Home / google / GoogleのAI事業がすごい!注目すべき最新サービスまとめ

GoogleのAI事業がすごい!注目すべき最新サービスまとめ

Pocket

cb56fccc0e6cf908888e24461711c22f_s

GoogleアシスタントやGoogleHomeなど、GoogleのAIサービスを見たり使ったりしたことはありませんか?Googleは非常に多くのAIサービス・アプリをリリースしており、面白くて魅力的な商品がたくさん揃っています。

今回は、GoogleのAI搭載サービス・アプリについて紹介しています。無料で使えるものもあるため、興味のある方は、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

1.AIとは

AIとは何を指すのか?基本的内容について見ていきましょう。

1.AIの意味と定義

AIとはArtificial Intelligenceの略で人工知能のことです。まるで人間の脳が行っているような知的作業をコンピュータが行います。経験から学習したり、自然言語を理解したりなど、どんどん賢くなっていきます。

Googleをはじめさまざまな海外企業・国内企業が人工知能の研究・開発、そして多くのサービスを提供しています。

2.AIの市場規模

AIの市場規模は年々急拡大していっています。IDC JAPANが2017年11月15日に発表した内容によると、国内のコグニティブ/AIの国内市場は、2016年が約158億、そして、2016年から2021年までの年間平均成長率は73.6%となり、2021年には約2501億円もの規模になると見込んでいます。

また、調査会社トラクティカ社(アメリカ)によると、世界のAI市場の規模は2017年は約100億ドルなのが、2030年には3671億ドルまで成長・拡大すると予測されています。

わずか8年で36倍以上もの拡大が見込まれています。調査会社によっては予測される市場規模は異なりますが、いずれも急拡大していることに変わりはありません。

2.Googleによる主なAI搭載サービス

e469d2b4337992df9347ca418c910b16_s

ここでは、Googleの代表的なAI搭載サービスを見ていきましょう。

1.Googleアシスタント

Googleアシスタントは、多くの人が利用できるGoogleのAIサービスの1つです。Androidスマホを使っている方であれば(※OSバージョン条件あり)、ホームボタンを長押しする、もしくは「OK Google」と話しかければGoogleアシスタントを使用できます。

iPhoneの「Siri」のGoogle版とも言えるサービスです。アプリをダウンロードすればiPhoneでも使用できます。

さまざまな場面で使える

Googleアシスタントはさまざまなシーンで利用できます。例えば、「◯◯に電話して」と話せば電話をかけれますし、「明日の午後6時から9時、◯◯と食事の予定をカレンダーに追加」と話せばカレンダーに新たな予定が設定されます。

また、「東京の天気は?」「今日は傘いる?」など聞けばすぐに天気予報を教えてくれます。

Siriとの比較

Siriは、基本的に1つの要望に対して1つ回答をして終了となりますが、Googleアシスタントの場合は、続けて質問をしても関連する回答をしてくれます。

そのため、本当に欲しい情報を得ることができます。また、経路案内や天気、検索情報についても、GoogleマップやGoogle検索など、膨大な情報量を元にして回答してくれるため、精度の高い情報が期待できます。

2.Google翻訳

Google翻訳を利用すれば、さまざまな言語の翻訳ができます。日常でわからない外国語文章や気になった単語、旅先で言葉の意味がわからないときでもGoogle翻訳を使えば、すぐに意味が理解できます。

103ヶ国語に対応

Google翻訳や英語だけでなく、アイスランド語やウクライナ語、スペイン語、ハンガリー語、フィンランド語、ルーマニア語など、世界103言語間の翻訳が可能です。そのため、さまざまな国に旅した際も安心して使用できます。

リアルタイム翻訳

リアルタイム翻訳にも対応しています。例えば、カメラ翻訳機能を使って翻訳したいテキストにカメラを向けるだけで、画像内のテキストを一瞬で翻訳できます。

会話翻訳

会話翻訳も可能です。32言語に対応しており、2ヶ国語での会話をその場で翻訳してくれます。外国人との会話もGoogle翻訳を使えば安心です。

3.Googleによる最新のAI搭載商品

スマートスピーカーを始めとしたAI搭載商品について見ていきましょう。

1.スマートスピーカー”Google Home”

多くのスマートスピーカーが発売された中で、デザインや機能性で注目を集めるGoogleHome。Googleらしい洗練され遊び心も感じられる製品となっています。

声で操作できる

Amazon Echo、LINEのClova WAVE、そしてGoogleHomeなどのスマートスピーカーは声で操作ができます。

声だけの操作で完結できるため、調理や仕事中など、手が離せない状況であってもGoogleHomeへリクエストを送ることができます。読書やスマホなど、自分の手をとめずに使用できるため非常に便利です。

LINE社のClova WAVEとの比較

Clova WAVEはLINEの送信や読み上げができることなどが特徴です。

GoogleHomeは、Googleアカウントと連携をして、スケジュール管理ができたり、Google検索による膨大な情報から回答してくれたり、Chromecastと連携して動画再生ができたり、スマート電球のオンオフなどができたりします。

2.Google Clips

2017年10月のハードウェアイベントで突如新製品として発表されたGoogle Clips。AI搭載のスマートカメラであり、決定的瞬間を自動で撮影してくれます。

自動で被写体を認識、撮影

Google Clipsは、手動で撮影することも可能ですが、基本的には電源をオンにして撮影したい対象へ向けておくだけです。

あとはGoogle Clipsが被写体の動きなどを認識して自動で静止画や動画を撮影してくれます。撮影した画像はスマホで見ることができます。まだまだ詳細が明らかになっていない点が多いため、今後の動向が楽しみな製品です。

4.Googleによる最新のAI搭載アプリ

9d9dc0da1305dcba64d9c52e7bcf3f84_s

GoogleはAI搭載サービス・アプリをどんどんリリースしています。ここでは、主な3つのアプリについて紹介しています。

1.Storyboard

StoryboardはSefissimo!やScrubbiesとテスト版がリリースされたAI搭載のカメラアプリです。

ムービーから自動で「漫画」を作成

Storyboardの特徴は、撮影したムービーを自動で漫画のように加工することです。自動でレイアウトされ、視覚効果も適用されます。一瞬で漫画風になり、約1兆6000億ものパターンの画像を作成できるそうです。

2.Google Lens

今後、順次提供予定のGoogle Lens。以前から注目されているサービスの1つです。

カメラをかざすだけで情報を入手

Google Lensを使えば、スマホのカメラを向けたものの詳細情報を簡単に知ることができます。花に向けるだけで花の名前がわかりますし、建物へ向ければ名前やレビューなどが表示されます。他にも、さまざまなものの情報を瞬時に得ることができます。

3.Google Allo

Googleの公式チャットアプリであるGoogle Allo。AI搭載サービスということもあり、返信を自動生成してくれます。

返信を自動生成

メッセージが届くと、返信内容を自動生成してくれるので、簡単な返信であればわざわざ入力する必要がありません。「了解」や「OK」など簡単なものが多いですが、今後、長文で精度の高い返信も生成してくれるようになるかもしれません。

まとめ

Googleは非常に多くのAI搭載サービスを提供しています。いずれも楽しみながら使用できる商品・サービスばかりですので、気になるものがあれば、ぜひ使ってみましょう。

実際に触れることでAIサービスの便利さがわかります。

Pocket

スポンサーリンク

Check Also

cb56fccc0e6cf908888e24461711c22f_s

拡張機能であなただけのChromeに!おすすめ機能13選

Chromeの拡張機能は使って …

Facebookでのご購読が便利です