Home / Google / Gmail / 作業効率アップ間違いなし!Gmailのショートカットキー25選

作業効率アップ間違いなし!Gmailのショートカットキー25選

「Gmailの作業効率をアップさせて別のことに時間を割きたい!」毎日、大量のメールを処理している人であれば、誰もが思っていることではないでしょうか。

WordやExcelではショートカットキーを使う人も、Gmailではマウスを使って操作している人が意外に多いです。Gmailでもショートカットキーを使用すれば、作業効率アップが可能です。

今回は Gmailのおすすめショートカットキーや設定方法 について紹介しています。この記事を読むことで作業効率アップが期待できますので、参考にご覧ください。

スポンサーリンク

Gmailのショートカットキー設定方法

Gmailのショートカットキーは、そのまま使用しても効果を得ることはできません。使用するためには、ショートカットキーの設定をしておく必要があります。ここでは、まずショートカットキーの設定方法について確認していきましょう。

「設定」から「キーボードショートカットON」

Gmailのショートカットキーの設定方法は以下のとおりです。

トピックタイトル

  1. Gmailの画面を開き「設定(歯車マーク)」を選択します
  2. 表示されるメニューの中から「設定」を選択します
  3. 「全般」の「キーボードショートカット」欄で、「キーボードショートカットON」にチェックします
  4. 「変更を保存」を選択すればGmailのキーボードショートカットの設定が完了します

これにより、Gmailのキーボードショートカットキーの使用が可能になります。この設定をしておかないと、ショートカットキーは使用できませんので忘れないようにしましょう。

Gmailのショートカットキー25選

Gmailのショートカットキーはたくさん覚えておくと便利です。少しでも多くショートカットキーを把握し、Gmailをスピーディーに効率よく使っていきましょう。

ここでは おすすめのショートカットキー25選 について紹介しています。

1.新規メッセージ作成

受信トレイで 「C」 をクリックすれば、すぐに新規メッセージの作成ができます。

2.新規ウィンドウでメッセージ作成

「Shift+C」 のショートカットキーを使用すれば、新規ウィンドウでのメッセージ作成がでいます。

3.カーソルを下に移動・上に移動

「tab」 のショートカットキーを使えば、カーソルを下に移動できます。また 「Shift+tab」 のショートカットキーでカーソルを上に移動させることも可能です。

4.メールの開封

受信したメールを開封したい場合は 「Enter」 をクリックすれば、すぐに開封ができます。

5.受信メールに返信する

「R」 のショートカットキーを使えば、すぐに返信ができます。また、全員に返信をする場合は 「A」 のショートカットキーを使用します。

6.受信メールを転送する

受信したメールを転送したい場合は 「F」 のショートカットキーを使用します。

7.受信メールを未読にする

確認したメールを未読にしたい場合は 「Shift+U」 のショートカットキーが便利です。よく既読を未読に変更する人は覚えておきましょう。

8.受信したメールをアーカイブ

「E」 のショートカットキーを使用すれば、受信したメールをすぐにアーカイブできます。不要なメールはどんどんアーカイブしていきましょう。

9.メールを送信

メールの作成が完了したら 「Command+Enter」 のショートカットキーを押せば、すぐにメールが送信できます。

10.メール送信の中止

「さっきのメールを取り消したい!」と思った場合は、すぐに 「Z」 のショートカットキーを押しましょう。Zをクリックすることで、メールの送信中止が可能です。ただし、完全に送信された後であれば取り消すことはできないため、スピーディーに対応することが大事です。

次ページ:11.受信トレイに戻る

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Check Also

制限を突破する!Gmailで大容量のファイルを添付する方法2つ

フリーメールの代表格であるGm …

Facebookでのご購読が便利です。