします。長押しといってもほんの一瞬ぐらいがちょうど良いかもしれません。あまり長押ししていると遥か彼方へ飛んでいってしまいます。

③ハードル

リンク: ハードル

ハードルを飛び越えながらゴールを目指し最速タイムを狙うゲームです。左右の矢印キーを高速で押すことによりスピードが加速!スペースでジャンプしてハードルを飛び越えよう。

④七夕

リンク: 七夕

鳥を架け橋にして彦星と織姫を会わせてあげるゲーム。鳥をドラッグ&ドロップして同じ色のマスに合わせると橋になります。橋を完成させて彦星と織姫を会わせてあげましょう。

⑤2017年バレンタインデー

リンク: 2017年バレンタインデー

バレンタインらしくカカオを集めるゲームです。ステージは4まで用意されており、ゲームを進めるほど高難易度に。またアニメーション映像を楽しめたりと可愛らしいゲームになっています。

意外と知らない!Googleの画面から不意に出てくる隠しゲーム3つ

Doodleの他にも、Googleの隠しゲームがいくつかあります。このような隠し要素を「イースター・エッグ」と呼ぶそうです。普通に使っていたら絶対気づかないような仕組みに、Googleの遊び心を感じてしまいます。

①Chromeでネット接続が切れた際に表示される恐竜から…

GoogleChromeを使用しているとき、ネット接続が切れた際にエラーメッセージが表示されることがありますよね。実はあの画面でスペースキーを押すと、なんと恐竜を操作するゲームが始まるのです。

ゲーム内容は、屈んだりジャンプをして障害物を避けてひたすら先を目指すというもの。進めば進むほどスコアが伸びていきます。シンプルな内容だけに何度もチャレンジしてしまいがち。

本来はネット復旧を優先すべきですが、ついつい長時間遊んでしまうかも。

②Googleの画像検索であるワードを検索すると…

「atari breakout」で検索するとおなじみのブロック崩しゲームが遊べます。これはアタリのブロック崩し発売37年を祝して制作されました。

ブロックは本来検索で表示されるはずだった画像が使われており、「画像検索に戻る」ボタンを押すと、ちゃんと通常の検索一覧に戻ります。

獲得したスコアはSNSなどで公開することも可能です。

③Googleの検索であるワードを検索すると…

通常の検索で「zerg rush」と検索すると”o”の文字が襲ってきます。これをクリックすることで撃退してハイスコアを目指していくというゲームです。

言葉だけだと簡単に思えるのですが、四方八方から”o”の文字が襲撃してくるので結構大変。マウス捌きが重要になりそうです。

ゲームが終わるとGGの文字が。ついリロードして再挑戦したくなっちゃうかも。

次ページ:記念日ごとに新ゲームを作ってる?Googleの記念日に出てくる面白いゲーム5選

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

YouTubeの動画を大画面で!テレビでYouTubeを見る方法3つ

通信環境の向上により圧倒的に浸 …

Facebookでのご購読が便利です