Home / Apple / Mac / うっかり削除しても大丈夫!ゴミ箱の中身を復元する神ワザ

うっかり削除しても大丈夫!ゴミ箱の中身を復元する神ワザ

Pocket

「間違って、大事なデータまで削除してしまった…」こういった経験ありませんか。そんな時は「ゴミ箱から完全削除したから元に戻らない」と勝手に諦めてはいけません。Windows・Macどちらでも、削除したファイルを復元させることが可能です。

ここでは、完全削除したファイルの復元方法やおすすめ復元ソフトについて紹介しています。特にパソコンで多くのファイルを扱う人は、万が一のときのために覚えておきましょう。

スポンサーリンク

うっかりデータを削除してしまった際の注意点2つ

「大事なデータをゴミ箱に入れて、さらに削除してしまった…」このような経験がある方は、少なくないのではないでしょうか。後述する方法にて、削除したデータを復元することは可能ですが、復元前に注意しなければならないことがあります。

これらをないがしろにしてしまうと、復元が難しくなる可能性があるため、しっかりと把握しておきましょう。

パソコンをこれ以上操作しない

誤ってゴミ箱に捨てた大事なデータを削除してしまった場合は、すぐにパソコンの使用を中止するようにしましょう。「ゴミ箱 削除 復旧方法」など検索して復旧の仕方を調べているうちに、HDDが上書きされてしまい、インデックス情報が消えてしまって復旧ができなくなります。

パソコンを使うだけで、復旧できる可能性が低くなるため、削除後はパソコンの操作を止めるようにしてください。復旧方法を調べる場合は、パソコン以外のスマホやタブレットを利用しましょう。

復元ソフトは外部の媒体にダウンロードする

復元ソフトをダウンロードする場合は、USBメモリや外付けHDDなど外部の記憶媒体を使うようにしましょう。外部記憶媒体を使わないと、前述の通り、HDDが上書きされてしまう可能性があるためです。また、可能であれば、ダウンロードについては別のパソコンでおこなうことをおすすめします。

【Windows編】削除してしまったデータの復元方法

Windowsでゴミ箱内の大事なデータを誤って削除した場合は、ファイル履歴のバックアップから復元が可能です。ここでは、復元方法について見ていきましょう。

ファイル履歴をオンにして復元する方法

Windowsでは、ファイル履歴をオンにしておくことで、さまざまなファイルを自動的にバックアップすることができます。そのため、仮にファイルを削除してしまっても、バックアップされていれば復元が可能です。ファイルを復元する方法は以下のとおりです。

  1. 「スタート」から「設定」を選択します
  2. 「更新とセキュリティ」を選択します
  3. 「バックアップ」をクリックします
  4. 「現在のバックアップからファイルを復元」をクリックします
  5. 「ファイル履歴」画面が表示されるため希望のファイルを選択して「復元」をクリックします

これにより、ファイルの復元が可能です。

システム自体を復元する方法

Windowsはシステム全体の復元をおこない、パソコンを正常の状態に戻すことができます。システム自体の復元方法は以下のとおりです。

  1. 検索ボックスに「システムの復元」と入力します
  2. 「復元ポイントの作成」をクリックします
  3. 「システムのプロパティ」画面で「システムの復元」をクリックします
  4. 「次へ」をクリックし、復元ポイントを選択して「影響を受けるプログラムの検出」をクリックします
  5. 検出の確認後、「次へ」をクリックして、復元ポイントの確認をし、「完了」をクリックします

これにより、システム自体の復元が完了します。

次ページ:【Mac編】削除してしまったデータの復元方法

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

【Windows10】パソコン画面が真っ暗になる意外な原因3つ

現在、パソコンをお使いの方であ …

Facebookでのご購読が便利です